平日保健師・週末眉毛屋。徹底的なインスタ研究で開業から半年で予約のとれないサロンへ! ブロウリスト・FUJIKOさん

平日は企業内で働く保健師、週末は「眉毛屋」(アイブロウサロン)として活躍している、ブロウリストのFUJIKOさん。

前編では開業からたったの半年で予約のとれないサロンへ、急速に認知度をアップさせた方法を伺いました。ポイントはインスタグラムのアルゴリズムやマーケティングを徹底的に研究し、実践を継続したこと。「効果的なハッシュタグ選定」「リール動画の導入」「写真の質の向上」などを実践したところ、リーチ数とプロフィールタップ率が格段にアップし、新規集客に成功したのだそう。さらに公式LINEの登録率が大幅に増え、キャンセルが出ても公式LINEでよびかけることですぐに予約が埋まり、効率よく経営ができているといいます。

今回お話を伺ったのは…

FUJIKOさん


看護師を経て、企業向けの産業保健分野のコンサルティングを担う保健師に転身。その後2021年7月に眉毛パーマの一種である「ハリウッドブロウリフト(HBL)」の技術を取得し、翌月より週末だけのアイブロウサロンを経営するブロウリストとなる。2021年に行われた「HBL」のコンテストでは、グッドデザイン賞を受賞するなど高い技術力を誇り、経営を始めて半年で予約のとれないサロンに。

「眉毛ブームが日本にもくる!」直感を信じ、週末だけの眉毛屋をオープン

FUJIKOさんが習得した「HBL」の技術。毛流れを美しく整え、パーマによってその形状を持続させるため、美しい眉毛が長持ちするのが特徴

――平日は保健師として働き、週末だけのアイブロウサロンを開業されているとのことですが、どのような経緯でオープンされたのですか?

私は企業の産業保健分野のコンサルティングや実務を請け負う保健師として働いているのですが、勤めている企業がコロナ禍でフルリモート勤務になり時間に余裕ができたんです。元々ほかのビジネスをしてみたいという気持ちがあったのと、美容が好きだったので、美容分野のビジネスを始めようかなと考えていました。

眉毛ブームが近々日本にくるという予感があったので、当時日本でローンチされたばかりだった「HBL」の講習を2021年7月に受けに行き、8月にはシェアサロンを借りオープンさせました。最初はきちんとお店を経営するつもりはまったくなく、自分とお友達とお友達の紹介くらいの範囲だけでやろうかなと思っていたのですが、やり始めたらはまってしまって(笑)。施術だけでなく、私にとっては経営やマーケティングを研究してそれが結果につながっていくことがとても楽しかったんです。今でも保健師の仕事は続けているのですが、あれよあれよという間に、自分のなかの眉毛屋さんの比重が大きくなっているというのが現状ですね。

――眉毛ブームを予感されていたのですね!どういったところから、ブームがくると感じられたんですか?

私は昔から海外メイクが大好きで、海外メイクを教えているメイクアップアーティストさんにメイクを習いに行ったりするくらいだったので、海外のインスタグラムの美容アカウントをよく見ていたんです。それで数年前に「ブロウラミネーション」という眉毛パーマが海外にあることを知って、「これが日本にもあったらいいのに。なんで日本にないのかな?」という思いが頭の片隅にありました。そして今から2年前に日本でも芸能人やモデルさんでアイブロウワックスをする方がだんだん増えてきたのを見て、日本にもこの流れがくると思ったんです。日本の美容ブームは、海外で流行ったものがあとから流行る印象があったので

インスタを徹底的に研究し集客に成功!ポイントはハッシュタグ、リール動画、写真の質

インスタグラムの投稿には、FUJIKOさんが研究してたどりついた数々のこだわりが

――インスタでのみ新規のお客さまを集客しているとのことですが、どのようにして実現したのでしょうか?

効果的なハッシュタグ選定、リール動画の導入、写真の質の向上、ストーリー活用や自発的なアクションなどです。インスタのアルゴリズムやマーケティングを徹底的に研究し、コンサルなども受けて実践したことが実を結びました。ハッシュタグについては実際にご来店いただいたお客さまに、インスタでどんな検索をかけて私のアカウントにたどり着いたかなどを聞いて、参考にしています

――リール動画を使うメリットは、どこにあるのでしょうか?

私のように、そこまでフォロワー数が多くないアカウントでも、たくさんの人に見つけてもらいやすいのがリール動画なんです。投稿内容にもよりますが、リール動画投稿で心がけているのが、ひとつの動画をとにかく短くすること。最近は15秒でも長すぎて離脱されてしまうといわれているので、5秒とか8秒で動画を完結させるようにしています。それで何回も再生してもらうことで、いい動画だとインスタ側に判断されれば、拡散される可能性が高くなります。

あとはとにかく写真の画像にこだわっていますね。「ほかのサロンと比べて、仕上がり写真が一番きれいだったからここに来ました」という方が結構多いんです。一番はお客さまに喜んでいただけるように、ご希望の方には写真をきれいに加工して、ビフォーアフター写真を差し上げています。その方のお顔が一番きれいに見えるのはどの角度か、変化の記録としてうれしいものか、細部までこだわって編集します。iPhoneで撮影しているのですが、機種によって画質も大きく変わるので、最新機種を購入し、インスタグラム運用がうまくいっている人や海外のインスタを研究して、写真や動画の撮り方を徹底的に真似することから始めました。

そういうことを続けているうちに、最初は300人くらいのフォロワーだったところから、半年で1200人くらい増えましたね。ただ私の場合はフォロワー数がすごく多くなったというより、リーチ数、つまり見てくれる人がとても多くなったのと、プロフィールのタップ率があがりました。あとはプロフィールに公式LINEへのリンクを貼っているんですけど、公式LINEの登録率もとてもあがり、予約につながるようになったんです

キャンセル情報は公式LINEユーザーにのみ発信。効率的な集客が可能に

FUJIKOさんが施術している、恵比寿のシェアサロン。洗練された雰囲気が好評だそう

――インスタからの流れで公式LINE登録が増えているのですね。公式LINEを使うメリットはどんなところにあるのでしょうか。

インスタだけを使うより、私に興味を持ってくださっている方に効率よく発信できることがメリットだと思っています。公式LINEに登録くださっている方は、インスタを見て、プロフィールを見て、さらにLINEを開いて登録をするということまでしてくれているわけなので、相当関心高く私のことを見てくださる方たちだと思うんです。なので、キャンセルなどが出たときにはインスタではなく、公式LINEだけに流すようにしています。そうするとすぐに枠が埋まるということがよくあるんです。

私の場合、営業をしているのが現状で週末だけなので、広告費にお金をかけていたら赤字になってしまいます。なので、無料のツールを研究しながら使って、効率よく集客ができるよう心がけていますね

――なるほど!ちなみにほかにも何か、予約につながることをされていますか?

ご来店いただいたお客さまには、その場で次回予約を入れていただくことが多いです。施術後は劇的に顔の印象が変わるので、施術後に鏡を見ると「わあー!すごく変わった!」とテンションがあがっている方が多いんです。その熱が冷めないうちに、次回も予約を入れるかお聞きすると、すんなりと入れてくださいますね。
…………………………………………………………………………………………………

FUJIKOさんのサロンが人気となった、3つのポイント

FUJIKOさんのサロンが人気となったポイントを伺うと、以下の3つでした。

1.美容ブームの流れを読み、眉毛ブームが来る前に行動をしていた

2.インスタグラムマーケティングを徹底的に研究し、実践している

3.お店の情報は公式LINEのみで発信するようにし、興味を持ってくれる層に効果的にアプローチしている

後編ではFUJIKOさんの施術が人気の理由を掘り下げます。ポイントとなっていたのは、左右差を解消できる技術と、ひとりひとりのお客さまに時間をたっぷりかけ、自宅でできるメイクのレクチャーのサービスを提供していること。他サロンとの差別化が可能になっているといいます。また昨年は「HBL」のグッドデザイン賞も受賞したFUJIKOさんに、どのようにして高い技術を習得しているかも伺います。その裏にあったのは、研究と努力を怠らない姿勢。施術でうまくいかないことがあったときには、原因と対策を細かく書き出していたそうです。後編もお楽しみに!

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事