リピート率の高さ=対話力!アイリスト「銀座ACE」鈴木葵さんの集客術

銀座で1席のみのプライベートサロン「銀座ACE」を経営する鈴木葵さん。前編では、元アイドルとして活躍していた鈴木さんがどのような経緯でメンズ専用の眉毛サロンを経営するようになったのか、毎月リピーター100名以上のサロンになった成功の秘訣などを教えていただきました。

後編で伺うのは、プライベートサロンという特徴を生かしたサービスについて。女性客と男性客はサロンの選び方が違うということで、それについてもお話を聞いてみました!

今回お話を伺ったのは…

鈴木葵さん

日本美容専門学校卒業後、2013〜2017年には女性アイドルグループ「バクステ外神田一丁目」のメンバーとして活躍。その後は再び美容業界で活躍し、テーマパークでのヘアメイクアップアーティスト、銀座のメンズ専門眉毛サロン勤務を経て独立。2020年6月に一席のみのプライベートのメンズ専門眉毛サロン「銀座ACE」をオープンさせた。
Instagram:@ginza_ace

プライベート空間だからこそできる、お客さまに合わせたベストな提案

基本メニューは眉ワックス。オプションでノーズワックスなども用意している

――プライベートサロンならではの魅力はどんなところなのでしょう?

やはり、じっくりと対話ができるところです。事前のカウンセリングだけでは聞き出すことができなかったことも、施術を行うなかで話してくださるお客さまが大勢いらっしゃいます。たとえば「実はお見合いがあるから来てみたんです」とか「デートのために予約しました」といったエピソードは、周りにほかのお客さまがいらっしゃったら話しづらいものです。

プライベート空間だからこそ、お客さまの真意を聞いて、そこに寄り添ったスタイルが提案できます。それが「銀座ACE」の魅力であり、大切にしているところですね。

――ほかに接客やお店づくりで意識されていることはありますか?

「お客さまに興味を持つ」ことを常に意識しています。髪型が変わったことに気づいたら、その髪型に合ったスタイルを提案したり、自分でお手入れをしたいお客さまだと分かったら、お店でベースを作って整え方をレクチャーしたり。お客さまのことを深く知らなければ、それぞれのニーズに合わせた接客はできませんから

イメージづくりのためにテーマカラーを徹底する、アイドル的な手法

シンプルながら目を引くInstagramの投稿。ブラックカラーのロゴなどをアクセントにしている

――集客で意識していることはありますか?

Instagramに写真を上げるときは「ナチュラル眉」だけをアップしています。アイドル活動と同じく、お店のブランディングもしっかりと方向性を示すことが大切です。それに、肌色の写真が投稿一覧に並ぶと、どこに注目すれば良いのか迷ってしまう方も多いと思います。それを解決するために、投稿する際には1つおきに黒い背景をアップしているんです。ターゲットが男性ということもあって、情報量は極力少なくして、分かりやすい投稿にするようにも心がけています

――たしかに黒い背景があると引き締まった印象になりますね。

あくまでも私調べなんですが、女性はかわいい人や芸能人が通っていることなどを魅力に感じる反面、男性は「技術者を信頼できるか」というところを重視しているように感じています。「ナチュラル眉」だけをアップすることで、その技術的な部分が伝わっているのだとしたら嬉しいですね。

ちなみにSNSを利用した集客方法ですが、Instagram、Twitter、TikTokなどいろいろと試したところ、男性のお客さまの場合は「Googleの口コミを見て来た」という方が圧倒的に多いんです。Instagramの投稿は続けていますが、集客のためというよりも名刺代わり程度に考えています。

今後の目標は施術者それぞれの個性がキラリと光る居場所づくり!

インテリアもお店のテーマカラーである黒で統一。シックな店内の方が男性客に好まれるそう

――お客さまと誠心誠意向き合いながら進化を続けている印象ですが、最後に鈴木さんの今後の目標をお聞かせください。

私の施術を求めて来てくださるお客さまのためにプライベートサロンを続けながら、新しい取り組みにも挑戦してみたいです。メンズ専門の眉毛サロンは増加傾向にありますが、ひとり、ひとりに合わせたサービスを提供しているお店はまだ少ないのが現状だと思っています。それを解決するために、私にしかできないことがあるはずです。具体的には、私がナチュラル眉を得意としているように、今後は施術者それぞれが個性を活かせるような場所づくりをしたいと考えています。

――なるほど、アイドルグループのようにスタッフそれぞれテーマカラーがあるようなお店ができたら面白そうですね。

個人よりもサロン単位で判断されがちな業界なので、その固定概念を払拭していけたら嬉しいです。もっと安定した経営を目指すほうが良いことは理解しているのですが……それができないのが私なんですよね。


プライベートサロン経営で意識している3つのポイント

鈴木葵さんがプライベートサロンを経営するなかで、心がけている3つの要素をご紹介します。

1.プライベートな空間を最大限に活用してお客さまの真意を引き出す

2.テーマカラーを決めるなどしてブランディングの軸をぶらさない

3.施術者それぞれの個性を活かせるような場所づくりを心がける

アイドルから美容業界に転身した鈴木さんだからこそ、これまでの業界の概念を覆すことができるのかもしれません。なにより、常にワクワクすることを求め続けている前向きな姿勢が、成功を掴めた理由だとも感じました。異業種から美容業界への転身を考えている方も、ぜひ参考にしてみてください。

プロフィール写真撮影:内田悠介

Salon Data

銀座ACE
住所:東京都中央区銀座5丁目14-16 銀座アビタシオン405ビル
TEL:050-3702-5545

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事