美容業界の応援メディア
学び・キャリア 2016-09-01

卒業後の進路について。将来、どうなりたい?どう生きたい?学生たちの生の声をお届け! たかの友梨美容専門学校#5

オシャレな人たちで賑わう原宿のメインストリームから、少し離れた閑静な場所にあるたかの友梨美容専門学校。美容師科とエステティックセラピスト科からなり、就職率は100%。業界のみならず一般にも有名な講師陣がズラリと揃い、授業体制はバッチリ! しかも少数クラスだから細かいところまでしっかりと教えてもらうことができる。

そんなたかの友梨美容専門学校を全6回に分けて徹底リポート。5回目は学生のみなさんの進路や将来の目標についてのお話です。美容界を背負う“たまご”たちがどんな未来像を描いているのか。真剣にいろいろ考えていて、今の若者って捨てたモンじゃない!

学生たちのリアルをお届け!たかの友梨美容専門学校
美容師科2年 永山紗耶華さん

「今の目標は、もっともっと技術を吸収して、美容師国家試験に合格することです。ここを絶対にクリアして、卒業後は自信を持って働きたいです。進路先はもう決まっています。世田谷の美容室で働くことになっています。そのお店はトータルビューティをコンセプトに掲げていて、ヘアだけでなくネイルやエステにも力を入れています。お店の方たちは美容師であり、ネイリストであり、エステティシャン。ひとつのことに限定せず、いろいろなことができて生き生きと働いています。私が美容の道に進むきっかけとなったネイル、その延長線上で興味を抱いたヘアデザインが両方ともかなう場所です。授業ではエステの実習もあるので、勉強したことすべてを活かせる環境に就職できたと思います。はやく先輩たちと同じような立場になってがんばりたいと思います。その先はまだなんとも言えませんけど、ヨーロッパで働きたいという希望もあります。先生によると、日本の接客は評価が高いらしいです。自分がそこで通用するかどうか試してみたいです。そしてやがては自分のお店を持ちたいと思っています」

学生たちのリアルをお届け!たかの友梨美容専門学校
美容師科2年 京極由樹さん

「僕はOCEAN TOKYOというヘアサロンでアシスタントをしている方にずっと憧れていて、いっしょの職場で働きたいと思っていました。その方はYoutuberとしても人気で、大学を出たあとに美容専門学校に通ったんですが、その頃からすでに有名でした。先日、OCEAN TOKYOの面接を受けてきました。1次試験は誰でも受けられるということで、行列ができるぐらいすごい人数が受験したんです。僕も早朝から並んで受けましたが、見事に落ちました(笑)。合格するのは並大抵のことではないと分かっていましたが、やっぱり悔しいです。今後は違うヘアサロンの面接を受けますが、いつかその方をいっしょに働きたいという夢はずっと持ち続けていきたいと思います。僕はメンズのヘアスタイリングが得意なんですけど、女性の髪についてはまだまだだと思っています。女性のヘアアレンジやカットをもっともっと練習して、男性にも女性にも強い美容師になりたいです。そしてお客さまのリクエストに100%応えられるようになって、たくさんの人を幸せにしてあげたいです」

学生たちのリアルをお届け!たかの友梨美容専門学校
エステティックセラピスト科2年 齋藤 藍さん

「『あなたに技術をやってほしい』とか『あなたとだったらお話をしたい』と言っていただけるような信頼されるエステティシャンになるのが夢です。そのためには得意なことも苦手なことももっと一生懸命勉強して、がんばりたいと思っています。プロフェッショナルな観点からは、学校の先生たちのようになりたいです。先生方は優しさと厳しさを両方きちんと持っていて、親身になって指導してくれます。私たちのために言ってくれているということが伝わってくるので、これから後輩ができたとき、先生たちのように接していきたいと思います。最後に、エステティシャンとして将来やってみたいことは、自分でオリジナルのコースを作成したいです。まずは、今までたくさん迷惑をかけてきた母のためにメニューを作り、母の肌を施術してあげたいと思っています」

学生たちのリアルをお届け!たかの友梨美容専門学校
エステティックセラピスト科2年 小嶋唯衣子さん

「スマートで洗練された容姿や技術を持つ。常に目標を持って精進する。生命のエネルギーに満ちあふれ人を引きつける。この3つを兼ね備えた“粋な”エステティシャンになるのが夢です。また、仲間とともに支え合い、すべてに感謝できるような美しい内面も身につけたいと思っています。もう少し近くて具体的な目標となると、1つ目はセラピストコンテストに出て金賞を取りたいです。2つ目は、卒業後たかの友梨ビューティクリニックに入社しますが、3年後には、スタッフもお客さまも愛を持って癒やすことができる店長になります。3つ目は、そのときにスタイリスト、ネイリストなど、さまざまな美容業界の方と協力して、今までにない新しい取り組みができたらいいなと思っています。どんなときでもやればできると励ましてくださる先生方と出会えて本当によかったです。『難しいとは新しい』という意味だと気づかせてくれて、この言葉でどんなことも前向きにチャレンジできるようになりました」

みなさん恥ずかしそうに夢を話してくれたけど、しゃべっている最中はどこか楽しそうでした。ぜひとも夢を実現させてください! 最終回となる6回目は、たかの友梨美容専門学校が独自に力を入れるモチベーションテクニックの授業についてお伺いします。果たしてどんな内容なのでしょうか?

お客さまの“なりたい”を実現させるカウンセリング術を学ぶ! たかの友梨美容専門学校#6 >>

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事