インプットはしない。常識を疑い、常に発信者の意識を持ち続ける。美容師・イラストレーターTAKUOさん

インスタに「美容師あるある」を投稿して人気を集め、現在は美容師としてだけでなく、イラストレーターとしても大活躍中のTAKUOさん。4年前のインスタ開設の初日から大きな反響があり、1週間でフォロワーが1000人、5ヶ月で1万人までになり、現在は7万人のフォロワー数を誇ります。その秘密を伺うと、「このインスタは自分の人生の集大成なんです」と話してくれました。さまざまな原体験を通して、今のスタイルを確立したといいます。

後編では、取材中に飛び出したTAKUOさんの「インプットはしない」という生き方について掘り下げていきます。インプットをすることこそが学びであり、成長のためにインプットを続けなければいけないと考える人も多いなか、なぜ「しない」と決めたのでしょうか。そこから見えてきたのは常識を疑い、自分の感性を磨き続けるストイックな姿でした。

今回お話を伺ったのは…
TAKUOさん

美容師・イラストレーター

山野美容専門学校卒業後、都内2店を経て現在はフリーランス。1枚絵で「美容師あるある」を見せるイラストをインスタに投稿したところ話題を呼び、現在のフォロワー数は7万人を超える。
Instagram:@takuo_illustrator

必要なのはインプットではなく「経験」

細かな観察力で、美容師の日常を1コマのイラストに切り取るTAKUOさん

———インプットをしないとお聞きし、衝撃を受けました。なぜインプットはしないようにされているのでしょうか?

ぼくは何かを成し遂げるのに必要なのは、経験だと思っているんです。本を読むのも、講座を受けるのも、オンラインサロンに入るのも、インプットというのは知識を得るための行為ですよね。しかもそれは誰かが得た知識にすぎません。知識には何の価値もないと僕は思っています。何かやりたいことがあるなら、自分でやってみるのが一番です。それは経験となって自分をかならず助けてくれます

僕は人から依頼を受けてインスタのマーケティング講義をやったりしたこともありますけど、どうやったら成功するのかという知識は話しません。インプットをやめて経験を積み、自分のオリジナルに近づくように努力しようという、根本の話をしています。でもそれはやはり矛盾した講義になるのでできれば受けたくないと思っていて。「インプットをするな」と伝えるのに講座を開くってすごく矛盾していますよね。だから受講生の方にも「これで最後の講義にしてほしい」と伝えますし、主催者の方にもそういう話をするから下手したら受講者が減ってしまうと思うけどそれでもいいですか?と聞いて了承を得たら受けるようにしています。

常に発信者でいるために、多数派には入らない

だれが見てもTAKUOさんのイラストとわかるような、オリジナリティを何より大切にているそう

———では、本なども読まれないということですか?

はい、一切読まないですね。本をたくさん読むのがすごいこと、良いこと、常識のように言われますけど、僕はそれは間違っていると思っています。常識というのは多数派の意見で、多数派というのは少数派の消費者という存在だと僕は思うんです。すべての本がそうだとは思いませんが、こういう人になりたい、ならないといけないと不安をあおっておいて、その本を買わせているという構造になっているものが多いと思うんですね。

多数派になっていけばなっていくほど、自分は消費者になっていくわけです。僕は発信者であり続けたかったので、常に多数派の常識にはとらわれないように意識していました

———そのように思うようになったのは何かきっかけがあるんでしょうか?

今から2年ほど前に、僕の好きなイラストレーターさんの個展に行ったことがあったんです。その次の日に書いたイラストが、そのイラストレーターさんの影響を受けて変わったんですね。そのときの僕にはそれがうれしかった。でも他の人から見たらそれはTAKUOの絵ではないという風に思って違和感がでるはずなんです。そのときに発信者でいるのであれば、インプットはやめないといけないと気づきました。ニュースも見ないし、社会の動きもわかりません。

目標を立てるということは、自分の上限を決めてしまうこと

あらゆるインプットから離れた「仙人のような生活」が理想だと語るTAKUOさん。自分の創造性を伸ばしていきたいという強い思いが感じられる

———なるほど・・・すごく興味深いお話でした。

でも一方ですごく難しい部分もあって。本質を突き詰めれば突き詰めるほどビジネスにならなくなるんですよ。本質的なものっていうのはお金がとれなくなり、そうすると生活ができなくなってしまいます。だから僕もビジネスをしているし、常に葛藤はありますね。なるべく本質を貫きながら、ビジネスをやりたいという風には思っていますが、難しさを感じることは多いです。

———今後はこのような方向に進みたいというビジョンはありますか?

まったくないですね。目標を決めるのも好きではないですし、今を生きる感覚を大切にしています。今の自分の姿を1年前とか2年前に想像できたかって言われたら、まったく想像できてなかったですし、目標を立てることは、勝手に自分の上限を決めているのと同じだと思っているので。これからも自分の感覚を信じて、進んでいきたいと思っています。


TAKUOさんが考える、発信者として活動するための3つのポイント

TAKUOさんが考える、発信者として活動するためのポイントは以下の3つでした。

1.インプットはしない

2.常識を疑う

3.自分の本質を貫く

シンプルな言葉のなかに、常にストイックに自分の本質を貫いていることが感じられたTAKUOさん。その姿勢を見ていると自分の感覚をどこかに置き去りにしてきてしまったような感覚を覚え、考えさせられる時間となりました。発信者として進んでいきたい方は、参考にしてみてはいかがでしょうか。

1
2


この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事