美しさが元気を作る!吉田小百合さんが創る鍼灸サロンのかたちとは #1

美しさが元気を作る!吉田小百合さんが創る鍼灸サロンのかたちとは #1

「鍼灸院」! モアリジョブの読者の方の中には、鍼灸師を目指す方も多いと思いますが、そうでないみなさま、「正直、鍼灸院って美容業界とは違うジャンルだよね」って思ってません?
確かに、一般的な鍼灸院というと、カーテンで区切られた狭い空間で肩こりや腰痛に悩む人々が順番に施術してもらう、そんなイメージでしょうか?でも、最近は少し違うんです。吉祥寺で“美の力”にこだわる「鍼灸Salon Lilium」を営む吉田小百合さんに、インタビューしました。

こだわり・その1=エステサロンのような上品で落ち着く空間

鍼灸Salon Lilium

おしゃれな街、吉祥寺。繁華街を抜けて瀟洒な住宅街の一角に、「鍼灸Salon Lilium」はあります。

マンションのドアを開けると、シャンデリアと真っ白なソファがお出迎え。ブラウンを基調としたふた部屋続きの広いフローリングの部屋の奥には、ステンドグラス風の装飾がされた天窓から光が差し込んできます。そして部屋の中央には、ホルミシス効果のあるシートが敷かれた1台のベッド。
そして、化粧直しができる鏡台やタンスなどのインテリアは、アンティーク調。とにかく、高級エステティクサロンに来たんだっけ?と思ってしまう空間なのです。

「お客様にリラックスしていただきたくて、室内のイメージにはとってもこだわりました。アンティーク調は昔から大好きだったんですよ。確かにあと1つや2つはベッドを置けるスペースはあるんですけれど……、隣で人が寝ている気配って落ち着きませんよね? ですから完全予約制にして、なるべく、待ち時間も重ならないようにしているんですよ」

そう、オーナー兼鍼灸師の吉田小百合さんは言いますが、これだけの空間を独り占めとは……。初めて訪れたお客様はみなさん、驚かれるそうです。
でも、こだわりはそれだけではありません。

こだわり・その2=アロマもヒプノも、良いものは何でも取り入れる

吉田さん

待合室のソファに座ると、アンティークなテーブルにハーブティを出していただきました。見ると、正面の棚にはそのドリンクが数種類あって、いずれも体の悩みに答えるような効果が書かれています。他にも、家庭でできるお灸や置き針などの商品が……。

「もともと販売する気はなかったんです。でも、自分が試して良かったものをサービスでご提供したり、施術中に使ったら、お客様が欲しいとおっしゃるようになって、少しずつ増えちゃいました」

それでも、そういった商品は“体にいいもの”だし、テーブルにはツボや経絡がびっしり記された人形もあって、鍼灸院らしいといえば鍼灸院らしいんです。

でも、治療メニューには、美顔や美髪コース、アロマや催眠(ヒプノセラピー)まで書かれていて、本当にここは鍼灸院なの?という感じ。

「もちろん、鍼とお灸がメインですよ(笑)。でも鍼って、やっぱり慣れていないと怖いし、緊張しますよね。それに、鍼灸院にいらっしゃる方はみなさん何かしら、体に痛みやツラさ、メンタルにストレスを抱えていらしゃるんです。ですから、まず体の緊張をほぐし、心からくつろいでいただくことが、鍼にとっても大切なことなんです」

こだわり・その3=常に新しいものを取り入れる努力は欠かさない

鍼灸Salon Lilium

空間づくりも、アロマも、リラックスしていただくためという小百合さん。でもそれって、アロマも催眠療法も、心理学まで学んできたということ。
鍼灸の勉強だけでも大変ではなかったのでしょうか?

「鍼灸って本当に奥が深くて、プロになっても、何歳になっても勉強が必要なんです。鍼はあらゆる疾患にも効果が実証されているし、私も一時期は、これでどんな人でも治してあげられるという気になっていたこともあるんです。でもそれは大変な奢りだと気付きました。鍼灸でできるのは、治すことではなくて、ご本人が自分で治そうとする力にサポートすること。そのためには、メンタル面でのサポートも必要なんです。リラックスしていただくこと、心地よいと感じていただくようにすることも、その一環です」

特に、最近、取り入れたという催眠療法(ヒプノセラピー)は、マイナスの感情をポジティブにして、自分自身を受け入れていくことに効果があるとか。

「これまでも、施術前にはじっくりとお話を伺って、ご本人の抱える痛みやツラさの根源を探求するようにしてきましたが、中には、眠れないほどストレスを溜めている方、交感神経が優位になりっぱなしで休まらない方もいるんです。アロマも効果的ですが、もっと何かないかと思って、ヒプノセラピーを学びました。ご自身の抱えている悩み、心の声を聞き、ご自身を受け入れるようになってから鍼を打つと、本当にスーッと入っていくんです」

鍼って、メンタルの状態次第で効きが違うんですね。不思議です。

こだわり・その4=美しさが元気を作る

 

吉田さん

鍼に美容効果があることは、最近よく知られるようになってきました。「鍼灸Salon Lilium」もそういう美に関心の高い女性のお客様が多いかと尋ねたところ、小百合さんはそうではないといいます。

「最近は、男性も多いんですよ。鍼は顔にも打てますし、鍼を打つと血流が良くなるので、顔色が良くなり、目がぱっちり開いて、表情も明るくなります。肌のハリやたるみの改善にも効果はあるし、もちろん髪の毛にもいいんですよ。ですから、最初はそれを目的にいらっしゃるお客様も多いです。でも……」

でも、それは体が良くなった結果だと、小百合さん。

「鍼灸をはじめとする東洋医学は、西洋医学のように悪いところだけを治療するのではなく、その人全体を観るところから始まります。血流だけでなく、その方の免疫力を上げ、細胞を元気にする作用を持つ鍼灸は、表面的な美しさじゃなくて、心身から美しくなれるのがいいところなんです」

つまり、肩こり解消目的でも、美顔目的でも、その人をトータルに改善させることに違いはないのだそうです。

「でも、“健康になったから美しくなる”だけではなくて、“美しくなったから元気になる”というところも大きいんです。美しくなって喜ばない人はいません。男女も年齢も関係なし。きれいになることは、自信にもつながるし、エネルギーにもなるんです。そこから、もっと体が元気になればいいですよね」

実は小百合さん、サロン経営の傍ら、母校の鍼灸専門学校で講師のお仕事もしています。

#2では、そんな小百合さんが開業に至るまでのお話と、これから鍼灸師を目指す人に向けたメッセージをお届けします。

写真・文/橋本弥司子(あどわいず)

Profile

吉田さん

吉田小百合さん

鍼灸師 /鍼灸Salon Lilium院長
東京都出身。第三子の出産時に代替医療のホメオパシーと鍼灸に出会い、計7年間の学びののち国家資格を取得。吉祥寺にサロンを開設する。優しい鍼を基本に、美と健康と心のトータルケアを提供する一方、日本医学柔道整鍼灸専門学校で後進の指導にも当たっている。

   

Salon Data

鍼灸Salon Lilium

吉祥寺/鍼灸Salon Lilium

営業時間 9:30 ~ 18:30(予約制)
0422-77-3499
http://salon-lilium.com
催眠鍼灸のサイト
http://www.saiminhari.com

Information

催眠鍼灸のサイト
http://www.saiminhari.com

学校法人 日本医学柔整鍼灸専門学校
http://www.jusei-sinkyu.com
03-3208-7741

※11/12 開業応援セミナー「自己資金0で鍼灸院を開業する方法」開催
お問い合わせはinfo@salon-lilium.comまで

鍼灸師として美しく輝く!吉田小百合さんが創る鍼灸サロンのかたちとは #2>>

この記事が気に入ったら
いいね!してね

美しさが元気を作る!吉田小百合さんが創る鍼灸サロンのかたちとは #1

この記事をシェアする