美容業界の応援メディア
コラム・特集 2020-07-11

SNSに頼らない! 独自の集客が自慢のサロン まとめ

美容業界での集客ではInstagram、Twitterでの集客が大切と言われている今、SNS集客に頼らず新規顧客、リピート率アップに成功しているサロンがあります。お客様の心を捉えてやまない独自戦略を持つサロンをまとめてご紹介いたします。

SNSに載せる情報は飽和状態

美容室を探すのにも、お洒落なヘアスタイルを探すのにも便利なSNS。特にInstagramでは画像はもちろん、動画やストーリーズにも掲載でき、さまざまな訴求ができます。しかし、全国の美容室が投稿するため、似たような投稿が並び、現在は飽和状態とも言われています。その中でどのように集客を実現すればよいのでしょうか。

リピート顧客を生む、SNSに頼らない集客とは

Instagramでサロンを探すお客様は情報感度が高いため、すぐにサロンを変えてしまう、定着しないなどの課題が挙げられています。さまざまなサロン情報を仕入れられる分、サロン離れが早いようです。そこで注目されているのが、「SNSに頼らない集客」です。サロン独自のメニュー、接客、強みを活かし、リピートにつなげる方法を注目サロンに伺いました。

grico

数多くの雑誌で特集が組まれ、セミナーを開けば全国から美容師が足を運ぶなど、今もっとも勢いのあるサロンのひとつが『grico』です。アパレル事業の展開をはじめ、他業界とのコラボレーションにも取り組んでおり、美容業界に止まらず幅広い分野で活躍しています。そんな原宿を代表するサロンが厚い支持を集めている陰には、足を使った地道な集客や攻めの姿勢で仕事を掴む発信術がありました。

モアリジョブ編集部
「私はネットでの発信よりも、直接名刺を渡して声をかけたほうが効果的だと思っています」と語る原田直美さん。料理教室で話かける、サロンでお茶しましょうと伝える…。するりと入り込むトーク術やコミュニケーション能力に脱帽です。

LORONG

的確なコンセプト設定で人気店に成長した『LORONG』。現在の集客は平均すると1日に6名ほどで、多い時はベテランの技術者でも対応に苦戦するほどの成果を残しています。その成功の陰には、ギャップを作ることでサロンへの興味を高める集客術やコンセプトの共有はしても強要はしない経営方針がありました。今回は、SNSに頼らないサロン作りの極意に迫ります。

モアリジョブ編集部
「マンツーマンのプライベートサロンスタイル」なのにお手頃な価格で集客に成功している『LORONG』。さらに「無言接客サービス」を強みにしており、男性客から根強い人気を誇っています。ぜひご一読を!

meetsHAND

2017年8月に誕生した恵比寿の美容室『meetsHAND』。水色の車が停められた入口を抜け、店内に足を踏み入れるとゆるやかな空気に包まれます。内装は木製の棚をはじめ、白い壁や看板など手作りにこだわり、温もり溢れる空間が広がっています。そんな『meetsHAND』は、地域の方々を中心に大人気。その背景には、多様なサービスの展開や、ゴミ拾い活動をはじめとする地域交流がありました。

モアリジョブ編集部
本の無料提供サービスです、ゴミ拾い活動、出張美容サービス、地域行事への参加など、地域の方と接する時間を増やし、地域密着として愛されている『meetsHAND』。ご近所さんが自然と通いたくなるサロンを実現しています。

Esukyu

2017年に誕生したパーソナル美容師ブランド『Esukyu』。立ち上げた戸村ユースケさんは都内サロンに勤務後、化粧品ブランドフラッグシップのサロンでトップディレクターとして活躍してきた人気美容師です。現在は恵比寿の美容室『MOTHER&CO』と提携し、日々お客さまの理想のスタイルを実現しています。10年以上にわたり戸村さんのもとに通い続けるお客さまも多くいるほど厚い支持を得ている背景には、ターゲットに合わせたエリア選びや刺さるコンセプト設定がありました。

モアリジョブ編集部
集客の内訳は紹介が5割、ブログが3割、インスタが2割と語る戸村さん。ブログで来られたお客様はほぼ100%再来されるのだとか。恵比寿エリアに合わせたコンセプトやターゲット層の決め方も参考になります!

T:Luck

2016年8月17日にオープンした下北沢の美容室『T:Luck』。世界中のビールを販売しているサロンとして、多数のメディアから取材を受けている人気サロンです。お客さまから厚い支持を得ている背景には、ドリンクサービスだけではなく、お客さまの興味を引く逆張りスタイルの経営や2人で小さくスタートするイベント企画術がありました。

モアリジョブ編集部
「集客に成功している理由は、さまざまな面で『逆張り』をしているから」と語るTOSHIさん。サロンにヘアカタログやファッション誌は一冊も置かず、施術中にお客さまと遊びの約束を作ってしまう、SNSでは美容以外の情報ばかりを発信する…など、驚きの戦略が盛りだくさんです。

ほかのサロンにはない強みを開拓していこう

最も大事にしたいのは、サロンに来られるお客様とのご縁、ご一緒に過ごす時間。SNSでは感じられない、そのサロンだけの喜び、感動、楽しさをサロンで実感させることが大切です。改めて、ご自身のサロンを見つめ直してみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事