睡眠は10時間!ママオーナーでも工夫次第でストレス軽減 鴨崎麻乃さん

3人のママでもある鴨崎麻乃さんは、上の双子の女の子の幼稚園入園を機に、銀座にネイルサロンをオープンさせたサロンオーナーです。その後ご実家のある北海道・札幌や、現在の東京・新百合ヶ丘などへの引っ越しに合わせてサロンも移転させながら、子育てと仕事を両立させています。

家事は分担制で、帰宅時間が遅い美容師のご主人には洗濯と掃除を任せ、ほぼワンオペだという子育てでもしっかりと睡眠時間を守ってがんばりすぎないということを心掛けているそうです。料理はミールキットを使うなど工夫しながら、多忙なサロンワークの合間にはカフェで1人の時間を確保するなど、仕事と家事を両立させる参考になる工夫がたくさんありました。

今回お話を聞いたのは…
鴨崎麻乃さん

元美容師で、ネイリスト・アイリストとして、ネイル&まつ毛エクステを経営する「LARGO新百合ヶ丘店」サロンオーナー。中学1年生の双子の女の子、5歳の男の子と、美容師の夫の5人家族。元美容師であり、出産後は女の子ふたりの幼稚園入園を機に、銀座にネイルサロンをオープンしてオーナーに。その後引っ越しに合わせてサロンも移転。美容師の資格を活かし、現在はアイリストとしても活躍している。

夕食はミールキットなどをうまく活用。子供たちは自分で起きて朝食を食べてもらう

双子のお姉ちゃんたち。身の回りのことは自分でやってくれて助かっているそう

――ネイルサロンのオーナーをされながら、3人のお子さんの子育ては本当にお忙しいと思うのですが、何か工夫されていることはありますか?

食事作りの工夫をしています。夕食については、ミールキットを使ったり、簡単に焼くだけのおかず、具だくさんのお味噌汁などで済ませることが多いです。下ごしらえを先にしておくことや作り置きは苦手なのでしていません。時々はスーパーのお惣菜を買ってくることも。夫は帰宅が10時すぎなので、作っておいたものを温めて食べてもらいます。基本的にはほぼワンオペスケジュールですね。

――朝もお忙しいと思いますが、朝食はどうされていますか?

朝食は、基本的に私と下の子だけで食べます。上の双子のお姉ちゃんはふたりで起きて、自分たちで準備して食べ、学校に行きます。ご飯や納豆、トースト、シリアル、ヨーグルトなどから選んだり、残りものを温めて食べることもあります。そのため、子どもでも簡単に用意できる食材を、普段から冷蔵庫にストックしておくようにしています。上のふたりはだいぶ自分たちで色々やってくれるようになってとても助かっていますね。

仕事と育児の両立。コツは「どちらもがんばりすぎない」、「家事の分担には口を出さない」

5歳の男の子の保育園の送り迎えは鴨崎さんの担当だそう

――仕事と育児の両立で大事なのはなんだと思いますか?

とにかく育児も仕事もどちらもがんばりすぎないということ。自分の健康なしには何もできないので、体調や健康管理には気を使い、少しでも体調がよくないと感じたら休むようにしています。私にとって健康のために一番大事なのは睡眠です。普段から21時半くらいに下の子と一緒に寝て朝8時に起きるので、睡眠時間は10時間くらい。寝すぎなくらい寝ているかもしれません(笑)。

――ご主人との家事分担はどうされていますか?

洗濯と片付け・掃除は夫の分担です。夫の場合忙しいのも理由ですが、美容師で手荒れがひどいので、皿洗いなど水仕事に関しては私がやっています。散らかったものの片付け、ロボット掃除機を稼働させる前の準備や、週に1〜2回のトイレ掃除も夫です。洗濯に関しては、毎日ドラム洗濯乾燥機を1日3回フル稼働させています(笑)。洗濯物を畳むのも夫ですね。そのほかの料理、お皿洗い、ゴミ捨て、お迎え、育児全般は私です。お互いの担当の家事には口を出さず、それぞれの役割をきっちり分けています

――仕事のある日は夫婦でお話しする時間がなさそうなのですが、ご主人に話したいことや相談事があるときなどは、どうされていますか?

朝は夫の方が遅いので、私が出た後に出勤しており、仕事のある日はなかなか直接話ができません。お互い休みの日に話し合うか、時間が取れないときは、なるべく短い文をLINEで送り、伝えることにしています。付き合っていくなかで夫から「長文LINEはゲンナリする」と言われて(笑)。「長文で書かれると内容が全然入ってこないし、読むのも気が失せる」と言われたので、短文で簡潔に、相談やお願いしたいこととその理由だけをパッと伝えることにしています

喧嘩はあまりしません。喧嘩になるのはお金のことだけですね(笑)。私の方が財布の紐が緩くて、えいっと使っちゃう方なので。育児の相談はあんまりしないですね。そもそも育児について悩むことがあまりないです(笑)。上の子たちが幼稚園の頃、発表会で歌ったり踊ったりできず、なんでうちの子はできないんだろう?と思ったことがあるんです。でも本人たちはやりたくないからやらないだけで、その気持ちを押し殺してまでやってほしいとは思わなかったので諦めましたが、そのうち勝手に踊るようになりました。それからは何をするにしても、子どもたちの意思やタイミングを尊重するようにしています

休日は家族と過ごし、サロンワークの合間には1人でゆっくりできる時間を確保

美容師のご主人とはふたりでランチに行ったりお出掛けすることも

――悩みすぎないというのがポイントですね。お休みの日は何をされていますか?

休みは夫も私もお互い自由なので、できるだけタイミングを合わせてとるようにしています。1年に1回、お互いの実家がある北海道に帰省するんですが、飛行機代が高いお盆などは外してお互い休みを合わせて行くようにします。

お休みの日は、家族でお出掛けすることが多いですね。大きなテントを持っているので、キャンプに行くこともあります。ほかには、お姉ちゃんが下の子を見てくれるので、子どもたちにお留守番してもらって、夫とふたりでランチを食べに行ったりすることも

――仕事が忙しいときのストレス解消法は何かありますか?

空いた時間にぼーっとするくらいですね。性格的には断然1人の時間が大事なタイプです。本当に切羽詰まってくると、サロンワークの合間に1時間くらいカフェに抜け出して、ぼーっとする時間を確保するようにしています。それ以外では、週1回ホットヨガに通っています。


「LARGO新百合ヶ丘店」のオーナー鴨崎麻乃さんが仕事と育児を両立させるためのコツ

「LARGO新百合ヶ丘店」のオーナー鴨崎麻乃さんに仕事と育児を両立させるためのコツを伺うと、以下の3つでした。

1.夕飯はミールキットなども活用し、中学生のお姉ちゃんたちの朝食は好きなものを選べるように用意して自分たちで食べてもらう

2.家事は夫と完全分担制。洗濯や片付け、掃除などは夫に任せてお互い担当家事には口を出さない

3.休日は家族で過ごしてリフレッシュし、忙しい時はサロンワークの合間にカフェで1人時間をもつようにしてストレス解消

後編では、ママさんにこそネイルサロン開業をおすすめするという鴨崎さんに、その理由を伺いました。資格が不要で開業資金も比較的少なくて済むこと、オーナーであれば自分で働き方を選べるので、仕事と育児を両立しやすいといいます。仕事では少ない時間で効率よく結果を出すことを意識することで、家族と過ごす時間が増え、ご自身が理想とする家族像を実現させているそうです。

1
2

Salon Data

LARGO新百合ヶ丘店
住所:神奈川県川崎市麻生区万福寺3-1-15
Instagram:@largokamo

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事