美容業界の応援メディア
学び・キャリア 2021-03-15

本当に欲しい人材って? 採用担当のホンネ 【pinceau 代表取締役 山岸亜由美さん】#2

「こんなスタイリストになりたい!」という理想をかなえるには、技術を磨く努力はもちろん、経験の積み重ねがものを言います。その体験の場となるのがサロン。そこで、人気ヘアサロンの採用担当者に、求めている人物像を直撃しました。さらなる高みを目指している人を応援します!

本物を知る上質な方たちに支持されているヘアサロン、pinceauの採用にまつわるホンネをうかがう2回目は、実際にどんな人物が採用されたのか、その人物像をご紹介します。

今回お話しを伺ったのは…

pinceau 代表取締役の山岸亜由美さん

国際理容美容専門学校を卒業後、大手サロン2店舗で経験を積み、2010年に独立。独立前のサロンでは店長を務め、トップの成績を残す。現在はサロンワークのかたわら、テレビや雑誌などの取材・撮影をこなしている。

「とにかく笑顔がいい。爽やかで清潔感のあるところも採用の決め手になりました」

――今年で2年目になる井伏栄介さんの採用の決め手は何ですか?

彼と最初に出会ったのは、まだ就職面接をする前の就職セミナーのときでした。「前のめりで話を聞いてくれているイケメンの子がいるな」と思っていたら、後日、面接を受けに来てくれて。

彼の笑顔がいいですね。爽やかだし、清潔感もある。すごく印象に残ります。学校での出席状況もよく、成績も良かったですね。家族を大切にしている様子が話をする中で伝わってきたのも採用の決め手になりました。

――今後の井伏さんに期待することは何ですか?

このサロンでは私が考えたカリキュラムで学んでもらっていますが、他のサロンに比べると、求めている技術も内容も厳しいと思います。表面的な知識をマスターするのは簡単ですが、それだけではお客さまは満足しません。技術のひとつひとつを理解しながら前に進んでほしいですね。

すべてをマスターするのに、最低でも4年はかかります。そこからひとりで何でもできるスペシャリストに育ってほしいです。ゆくゆくは自分自身の店を持ってもいいし、pinceauの支店でもいい。お客さまに愛されるスタイリストになってほしいですね。

ROOKIE’S FILE 井伏栄介さん

2020年国際文化理容美容専門学校後、pinceauに入社。姉と妹に挟まれた3人きょうだいの真ん中。学生の頃はよく姉妹の髪を切っていたとか。

――スタイリストを目指した理由は?

実は高校3年の春まで大学進学を考えていたのですが、大学を出てから何をやりたいのか、決めかねていました。先輩から「やりたいことが明確でないと途中で挫折する」と教わって、将来のことを真剣に考えるようになったんです。

「自分の好きなことは何だろう」と考えていくうちに、以前から憧れていたスタイリストの道に進もうと決めました。スタイリストは自分がやった仕事で喜んでくださる顔を直接、見ることができる職業です。自分がいちばん求めている職業だと思いました。

――就職先としてpinceauを選んだ理由は?

就職セミナーで、山岸さんの人柄に一目惚れしたのがいちばんの理由です。このセミナーには70社くらいのサロンが参加していたんですが、山岸さんのプレゼンテーションはすごく印象に残りました。最初は山岸さんの迫力というかオーラに圧倒され、次第に熱意に惹かれ、いつの間にか前のめりになって話を聞いていました。プレゼンが終わる頃には「このサロンで働きたい!」と強く思いました。

――仕事以外で熱中していることは?

最近はゲームと料理に熱中しています。休日には散歩をしたり、筋トレをしたり、いろいろ試しましたが、ゲームや料理に没頭することがいちばんのストレス発散法になっていることが分かりました。

学生の頃は自分が食べる分だけつくって終わっていましたが、今は母や妹の分もつくっているんですよ。「美味しい!」と言って食べてくれています。

――将来、どんなスタイリストになりたい?

もちろん、山岸さんのようなスタイリストになりたいです。

お客さまと接客しながら、楽しそうにお話をしているのに手が止まっていないんです。お客さまを楽しませながら、施術の時間は短いしクオリティが高い。練習の積み重ねが大事なんですね。憧れます。

採用担当のホンネから分かった3つのポイント

1. 部活でも趣味でも、真剣に取り組んだ経験があること

2. 人を喜ばせることが何よりも好きであること

3. 出席日数など、決められたことを守る実績があること

山岸さんのお話で印象に残ったのが、「その人の人生や性格は顔に表れる」ということ。鏡を見て身だしなみを整えるだけでなく、「自分は今、どんな顔つきをしているのか」をチェックするのもいいかもしれません。

井伏さんが入社を決めたのは、山岸さんのカリスマ性と「私が一流のスタイリストに育てる」というひと言。現況に満足できない人、さらなる上を目指したい人は、自分自身を磨けるこんなサロンを探したいものです。

▽前編はこちら▽
本当に欲しい人材って? 採用担当のホンネ 【pinceau 代表取締役 山岸亜由美さん】#1>>

Salon Data

pinceau

住所:東京都港区元麻布3-11-3 パティオ麻布十番2-2F
TEL:03-6804-1256
定休日:火曜、第1・3月曜
Facebook:https://www.facebook.com/pinceau.hair/

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事