ヘルスケア&介護業界の応援メディア
学び・キャリア 2020-03-19

グループホームへの就職を有利にする基礎資格とは

グループホームへの就職には有利にしたいのであれば、基礎資格の取得は効果的な選択肢の1つです。なぜなら介護の基礎資格を取得しておけば、他の研修を受けていない職員よりも深い知識を持つことができるだけでなく、実際に実務に入ったときに抵抗なく取り組める可能性が高まるからです。そこで今回はグループホームへの就職を有利にする基礎資格についてお伝えします。

グループホーム就業における基礎資格とは

介護業界は資格社会なので、入社前か入社後に限らずほとんどの施設で、何かしらのタイミングで資格取得が求められます。だからグループホームでの就業を考えるのであれば資格取得を無視することはできないのです。当然、介護の基礎資格を取得しておけば、就職にも有利になることは間違いありません。ではグループホーム就業における基礎資格と呼べるものには、どのような資格があるのでしょうか。

それは介護職員初任者研修です。以前はホームヘルパー2級と呼ばれていた資格です。これは最も初歩的な資格となりますが、この介護職員初任者研修が、介護業界の基礎資格と呼べる資格なのです。この研修の受講はそこまで多くの費用と時間を必要としないので、介護業界で就職を希望する多くの人が、受講しています。専門学校や大学で学ぶ時間や費用的な余裕がある場合は、何年間か学校に通うことで介護福祉士の国家資格を取得することができます。

介護のプロフェッショナルを目指すのであれば、将来的には介護福祉士を目指したいという方がほとんどですが、何も最初からそこを目指す必要はありません。何よりいきなり大学や専門学校に通うことは、一度社会人を経験しているとなかなかハードルが高いですよね。だから最初はできることからはじめることが大切なのです。

介護業界で働きたいなら介護職員初任者研修を受講しよう

介護業界に対して、健全な仕事のイメージを持っている人は少なくありません。しかしながら一般的にもたれているイメージと実際に働く環境は、大きな違いがあることが少なくありません。例えば介護の仕事は、高齢者から感謝されている、職員と入居者が仲良く会話をしている、レクリエーションで元気に体操している、そういったポジティブなイメージです。

当然現場ではこのような、楽しい時間も存在しますが、実際はイメージとは違い、ハードな業務の方が多いのです。与えられる業務は他の職員の状況によって、変わる場合もありますが、グループホームによっては、ひたすら入浴介助をしなければならない場合があります。トイレの介助をした際に、高齢者の汚物を浴びることも少なくありません。

また食事の介助では、なかなか高齢者が食事をしてくれないことによって、その対応に時間が取られ業務が滞る場合があります。だからいきなり就職する前に、介護職員初任者研修を受講することで、自分自身の介護業界への適性を見極めることもできるのです。

実務経験を積み重ねれば更なるキャリアアップが目指せる

基礎資格として介護職員初任者研修を修了すれば、実務に必要な基礎的な知識とスキルを身に付けることができます。介護の仕事は身体介助として、業務中に高齢者の体を持ち上げる機会は少なくありません。この時に体の使い方、人体を持ち上げる際に必要な力加減、こういったことを理解していなければ、腰などを痛めてしまう可能性があります。

実際に長くグループホームなどの介護施設で働いていたとしても、腰を痛めてしまうことで退職を余儀なくされるケースは、よくある話なのです。だからグループホームなど介護施設で働く場合は最初が肝心なのです。

最初に基礎資格として、介護職員初任者研修を修了していれば、そういった基本的な身体の使い方も習得できます。だから多少費用と時間がかかったとしても、介護業界で働いていくのであれば、その投資は無駄になることはありません。それに介護業界で実務経験を3年以上積み、介護職員実務者研修を修了すれば、介護福祉士の国家資格の受験資格を得ることもできます。

ここまでグループホームへの就職を有利にする基礎資格についてお伝えしましたがいかがでしたか。介護職員初任者研修は、介護業界で働く際の入門的な資格ではありますが、これをしっかりと修了しておけば就職に有利になるだけでなく、実際に働きはじめた際にも役立つ場面が少なくありません。あなたがもし未経験からグループホームへの就職を目指す場合は、介護職員初任者研修の受講を検討してみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事