【SNS活用術】情報盛り盛りはNG! コラム投稿は「歯磨き感覚でできること2〜3個」が鉄則【「Be-palma 美パルマ 横浜店」オーナー 櫻井ひとみさん】#2

痩身エステサロン「Be-palma 美パルマ」オーナーの櫻井ひとみさんは、「見やすい」Instagramにこだわり、ビフォーアフター投稿やデザインの統一に力を入れ、地道にフォロワー数を増やしてきました。最近では、施術効果だけでなく、サロンの知識力や想いをチェックしてサロンを選ぶ人が増えているようで、それに対する櫻井さんの対策とは?

後編では、情報量を抑えて読者の離脱を防ぐコラム投稿テク、「通いやすさ」をアピールするスタッフ投稿について教えていただきました。

教えてくれたのは…

株式会社Beyes palma
代表取締役 櫻井ひとみさん

「お腹痩せ専門」を掲げ、結果にこだわる本格痩身エステサロン「Be-palma 美パルマ 横浜店」。ハイパーナイフを取り入れた施術に定評があり、コンテスト受賞歴も。Instagramではアラフォーをメインターゲットにし、ビフォーアフターだけでなく、セルフケアをはじめとする美容情報を積極的に発信している。Instagramフォロワー数は約2700人(2021年10月現在)
Instagram:@be_palma

コラム投稿は片手間でできる2〜3個がベスト

――美容の豆知識などを発信するコラム投稿をはじめたきっかけとは?

コロナ禍になったことが大きな理由です。うちのサロンには山梨や小田原などの遠方から新幹線で通ってくださるお客様がいるのですが、緊急事態宣言が出されたことでそれまでのように通えなくなってしまったんです。せっかくここまで綺麗になったのに、通えなくなったことでまた戻ってしまうのは申し訳ないなと思い、自宅でできるケアを発信することにしたんです。

それから、間違った美容情報に惑わされている方も中にはいまして…。「むくみ・肩こり・下腹ぽっちゃりに悩んでいる」というお客様にお話を聞いてみたら、「水を一日2リットル飲むのが良い」という情報を鵜呑みにし、毎日会社に500mlペットボトルを6本持って行っていたそうなんです。癖になってしまっているので、「少し控えた方が良い」とお伝えしても中々やめられず…。だから、Instagramを教科書代わりにしてもらおうと思ったんです。毎日LINEで「この投稿を見てください!」「ちゃんと守っていますか?」と通知しているので、頻繁に目にすることができるし、ベストな改善策かなと。

あと、学校で講師の仕事をしていた経験を活かして、お客様には宿題をよく出しているんですね。Instagramのコラムを宿題の代わりとして実践してもらうのもアリだなと思ったんです。

――お客様への宿題というのは、どんな内容ですか?

本当に普通のことですよ。例えば、2リットルの水を飲んでいる人には「まず水の量を減らしましょう」と。湯船に浸かるのが面倒くさいという人には「足だけでも洗面器に入れながらシャワーを浴びてください」とか。一日の中で歯磨きをしないと気持ち悪いじゃないですか。やらないと気持ち悪くなるような、まるで歯磨きと同じ感覚でできることしかお願いしていないんです。

コラム投稿を載せるときも同じ要領です。

――どのようなことをネタにしているのですか?

サロンワーク中のお客様のリアルな声をもとに考えています。多くのお客様が悩んでいることや季節あるあるのネタなど、お客様の「困ったな…」に向けて発信するようにしています。

ネット記事に書いてあるコラムって、有名な先生が書いたものや一般的な内容が多いですが、現場のリアルな声なら他にも共感する人はたくさんいると思うんです

――コラムネタに注力するようになり、Instagram上やサロンワークで数字に変化はありましたか?

フォロー回りやコメント返しなども同時に行っていた上での結果ですが、フォロワー数は5倍になりました。

あと、嬉しいことに3~5年ぶりに来店してくれるお客様が増えたんです。「実はインスタをずっと見ていました」「投稿が面白いので」と。コツコツ続けてきて良かったと思っています。

知識力やサロンコンセプトを重視する人が増加

近々、同じ横浜エリアに男性専用サロンをオープン予定とのこと。
「フォロワーさんの中にも男性がいて、
男性需要も高まっているんです」

――最近は、お客様はどんなことを求めて来店するのでしょうか?

以前は施術結果やスタッフの人柄を重視している方が多かったのですが、最近はそれに加えて下調べをしてくる方がすごく増えたなと感じています。「このサロンはどのくらい知識を持っているのか、どのくらい結果を出してくれるのか」とか、口コミをくまなく見て来たりとか

体を預ける、夢を託すことになるんですからそりゃあきちんと調べますよね。ちゃらちゃらした人には触られたくないですもんね。ご新規の方に「こういう想いでやられているんですね」と言われることもあるんです。体やお肌を預けることを考えると、サロンの想いやスタッフの人柄は大事なんですよね

――それがスタッフさんの顔出しオフショットにつながるわけですね。

そうなんです。どんなキャラクターのスタッフがいるのか気になりませんか? Instagramでは私一人が映るのではなく、他のスタッフとじゃれ合っているシーンやバックヤードを積極的に見せたりしています

「うちのスタッフは元気っ子ばかりで、
スーパーポジティブです(笑)」。
担当にこだわらず、全員がお客様にお声がけするため、
スタッフ全員と顔見知りというお客様も多いのだとか

エステサロンって「何か買わされる」「無理やりコースを組まされる」と警戒する人はきっと多いですよね。でも、うちのサロンではもともとエステエステしたくないと思っているんです。施術メニューや内装はTHE・エステですが、髪型は夜会巻きで、三つ指立てて…といういかにもなエステティシャンはうちにはおらず、大口開けてゲラゲラ笑う子ばかり(笑)。

コースを組むかどうかを選ぶのはお客様だし、私たちが押しつけるのではなく、お客様自らが「通いたい」「一緒に夢を叶えたい」「ここに来ると元気が出る」と思ってもらえるのが大切です。そういうサロンのスタンスをスタッフ写真から感じ取ってもらえたら良いなと思っています

――スタッフさんの明るそうな雰囲気がお客様にも伝わっているのでしょうね。世間が抱くエステサロンのイメージとのギャップが上手く表現できていますね。

ありがとうございます。実はそれを狙っています(笑)。

本当はエステティシャンらしくおすまし顔をしなければいけないとは思っていますが、スタッフ投稿では必ずひと笑いは取りたいなと(笑)

初めての方だと結構ガチガチに緊張してくる人もいるのですが、緊張している状態だと結果が出にくいんですよ。ゆるめる作業もやっていますが、せっかく来ていただいたのなら最初から最後までフルでリラックスして楽しんでもらいたいじゃないですか

来店前にInstagramを見てくれば、緊張するほどのサロンじゃないこともわかっていただけると思いますし、実際、人見知りしないお客様が増えたと感じています。「Instagramを見て、最初からこのサロンのことを知っているよ」という方が多く、嬉しいですね。

お客様に向けた「美育講座」も定期的に開催。 そこでお客様同士が仲良くなるケースも多いのだそう

あと、Instagramを見て来てくださったお客様は、お試しではなく、最初から通うつもりでいる方がほとんどです。雑誌に掲載されたときと同じような集客効果を得られていると思います。

読んで疲れないコラムネタ投稿とは?

1. 歯磨き感覚でできる簡単なことを2〜3個だけ載せる

2. レクチャーする内容がわかるように、画像に文字で明記する

3. 現場で拾ったお客様の生のお悩みに応える内容にする

取材・文/佐藤咲稀(レ・キャトル)
イラスト/なとみ みわ

Salon Data

Be-palma 美パルマ 横浜店

住所:神奈川県横浜市神奈川区台町11-4リブゼ横浜ステーションスクエア1F
TEL:045-620-5996

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事