18_019_kozu1-min

ライフオーガナイザーこずこずさんに聞く、居心地の良さの作り方 #1

忙しい日々。仕事から帰ると我が家が一番ホッとする空間だと思います。でも実際は、いらないものであふれていたり、「あとで何とかしよう」などと思い、何日も出しっぱなしにしているものなどがあったりで、イラッとしてしまいませんか? 

そんな時に、シンプルに物事を考え、居心地のいい暮らしを提案してくれるのがライフオーガナイザーです。ライフオーガナイザーとはアメリカ生まれの「片付け術」。住まいで言うならば、必要なものがササッと取り出せ、散らかってしまってもすぐに戻せ、快適な状態が自然にキープできる、ストレスのない収納と片づけやすいシステムをつくる技術です。
これは、“美”に携わる人なら、ぜひ、修得したいワザ!と言えます。

今回は、ライフオーガナイザーの資格を持ち、実際にご自分の生活空間を上手にオーガナイスしている「こずこずさん」のお部屋の紹介。この居心地良さを参考にしてくださいね。また#2では、サロンでも実践できるコツを伺っていきます♪

42㎡1LDKのお部屋で過ごす夫婦での快適な暮らし

昨年こずこずさん夫婦は42㎡1LDKの部屋に引っ越しをしました。それを機に不要なものは処分して新しい部屋では好きなものに囲まれて暮らそうと思ったそうです。

「部屋は狭いですが、その中で、自分が幸せと思えるようにと日々生活しています。狭いから、ものがあふれて片付かない…なんて悩みは無用でしたね。かえって、これからもっと不要なものを減らすか、どうやって好きなものに囲まれて暮らすかなど、楽しい気持ちが大きいですね」とこずこずさん。

「狭いからと言ってあきらめず、シンプルに暮らすことを優先するようにしています」とのこと。こずこずさんのお部屋は白が基調。スペースを多く取る家具を白で揃えたり、家電や、カーテン、かける布も白に。白を基調にすることで、部屋が広く明るく見え、ナチュラル系の素材やモダン系とも合わせやすいと言うのも特徴です。また白は、汚れてしまいがちと思ってしまいますが、すぐ拭き取れたり、洗える素材を使ったりすれば、“汚れが目立つから”と掃除をマメにするメリットもあるわけです。

家電
家電も白を基調に揃えています。

日々の生活で出来る小さな工夫

そんなこずこずさんが日々行っている、すぐにできる小さな工夫から紹介します。

「まずは、ファイルボックス!必要なものの収納は、お気に入りのファイルボックスを使っています。奥行と色が同じなら違うボックスでも気になりません。また、すぐに引き出せるようにしてあり、布で隠して見えない収納にしています。作りが頑丈なので日用品の収納や仕切りなど色んな方面で活用できます」

「引き出しの中の収納も同じ入れ物に入れています。今まではバラバラで、買ってきたままのものを使っていました。違う種類のものを並べていても統一感はないと思い、容器を統一してみました。中身をわかりやすく上にラベルを貼って、引出しをあけても何があるか一目瞭然です。お部屋やキッチンに無造作に置いていても入れ物が揃っているのでインテリア感覚で楽しめます。すぐに何かどこにあるかわかるだけでイライラは半減します」と、こずこずさん。大切なサロンで使う道具を入れてもいいですね!

収納BOX
収納BOXは奥行と色を同じにするだけでスッキリします。
食器
引き出しを開けた時に上からもわかるように名前ラベルを貼って

自分好みの空間は ゆっくりと時間が流れます

小さなお部屋でもソファーは置けます。(TOP写真) こずこずさんのお気に入りの白いソファーは、くつろぎ方の下手なこずこずさんが、唯一、副交感神経が優位になるスイッチのような存在だそうです。

「ソファーの後ろの棚は、バッグ作成の道具と生地の在庫などが入っています。キツキツに詰めず、ゆとりを持たせて収納。棚の一番上はバスケットを入れて常に空きスペースを持たせてあります。狭い家にもこうしたゆとりは必要です。

引っ越しする前は42㎡ってどれだけ狭いのだろうと身構えていました。それがいざ暮らしてみて、案外広いことに気が付いたのです。最近ではもっと殺風景に…とも思うこともしばしば。持たない暮らしを心掛けていますね!」

トートバッグ作家でもあるこずこずさんは、時間があればバッグ作りに励む日々。
「バッグ作りの時は、部屋が狭いので、普段は使っていない折り畳みデスクを2つダイニングテーブルにくっつけて作業します。この部屋に引っ越してきてから、ずっとお休みしていたバッグ作りの意欲と楽しさが戻ってきました」

“部屋が狭いから片付かないではなく、その中でいかに楽しく、自分なりに暮らしていくかが大切なこと”。美に携わる人なら、この片付け術のノウハウ、ぜひ、修得したいですね。次回の#2では、サロンですぐに実践できるコツを伺っていきます。

取材・文/いけだゆきこ
写真/こずこず

こずこず

こずこず

2016年、狭い家への引っ越しを機に、ライフオーガナイザーの資格を生かし、シンプルで楽しい生活を実践。現在はお仕事をしながらトートバッグ作家しとても活躍中。この素敵なバッグもぜひ、チェックを。

こずこずさんの作品は:https://www.creema.jp/c/tastasbunga/item/onsale
インズタグラム:@ kozu_tani_inside

こずこずさんに聞く、サロンで実践できるオーガナイズのコツ #2>>

この記事が気に入ったら
いいね!してね

18_019_kozu1-min

この記事をシェアする