女性のイラスト

あったか女子でモテパワーを全開に! 冷えとモテ調査・後編

日を追って寒くなる今日この頃、冷え性に悩む女性にとって、試練となる冬が本格的にやってきました! 温感グッズや機能性インナーなどもいろいろ発売され、冷えをなくすための努力や工夫を行っている女性も多いことでしょう。じつは、とても興味深いデータがあります。女性の体温と恋愛には、何らかの関連性がありそうだとのこと。「よもぎ温座パット」などを企画・販売するグラフィコが、女性の“冷え”と“モテ”に関する調査を実施。恋愛の観点から「パートナーへの満足度」や「セックス経験人数」、さらには男性に対して「温かい女性に対するイメージ」などを聞きました。

男性の約7割が“あったか女子”と一緒に冬を過ごしたい!

前編では、平熱36.5℃以上の“あったか女子”は36.5℃未満の“ブルブル女子”よりも“恋愛ポカポカ度”(=恋愛満足度)が高い傾向があることがわかりました。平熱36.5℃以上のあったか女子は、モテていると自覚しているのでしょうか?また男性たちは“あったか女子”について、どんな印象を持っているのでしょう?

“あったか女子”に対してポジティブな印象を持つ男性が多い。

グラフ

Q.あなたは体温の高い女性にどんなイメージを持っていますか。

男性300人に体温の高い女性へのイメージを聞いたところ、2位以下を大きく引き離し、「温かそう」(45.0%)が1位に。やはり体温の高さは”あったか”の印象に繋がっているようです。2位以下も「健康的である」「活動的である」などポジティブなイメージが上位にランクインしました。

ひと肌恋しい冬は、やっぱり“あったか女子”と過ごしたい!

グラフ

Q.あなたは体温の高い女性にどんなイメージを持っていますか。

体温の高い女性と冬を過ごしたいかの質問に対して、「とてもそう思う」「そう思う」「まあまあそう思う」合わせて68.0%。やはり寒い冬を”あったか女子”と一緒に過ごしたいと感じている男性は多いことがわかりました。

グラフ

ちなみに、寒い冬に抱きしめて寝たい女性芸能人は、第1位「新垣結衣」、第2位「綾瀬はるか」、第3位「石原さとみ」となりました。テレビドラマや映画などでお馴染みの人気女優が上位を占めました(上のグラフ参照)。

しかし、なかには柳原加奈子や渡辺直美などの名前も。ぼっちゃ女子=体温が高い“あったか女子”のイメージがあるのかもしれませんね。

あったか女子は自分がモテていると自覚している?

一方、平熱36.5℃以上の、あったか女子は自分自身でモテていると思っているのでしょうか?

Q.あなたは自分が「男性からモテる」と思いますか。

グラフ

グラフ

男性からモテると思うかを聞いてみると、36.5度以上の“あったか女子”は「とてもモテていると思う」「モテていると思う」「まあまあモテていると思う」合わせて32.0%。約3割の人が「モテている」と実感しているようです。

一方で36.5度未満の“ブルブル女子”のモテている実感も同率。”モテ”の自覚には大きな差はないようです。

でも、よ~く見てみると、“あったか女子”の中には、とてもモテていると思う人が2%(“ブルブル女子”は0%)。まったくモテていないと思うが23.3%(“ブルブル女子”は26.0%)いて、“あったか女子”の方がモテまくっている、それほどモテていないけどそんなにモテないわけでないと思っているようです。

“あったか女子”は自分がモテていると思っている自信家さんが“ブルブル女子”より多いようです。そこで、続いてこんな質問をぶつけてみました!

Q.あなたは複数の異性と交際したこと(二股)がありますか。また、最高で何股までかけたことがありますか。

グラフ

グラフ

複数の異性と同時に交際する「二股」の経験は、全体で26.3%の女性があると回答。

1/4以上の女性に「二股」の経験が、さらに4.7%の女性に「3股以上」の経験があるということがわかりました。

平熱別集計で見ると【36.5℃以上】【36.5℃未満】で大きな差はなかったものの、「3股以上」の回答率は【36.5℃以上】が【36.5℃未満】を上回りました。

複数の異性との交際の良しあしは置いといて、“あったか女子”は積極的(?)に恋愛を楽しんでいるみたいですね。

実は、平熱が高いということは女性にうれしいメリットが。●太りにくい体温が高いと、基礎代謝量が増えます。基礎代謝がいいと普段の生活でエネルギーをたくさん消費でき、太りにくい身体になれるのです。

●風邪をひきにくい

体温が高めの場合、体内の様々な免疫機能が活発化するため、病気に対する免疫力が高く、風邪などの病気にかかりにくくなります。

その一方で、あったか女子は、体温との差が大きい冬は寒がりになりやすく、冷えを実感しやすいと言うデメリットも。

冷えしらずの平熱36.5℃以上の“あったか女子”になるためには、身体を芯から温めることが大切です。冷たい飲み物はできるだけ避け、温かい飲み物をとるようにしましょう。

入浴もシャワーですませず、湯船に浸かって体の芯まで温まること。

食事も体温に大きな影響を与えます。大根やこぼうなどの根菜類や、ネギやショウガなどの薬味は体を温める効果があるので、積極的に摂るように。

外に出かけるときは防寒対策をバッチリと。カイロを使う場合、首の後ろを温めると寒さを解消できます。マフラーに貼れば簡単に首の後ろを温められますよ。

下半身の冷えが気になるなら背骨の下部にある三角形の骨・仙骨あたりを温めて。さらに、よもぎ温座パットを使って下腹部をじかに温めるのも効果的です。

食事も体温に大きな影響を与えます。大根やこぼうなどの根菜類や、ネギやショウガなどの薬味は体を温める効果があるので、積極的に摂るように。

いかがでしたか? 平熱36.5℃以上の“あったか女子”は、平熱36.5℃未満の“ブルブル女子”よりも“恋愛ポカポカ度”(=恋愛満足度)が高いことがわかりました。

さらに「体温の高い女性と冬を一緒に過ごしたい」と思う男性も約7割も!女性にとって、寒い季節の恋愛は“あったか女子”になることがひとつの必勝法と言えるかもしれませんね。

資料提供/株式会社グラフィコ

【調査概要】
調査方法:インターネットによるアンケート記入形式
アンケート対象:全国の男女・20歳~29歳
有効回答数:600人
(男性:300人/平熱36.5℃以上の女性:150人/平熱36.5℃未満の女性:150人)
調査実施日:2013年11月26日(火)~2013年11月27日(水)
調査機関:株式会社グラフィコ
●株式会社グラフィコURL :http://www.graphico.co.jp/
●優月美人 ブランドサイト:http://www.yomogi-bijin.jp/

平熱36.5℃以上の女子は、恋愛ポカポカ度も高い! 冷えとモテ調査・前編 >>

この記事が気に入ったら
いいね!してね

女性のイラスト
この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事