原因を深掘りする「陰陽5行説」を取り入れたオンリーワンのエステで勝負【プロビアンコ オーナーエステティシャン 白崎順子さん】#1

体質改善を目指す独自メソッドで、予約が取りづらいエステサロンとして話題の「プロビアンコ」のオーナー 白崎順子さん。顔面神経麻痺という病を克服し、エステティシャンの道を目指すものの、大手サロンの洗礼を受け、挫折。その後に勤めたサロンで集客・経営の基盤を学ぶとともに、自分が理想とするエステサロンのスタイルを見つけ、独立を果たしました。

前編では、エステティシャンに転身するまで道のり、開業の経緯、白崎さんの施術の土台となっている「陰陽5行」に惹かれた理由などをお聞きします。

教えてくれたのは

「株式会社ピュアラボーテ」代表、「プロビアンコ」オーナー 白崎順子さん

顔面神経麻痺に悩まされ、美容師をやむなく断念。症状の改善目的で受けたエステに感銘を受け、エステティシャンの道に進む。2011年に「プロビアンコ」を開業。中医学「陰陽5行説」をベースにした独自メソッドが話題を呼び、1年にして予約ができない人気サロンへ。現在は、後進育成のためのスクール運営と美容代理店業を同時にこなす。

Instagram:@probianco.0510

YouTube:じゅんぴー先生のエステティック研究所

自分に合わないサロンで働いたことで、自分の求めるスタイルが見つかった

セミナー講師としても活動している白崎さん。「エステの仕事が大好き」という気持ちが溢れ出ていました

――もともと美容師をされていたんですよね。

自分の髪の毛にすごいコンプレックスを持っていて、人のコンプレックスを解消するビジネスって素晴らしいなと思って美容師になったんです。しかし、アシスタント3年目のとき、スタイリストデビューに向けて猛練習をしていた矢先にストレスで顔面神経麻痺になってしまって。人前に出るのが怖くなってしまい美容師を続けることを断念しました。

鍼灸院に通ったところ少し症状が緩和されたのですが、「メンタルから来ている部分もあるから、エステなどでリラクゼーションの施術も受けてみたら?」とすすめられ、エステサロンに行ったんです。そのときの私は顔半分が下がった状態で、目も痙攣していましたが、エステティシャンの方が快く受け入れてくれて、内面的な話も聞いてくれ、それも相まって完治しました。

やっぱり人の悩みを解消する仕事って素晴らしいなと改めて感動し、そこからエステの学校に入ったんです。

――いったん学校で学ばれたのですね。

長年の夢だった美容師を中途半端に辞めてしまい、自分に自信がなくなっていたんです。自己都合で周りに迷惑をかけて辞めてしまったことにも負い目を感じていました。

だから、次の仕事は軽い気持ちでやったらダメだと思ったんです。きちんとエステの仕事を知り、資格を取って、自分はもう一度チャレンジできる人間なのかを確認してからエステの仕事に、美容の仕事に向き合おうって

――学校卒業後はどこかのエステサロンに就職したのでしょうか?

学校が紹介してくれた大手サロンに入社しました。

学校が斡旋してくれるのは資格保持者を優遇してくれるようなサロンばかりでした。今でこそ求人の探し方は色々ありますけど、当時の私には、経営者の想いも、何に特化しているサロンなのかも知る術がなかったんです。学歴重視のサロンを選んだ結果、自分が思い描いていたサロンではなく…(笑)

――大手サロンならではの苦労があったのでしょうか?

システム化されていてとても勉強になったことが多いのですが、私の勤めていた大手サロンではいかにお客様を効率良く回すかということを重視していたんですね。だから指名制にはせず、どんなお客様でも一分一秒狂いなく全く同じ施術をする。言われた通りにやるのが正解。オリジナリティは出しちゃダメなんです。そのスタイルが私には合わず、1年くらいで別のサロンに転職しました。

――2社目はどんなサロンでしたか?

ヘアとネイルとエステができるトータルビューティサロンで、オーナーが美容師だったんです。

オープニングメンバーとして雇われたため、私以外にエステがわかる人がいませんでした。仕入れ、経理、マネジメント、集客の全部を自分でやらなければいけない環境だったので、スクールに参加したり、本を読んだりして勉強しました。半分起業しているみたいな気持ちでしたし、ものすごく考えるきっかけをもらった3年間でしたね。そのときの経験がその後の開業に大いに役立ったので、色々任せてくれたオーナーには本当に感謝しかありません。

――そこから独立した経緯というのは?

美容師の場合、いかに時間をかけずに最高の仕上がりに持っていくかということに価値を置くじゃないですか。エステの場合は、時間たっぷり施術をすること、結果を出すこと、それから施術中の会話や気持ち良さ、気遣いなど、色々なことの総合点で「良かったわ」と言っていただけるもの。職業が違うため、お互いに求める理想像も違ってくるのは仕方のないことでした。

私はもっとエステを極めたいと思ったし、となるとトータルビューティサロンを卒業するときが来たのかなということで、独立を決めました。

私、思うんですけど、最初から自分にぴったり合うサロンに就職できなかったからこそ、自分のやりたいことを見出すことができたんだろうなって。合わない職場でストレスを感じ、「じゃあどんなサロンだったら自分は納得するの?」と自問自答したことで、オーダーメイドで施術するサロンが良いと気づけたんだと思うんです。

不調の原因を探る中医学「陰陽5行」はエステにこそ必要だった

YouTubeチャンネル「じゅんぴー先生のエステティック研究所」でも美容情報を発信

――オーダーメイドの施術にこだわっていたとのことですが、具体的にどんなサロンを目指していましたか?

「ワンゲストサロン」にこだわっていました。

私自身、誰よりもエステが好きで、二十歳からエステに目覚め、通算500以上のサロンに通ってきました。それこそホテルスパから、外国人の方がやっている安いところまで。回数で行ったら何万回とかになるんじゃないかな。

その経験を踏まえ、私が目指したのは「働く女性を癒せるサロン」。働く女性が癒されるには絶対にワンゲスト制のサロンだと思ったんです

――「陰陽5行説」を用いたオリジナルメソッドが独特ですが、いつ習得したのですか?

顔面神経麻痺になったときに通っていた鍼灸の先生に教えてもらったのがきっかけです。最初は「陰陽師の何か?怪しい…」と思ったんですけど(笑)、自分で勉強してみたら「中医学」というきちんとした学問で、薬膳とか鍼灸にも繋がるもので。もともと自分のために勉強していましたが、「他の人にも役立つはずだ」という確信が次第に深まっていきました。

――具体的にどんなメソッドなのでしょうか?

「肌をきれいにしたい」「痩せたい」という表面的な悩みをケアするのがエステティック、という感覚があると思うけど、その悩みってそもそもどこから来てるの?というと内臓なんですよね。セルライトをつくりやすくしているのも内臓だし、肌状況の変化も内臓から来ているし。

表面的な悩みをぐっと掘り下げていくことが陰陽5行説であり、何も関係のない点と点を結ぶわけではないんです。「だからこの人は肌荒れしているんだ」「だからこの人はむくみが取れないんだ」「だからこの人はこういう精神的な悩みを抱えているんだ」とか、不調の原因を回収できるようになるんです。陰陽5行説はエステティシャンこそ学んだ方が良いんじゃないかなと思います。

私のオリジナルメソッドは、「健康法」として内臓のケアや食養生といった東洋医学、「美容法」として今までやってきたエステティックを組み合わせたものなんです。

――陰陽5行説を取り入れたエステは他でなかなか聞きませんが、お客様の反応はいかがでしたか?

最初はやっぱり、みなさん「陰陽5行説って何?」という反応でなかなか伝わらなかったんですが、「オンリーワンのサロン」なのだとめげずに打ち出していたら、次第に響くようになって。

不眠症、自律神経の乱れ、更年期障害、生理不順、肌荒れ、イライラ、落ち込みなど。回数を重ねていくうちに嬉しいご報告をいただけるようになり、自分のメソッドは間違っていなかったんだなと思いました。


オリジナルメソッドを粘り強く打ち出していた白崎さん。後編では、その独自性が開業の秘訣だと教えてくださいました。独立したい人やエステサロンのオーナーさんは後編もお見逃しなく!

取材・文/佐藤咲稀(レ・キャトル)

1
2

Salon Data

プロビアンコ
住所:愛知県名古屋市千種区橋本町1-2 SAKURA301号室
TEL:052-734-3213

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事