ママにこそネイルサロンの開業を勧めたい!ネイルサロンオーナー鴨崎麻乃さん

3人のママでもある鴨崎麻乃さんは、上の双子の女の子の幼稚園入園を機に、ネイルサロンをオープンさせたサロンオーナーです。家事は分担制で、帰宅時間が遅い美容師のご主人には洗濯と掃除を任せ、ほぼワンオペだという子育てでもしっかりと睡眠時間を守ってがんばりすぎないということを心掛けているそうです。料理はミールキットを使うなど工夫しながら、多忙なサロンワークの合間にはカフェで1人の時間を確保するなど、仕事と家事を両立させる参考になる工夫がたくさんありました。

後編ではさらに、ママさんにこそネイルサロン開業をおすすめするという鴨崎さんに、その理由を伺いました。開業資金が比較的少なくて済むこと、オーナーであれば自分で働き方を選べるので、仕事と育児を両立しやすいといいます。仕事では少ない時間で効率よく結果を出すことを意識することで、家族と過ごす時間が増え、ご自身が理想とする家族像を実現させているそうです。

今回お話を聞いたのは…
鴨崎麻乃さん

ネイル&まつ毛エクステのサロン・LARGO新百合ヶ丘店オーナー。中学1年生の双子の女の子、5歳の男の子と、美容師の夫の5人家族。元美容師であり、出産後は女の子ふたりの幼稚園入園を機に、銀座にネイルサロンをオープンしてオーナーに。その後引っ越しに合わせてサロンも移転。美容師の資格を活かし、現在はアイリストとしても活躍している。

「ネイルサロンオーナー」はママたちにこそおすすめしたい仕事

美容師免許を持つ鴨崎さんはアイリストとしてまつ毛エクステの施術も

――ネイリストの育成や、ネイル開業スクールも行っている理由はなんでしょうか?

元々私もネイルサロンを自宅でオープンして、子育てと仕事を両立するには、いい働き方だなと思っているからです。ネイリストは、アイリストと違って美容師免許も必要ないですし、もちろんがんばって練習する必要はありますが、最初の一歩は比較的ハードルが低い職業です。そういう点でも様々な人が始めやすいのかなと思っています。

自分でサロンを経営していると、子どもの成長やライフステージに合わせて、その都度働き方を変えられるというのもメリットだと思います。今はサロンワークが忙しくて開業スクールはお休みしていますが、このようにたくさんメリットがある働き方をいろんな人がもっとできたらいいなという思いで始めました。

――鴨崎さんがネイリストになったきっかけはなんでしょうか?

元々美容師だったのですが結婚出産を機に離れて、専業主婦になりました。上の子ふたりが幼稚園に入園したタイミングで自分の時間ができ、そろそろ仕事を再開してみたいなと。夫も美容師なのでふたりで美容室を開こうかと考えましたが、当時全然お金がなかったので、開業資金が比較的少額ですむネイルとまつ毛エクステのサロンをオープンしたんです

――初めからすぐネイリストとして働いたのでしょうか?

ネイルの学校も行かず、資格も一切なく、オーナーとしてサロンをオープンしました。最初は何人か従業員の方を雇って、施術は従業員にお任せしてサロンの経営に集中していました。私は美容師免許を持っているので、マツエクだったらできるなと思い、いろんな人に教わりながらマツエクの技術を覚え、自分のオープンしたサロンでアイリストとして働き始めました。

そのうちネイリストさんを近くで見ていてネイルも楽しそうだなと興味が湧き、従業員の方たちに教わりながら、ネイリストとしても働くようになりました。ネイリストは資格が必須ではなく、かつ資格だけでは何もできないことが多いので、いまだに資格は一切ありません。ネイルサロンを始めたキッカケは、子どもとの時間だけだとストレスが溜まりやすかったので、何か育児以外で仕事ができたらなという思いからでしたね

遅い時間の施術にも家族で協力して対応。家族と過ごす時間とのバランスが大切

お子さんと過ごす時間は意識して取るようにしているとのこと

――遅い時間に予約があるときは、19時からサロンに行くこともあるそうですが。

5歳の男の子は、お姉ちゃんたちに見てもらったり、可能なときは夫に早く帰ってきてもらうなど、家族にも協力してもらっています。お客さまの年代は30〜40代の方が多く、お勤め帰りに立ち寄られる方も多いので、遅い時間のニーズにも応えるようにしています。

――仕事と育児との両立で悩むことはありますか?

どうしても仕事が楽しくなってくると、家事育児をおろそかにしがちで…。家事はある程度夫と分担していますが、育児に関しては分担というよりも、自分自身が子どもと関わっていたいという気持ちもあるので、バランスが難しく、どっちを優先してやっていこうかと悩みます

仕事の何が楽しいかと考えてみたときに、お客さまとの時間も楽しいんですが、結果が出るということがすごく楽しかったんです。それで、少ない時間で効率よく結果を出すという方に考えをシフトさせて、子どもとの時間を確保しようという考えに至りました

例えば売上に関してですが、常に単価を意識しています。基本的に、美容予約サイトの初回クーポン以外に割引をすることはありません。感謝の気持ちは、接客や技術でお返しする努力をしています。他にも、現在教育中の新人ネイリストさんがいるのですが、その方の成長もある意味結果と言えます。そのため、本人のモチベーションの波に合わせてアドバイスをするようにしています。いまいちやる気が出ていない時はひたすら見守りモード、やる気満々なタイミングを見計らってアドバイスをします。結果的にその方がかける時間が少なくても、早く成長できると思います。

飽き性でもいろんなことができて楽しい。子どもには干渉しすぎない

お休みの日には家族でキャンプに出掛けることもあるそう

――そんなお忙しいなかでも、仕事と育児を両立してよかったと思うことはありますか?

元々私の性格が飽き性なので、子育てだけ、仕事だけときっぱり分けるのではなく、いろんなことができるというのは楽しいですし、よかったと思います。上の中学生ふたりが小さかった当時から夫はずっと忙しかったので、ほぼワンオペ状態でした。24時間365日、双子に付きっきりなのが幼稚園入園まで3年間ずっと続いたので、今考えると育児ノイローゼだったんじゃないかというくらいの雰囲気でしたね。それが幼稚園入園で少し落ち着いて、サロンをオープンできました。

子どもと過ごすうえでは、あまり干渉しすぎないということを心掛けています。上のふたりは年頃というのもあって、あまり口うるさくしないようにしています。「宿題をやりなさい」とか、「何々しなさい」というのは言わないですね。

――家族の理想の形はありますか?

現状は、ほぼ理想形かなと満足しています。将来的には、子どもたちが無事自立してそれぞれ家から巣立って、夫とふたりのんびりと、仕事はしたいときにして、休みたいときに休んで、ちょこちょこ旅行に行って…というのができたらいいですね。


「LARGO新百合ヶ丘店」のオーナー鴨崎麻乃さんがネイルサロン開業をおすすめする3つの理由

「LARGO新百合ヶ丘店」のオーナー鴨崎麻乃さんがネイルサロン開業をおすすめする理由をお伺いすると、以下の3つでした。

1.資格が不要で、開業資金も比較的少なくてすむのでオープンしやすい

2.働き方が変えられるので、ライフステージに合わせて育児との両立がしやすい

3.子育てだけ、仕事だけでなくいろんなことができるのが楽しい

前向きな鴨崎さんのお話を聞いていると、自分自身の悩みも「まあいいか」と思えてくるようなポジティブさがありました。ネイリストをやってみたいと考えている子育て中の方や、ネイルサロン開業を考えている方は、参考にしてみてはいかがでしょうか。

1
2


Salon Data

LARGO新百合ヶ丘店
住所:神奈川県川崎市麻生区万福寺3-1-15
Instagram:@largokamo

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事