フリーランスの悩みを一挙解決する「SHARE FO(u)R YOU」加藤さんの秘策

オンラインでのフリーランス美容師相談窓口と、フリーランス美容師のコミュニティ「SHARE FO(u)R YOU(シェアフォーユー)」を運営している加藤亮平さん。フリーランス歴は約7年、さまざまな悩みや不安を乗り越えてきた経験を生かし、新しい挑戦に取り組んでいます。「あなたが届ける、あなたに贈る4つのシェア」をテーマに、さまざまな問題を解決しているそうですが……果たして、どのような秘策が飛び出すのでしょうか!?

今回お話を伺ったのは…

加藤亮平さん

1985年生まれ、愛媛県出身。大学を卒業して23歳で美容師となり今年14年目。都内のサロンで仕事を続け、30歳から業務委託契約を結ぶ。2019年には正式なフリーランスの美容師となり、表参道のシェアサロンなどで活躍を続けている。現在は「フリーランスは1人だけど独りじゃない」をコンセプトに、フリーランス美容師相談窓口とコミュニティ「SHARE FO(u)R YOU」を運営。自身の経験を生かし、働き方の選択肢を広げる手伝いをしている。

ホームページ

Twitterアカウント

フリーランスになったからと言って孤独に悩みを抱える必要はない

加藤さんが主催したフリーランス美容師限定の座談会の様子

――そもそも、なぜフリーランス美容師相談窓口を立ち上げたのでしょうか?

新型コロナウイルスの影響が大きいです。所属しているシェアサロンの営業が休止となり、まとまった時間ができたのでTwitterの投稿を増やしました。そこで自分の働き方をつぶやいていたら、ほかの美容師さんからダイレクトメールが届くようになったんです。その多くが「フリーランスになりたいんですけど◯◯ってどうしてますか?」といった内容でした。

――それで相談窓口を開設したのですね。

そうなんです。僕もフリーランスになりたての頃は分からないことばかりでしたから、メッセージの内容にすごく共感して。自分が苦労した経験を生かせるんじゃないかと考えたんです。

また、僕が独立したばかりの頃は「フリーランスはいわば一匹狼でお互いがライバル、一人で頑張らないと」という思いが強くあったのですが、今では「独りで抱え込む必要はない」と考えるようになったことも大きいと思います。

フリーランス美容師は一人ひとりが主役。お互いが助け合える居場所を作りたい

座談会のポップは加藤さんがスマホアプリで作成したもの。代表者ではなく「ただのフリーランス美容師」と名乗っている

――人間関係で悩んでフリーランスという働き方を選ぶ方も多いですよね。

確かにそうなのですが、いざ一人で働いていると、寂しくなることもあるものです。一人は楽だけど、孤独なのは辛い。何かあったときに相談できる相手は必要だと実感している方も多いでしょう。同業者とのコミュニケーションはとても大切です。そこで「フリーランスは1人だけど独りじゃない」をコンセプトに、フリーランス美容師さん同士でつながることができる場所「SHARE FO(u)R YOU」を立ち上げました。

――相談窓口とコミュニティは別物なのでしょうか?

そうですね。相談窓口はフリーランス美容師になることを検討している方に、アドバイスを行うことが主な目的です。常に何かをやり取りしている訳ではありませんが、メンバーは50人ほどで、税金や保険、確定申告などお金関係のご質問をいただくことが多いです。相談料金などは発生せず、すべて無料でお答えいたします。

「SHARE FO(u)R YOU」はフリーランス美容師さん同士の集まりで、ビジネス用のメッセージングアプリ「Slack」を利用して相互にコミュニケーションを取っています。こちらもギブアンドテイクを大切にしていますので、参加費などは必要ありません。参加資格はフリーランスの美容師さんであること。そして「自身の利益目的にならないこと」「自分のことだけでなく誰かのことも思えること」を大切にしています。

――オンラインサロンとの違いはどういうところなのでしょう?

アウトプットを行うようなトップがおらず、あくまでフリーランスの集まりであるところです。僕はフリーランス美容師一人ひとりが主役だと思っているので。自分の分からないことは誰かに聞いて、分かることがあれば教える関係性が良いと思っています。

「SHARE FO(u)R YOU」は4つのシェアでフリーランスの問題を解決!

基本的には自己責任というフリーランスらしいマインドを大切に、さまざまな知識や経験をシェアしたいと語る加藤さん

――具体的にはコミュニティで何を行っているのでしょう?

まだ立ち上げたばかりで実現できていないことも多いですが、基本的には「4つのシェア」を主軸としています。まずは「情報のシェア」です。フリーランス美容師相談窓口でご質問が多いように、税金や保険、確定申告などお金関係の悩みはフリーランスにつきものですから。それぞれの問題が解決できるように情報を交換しています。

またメンバーからは「Instagramでの集客、どうしたら上手くいきますか?」という相談を受けることが多く、そういった情報がシェアできる交流会も開催しました。いわば「リアルのシェア」です。僕はブログでの集客がメインなので、Instagramの集客を得意としている方を招くことにしました。そこからYouTubeやTikTokなどを得意としている方も集め、それぞれの得意分野をプレゼンし合う座談会に発展したんです。今後もそういったイベントを増やして、コミュニティのつながりを深めていきたいと思っています。

――オンラインでの交流も良いですが、リアルイベントはまた違う大切さがありますよね。

とくに地方でがんばっているフリーランスの美容師さんからは、そういったリアルイベントの要望が多いです。都内であればシェアサロンが増えてきたこともあって、フリーランス美容師さんと直接会う機会は増えていますが、そうではないエリアもまだまだたくさんあります。

この間も千葉の美容師さんから「技術講習会にいきたいけど近場ではやってない」という相談をいただきました。そこでコミュニティで提案したいのが「スキルのシェア」です。オンライン、オフラインに限らず技術を伝え合う場を提供したいと思っています。いずれは薬剤を扱う専門家、ディーラーさんやメーカーさんともつながりを深めて講習会なども開催したいです。理想は、技術や知識を伝えたい方と知りたい方の橋渡し役です。

――情報、リアル、スキルと3つ出ましたが、残る1つは何のシェアでしょう?

最後は「お客さまのシェア」を目標に掲げています。自分が不得意な施術を依頼された場合に、それを得意とする仲間を紹介したり、やむを得ない理由(転勤や引越しなど)で担当することが難しくなったお客さまを紹介したり、メンバー同士が助け合える環境を築いていきたいです。そうやって皆さんのためのコミュニティを作ることができれば、ゆくゆくはそこが自分の居場所になるのではないかと考えています。


フリーランス美容師にとって大切な3つの考え方

加藤亮平さんがフリーランス美容師として大切にしているのは、以下3つの考え方のようです。

1.悩みや不安を孤独に抱える必要はなく気軽に相談できる相手を見つける

2.自身の利益ばかりを追求せず、お互いのことを考えて協力し合うこと

3.さまざまな知識や技術をシェアし、自分の居場所となるコミュニティを作る

後編では、加藤さんのフリーランス美容師として働き方や集客方法についてクローズアップ。フリーランス美容師にとって本当に必要な力とは? 悩みや不安を抱えているフリーランス美容師の方、そしてこれからフリーランス美容師を目指す方、とくに必見の内容ですよ!

1
2

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事