美容業界の応援メディア
コラム・特集 2016-10-06

SHINO interview#2:日本を知っていないと『あなた誰?』と世界から言われてしまう。だから今は日本人“SHINO”を構築している

――生徒さんに教えるにあたって、気をつけていることはありますか?

「生徒さんは何を学びに来ているのか。美腰エクササイズを学びたくて来ていますので、そこを絶対に外さないようにしながら、押しつけるようなことやその人が望んでいないことは言わないようにしています」

――教えてあげたいと思っても、グッとこらえる場面もあるということですか?

「最初は全部教えていたんですね。まったくの初心者にプロの人にしか教えないレベルのものも伝えていました。美腰の専門家になりたいと思っている人たちにはよかったんですが、そうじゃない人には重いんですね。私は美腰エクササイズの講師、たかが一講師なんです。生徒さんたちがいて、学びにきて帰っていく。それ以外のものを求めてはいけない。その人が、体型が変わってきたときに喜ぶ。それだけで十分なんですね。ですから、決して上から目線では言わないですね。そのほうがカリスマ性が出るからそうしなさいよって言う人もいるんですが、そうではなくて、一度でもこの人のお役に立とうと思うのならば、もっと大切なこと、根本的なコアな部分を教えてあげることのほうが重要なんです。それがいつか、その人に役に立つだろうと信じてやっています」

SHINOさん

――上から目線にしたほうがいいという話があったんですか?

「そうですね。でもね、生徒さんから教わることっていっぱいあるんです。教えるというのは、巡り巡って自分のためでもある。学ぶことが山ほどあるので、上から目線なんてとてもできないですね」

――SHONOさんはアルファベット表記ですが、そのようにしたきっかけを教えてください。

「もともと九州から東京に出てきて、東京に来ただけで成功すると信じていました。田舎の人ですから(笑)。だけど、すぐには成功しない。私は松下幸之助さんが好きで、当時、PHP研究所から出版されている松下幸之助さんの本に向かって『先生、私、美腰エクササイズの本を出したいんです』と叫ぶようにお願いしたんです。そしたら不思議なことに、なんのツテもないのにPHP研究所から本を出しませんかって依頼が来たんです。本当なんですよ。それで本を出させてもらい、そのあとに『しっとこ!』という番組に出演させていただいたときに、ある芸能人の方から『君はすごいよ』って褒めていただいたんです。そのときはまだフルネームでやっていたんですが、その方が名前を覚えられなかったみたいで、何度も“しの”でいいですかって。それをきっかけで自分の名前って一般的に覚えづらいのかなって思い、名字を取ってアルファベットでSHINOにしようと思ったんです。だから初めて出した本はまだフルネームですが、2冊目からはSHINOになっています」

SHINOさん

――SHINOさんはトータルで21冊を出版し、自身がプロデュースした『美腰スタイル 骨盤ゆるしめスッキリショーツ』も好調だと聞きます。これからやってみたいことはありますか?

「かつてテレビで世界を目指したいと言いましたけど、いろいろと調べていくとまだその時期ではないと思っています。早い遅いではなくて、時期が来たときが時期なんだと。自分の時期が整ったら、たとえ力が足りなくてもチャンスは向こうから必ずやってくると思います。世界はそんなに甘くない。それまでは、日本らしさだったり、私とは何者かということをしっかり考えていきたいと思います。日本という国に生まれた私が、世界を目指すにはまずは日本をちゃんと知って、日本をベースに発信していかなければ、『あなた誰?』 って言われると思うんですね。今は、それをシンプルに私らしく構築しているところです。そのほかで言うなら、ものづくりには興味がありますね。教室は人数に限りがありますが、プロダクトならみなさんに届けることができますよね。おかげさまでショーツは売れましたが、そういう企業さんがいたらタイアップして、美腰のスタイルを作り出すストッキングやレギンスなどを作ってみたいです。食事についても考えています。『先生は細いけど、どんなダイエットをしているの?』とよく聞かれるんですね。私は全然していないんです。みなさんダイエットをするときに、何を食べたら太るのかって考えるでしょ。私は“何を食べなければ太るのか”という発想で食べているです。食べ方のコツですね。それが分かると、食べることへの恐怖がなくなるんですね。そういうこともチャンスがあれば、たくさんの方に伝えたいです。みなさんが本当に欲しがるものはシンプルで、結果が出せて、納得できるもので、ワクワク感があるもの。特に女性は夢がないとダメなんです。夢が見られないものは意味がない。そこのところをちゃんと実現できるようにしたいですね」

SHINOさん

――最後に、美腰エクササイズをとおして伝えたいことがあるとすれば、どういうことでしょうか?

「美腰エクササイズは女性を対象にしてきました。年齢は関係ないです。20代の人もいれば、80代の方でも習いに来てくれました。今やれることを一生懸命やるということが一番大切だと思います。いくつになってもキレイに線引きはないんですね。キレイになりたい、キレイでいたいというなら、それらを続ける努力をしてほしいですね。美腰エクササイズも1回やったからいいということではないんですね。続けるから成果が出る。お金や経済力ではないです。そうなりたいかどうかなんだと思いますね」

――ありがとうございました。

Profile

SHINOさん

SHINOさん

美容・美腰研究家
出身地・福岡県
美腰コーポレーション代表取締役

出産後の体重増加の体験から、骨盤の歪みに着目。その問題を解決すべく美腰ダイエットを考案。産じょく体操、ストレッチ、ヨガ、整体などをヒントに、昭和61年より骨盤の歪みを直す体操や呼吸法、リラクセーション音楽、カラーを取り入れたオリジナルの美容体操をカルチャースクールなどで教えはじめる。またラジオ番組のパーソナリティーを経験したり、『美腰スタイル 骨盤ゆるしめスッキリショーツ』をプロデュースするなど、多方面で活躍。テレビや雑誌などの出演も多数で、出版物は21冊にのぼる。

SHINO 美腰スタジオ-STUDIO CUTE

http://www.bikoshi-studio.com/

SHINOさんのオフィシャルHP

http://www.bikoshi.com/

テレビ出演

『おしゃれ工房』(NHK)
『スタジオパークからこんにちは』(NHK)
『ソロモン流』(テレビ東京)
『ラジかるッ』(日本テレビ)
『メレンゲの気持ち』(日本テレビ)
『アナ☆パラ』(日本テレビ)
『明日使える心理学!テッパンノート』(毎日放送)
『しっとこ!』SBS静岡放送
『中居正広の金曜日のスマたちへ』(TBS)
『レディス4』(テレビ東京)
『情報プレゼンター とくダネ!』(フジテレビ)
『あっぱれ!! さんま大教授』(フジテレビ)
『ハピふる!』(フジテレビ)
『Hana*テレビ』(北海道放送)

監修商品

SHINO 骨盤ゆるしめスッキリショーツ
SHINO 骨盤ゆるしめスッキリショーツ[ロングタイプ]

出版書籍

『やせる!腰回しダイエット』(マキノ出版)
『SHINOの美脚&美腰 Wダイエット』(廣済堂出版)
『「いいこと」が次々と起こる腰回し!ダイエット』(王様文庫)
『[新装版]美腰エクササイズ 』(PHP研究所)
『1日5分!やせる「腰回しダイエット」』(マキノ出版)
『Shinoの「美腰」でハッピー!』(廣済堂出版)
『美腰ダイエット―1日5分でくびれボディ (DVD付)』(幻冬舎)
『下半身からみるみるやせる腰回し!ダイエット』(王様文庫)
『「SHINOの奇跡が起こる美腰☆生活』(KKベストセラーズ)
『クビレがよみがえる美腰エクササイズ』(PHP出版)
『絶対!運がよくなるミラクル美腰生活』(PHP出版)
『SHINOのナチュラル美腰メイク』(祥伝社)
『SHINO流ダイエット恋する美腰―1日5分のエクササイズ&1週間のビューティ・レシピ』(光文社)
『美腰 癒しの寝ながらダイエット』(PHP出版)
『脚やせ 美腰ダイエット (DVD付)』(幻冬舎)
『Shinoの「美腰」ハッピー!』(廣済堂出版)
『1 日5分! 美腰ベルトでおなかやせSHINOオリジナル【美腰ベルト】付』(ビジネス社)
『1 日5分! 美脚クッションで下半身やせSHINOオリジナル【美脚クッション】付』(ビジネス社)
『天運力』(ビジネス社)
『SHINO式美腰ブレスダイエット』(KKベストセラーズ)
『10歳若返る!美腰エクササイズ』(青春出版社)

SHINO interview#1:私には『美腰エクササイズ』しかなかった。だからまい進するだけだった>>

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事