美容業界の応援メディア
コラム・特集 2017-10-16

リアルからネットまで!美容師の多種多様な集客方法をご紹介!

美容院を経営していくためには集客が欠かせません。しかし具体的にどう集客したらよいかわからない、どんな集客ツールが効果的なのか判断できないという美容師もいるでしょう。美容師が集客をする方法としては、クーポンやポイントカード、フリーペーパーなどの紙媒体を使用する方法とホームページやブログ、SNSなどのネットを使う方法があげられます。そこで、これらの集客ツールについて詳しくお伝えします。特にSNSを使った集客はトレンドとなっているので注目です。

ネットを使わずリアルで行う集客方法

美容師の基本的な集客方法としては、ネットでの集客とネットを使わずリアルで集客を行う方法があります。まずリアルで集客する方法について2つご紹介します。1つ目は、チラシを利用する方法です。折り込みチラシを利用するメリットは、即効性があることです。地域に根差した美容院を経営している場合にはチラシは効果を発揮する可能性が高いでしょう。もちろん、チラシは美容院にまったく興味のない人にも渡ることになりますので、反応率はそれほど高くありません。1000枚配って1人程度の反応率だともいわれており、3人反応があれば相当高い反応率だということは理解しておいた方がよいでしょう。また、チラシの内容も工夫する必要があります。意識すべき点は希少性と顧客の声、キャッチコピーそして写真です。希少性については顧客を限定してお得感を出すことがポイントです。

例えば、人数限定や時間限定、期間限定などで「行かないと損だ」と思ってもらうことが重要です。無料プレゼントなどを企画してその情報を載せるのもよいでしょう。また、顧客の声を載せるのも効果的です。単にお店の宣伝文句だけを並べるよりも口コミがあった方が信ぴょう性は高くなります。キャッチコピーも大切なので、パッと見ただけで訴求ポイントがわかるコピーを考えましょう。写真は視覚に訴えたくさんの情報を一度に伝えることが可能になります。写真の良しあしが反応率に大きな影響を与えますのでチラシに載せる写真は慎重に検討したうえで選ぶようにしましょう。

2つ目は、地方紙や専門誌、クーポン雑誌そしてフリーペーパーなどの紙媒体を活用する方法です。若い世代の反応はあまり期待できない可能性がありますが、地方などで高齢者を主な顧客にしている場合などは一定の効果が認められるはずです。有名なフリーペーパーに広告を出すとそれなりのコストがかかりますが固定読者もついているので費用対効果を見ながら紙媒体を選んでみるとよいでしょう。

新規顧客開拓だけでなくリピートを促す集客方法

集客方法を検討するうえで重要なポイントとしては、新規顧客開拓だけではなく、リピート客を意識して集客を行うこともあげられます。新規顧客の獲得に成功したとしても、リピート顧客になってもらわなければ安定した経営を続けていくことはできません。せっかく新規来店してくれた顧客でも、リピートを促さなかったために他の美容院に流れてしまうこともあります。一度離れてしまった顧客を取り戻すのは大変ですので美容師としてもリピートしてもらうことを強く意識して集客することが大切になります。リピートを意識した主な集客方法としては3つあげられます。

1つ目は、ポイントカードの発行です。古典的な集客ツールではありますが長い間生き残ってきた有効な方法ですので積極的に使うべきでしょう。ポイントを貯めよう、使おうという意識が強い人はリピートしてくれるようになるはずです。また、ポイントを付けることによって定価の値下げを防ぐという効果も期待できます。ポイントカードも1種類ではなく、グレードを3つぐらいに分け、通えば通うほどポイント付与率が上がるなどの工夫をするとよりリピート効果が高まるでしょう。

2つ目は、お礼状の送付です。新規の顧客へのサービスが終わったらお礼状を出しましょう。手書きのお礼状が効果的です。お礼状をもらって気分が悪いという人はほとんどいないでしょう。「あの美容院へまた行ってみよう」「あの美容師にまたやってもらおう」という気になってもらえる可能性を高める効果的なツールなので積極的に活用しましょう。

3つ目は、ニュースレターの発行です。お礼状を送るのも効果的ですが、1度来店した人に対して何度もお礼状を送るのは不自然になってしまいます。そこでおすすめなのが、ニュースレターの発行です。新規で来てくれた人だけでなく、すでにリピートしてもらっている人に対してもニュースレターは役に立つツールです。リピートしてくれない理由の1つとしてはその美容院や美容師の存在を忘れているということがあげられます。美容院の近況やキャンペーンなどの情報が載っているニュースレターを発行すればリピート需要の掘り起こしにつながります。

コストを抑えてネットを使う集客方法

美容師にとって、ネットは強力な集客ツールになります。特に重要なツールがホームページです。ホームページは24時間働いてくれる優秀な営業としての役目を果たしてくれます。そして単なる集客ツールではなく、ネット上の入口の役目も果たします。ネット検索で美容院を見つけてコンセプトやアクセス、料金などさまざまな店舗の情報を調べたり、店内写真やヘアスタイル写真を見て自分に合ったお店かどうかを判断したりします。ホームページはアプリケーションソフトを使えば自作もできますが、自作したものはどうしてもチープな感じになってしまいがちです。ホームページは美容院の顔でもありますので、一定の予算を組んでプロにしっかりとしたものを作ってもらった方がよいでしょう。コンテンツとしては、コンセプトやメニュー、料金、アクセスや問い合わせ先といった基本情報はもちろん、どんな美容院かがイメージしやすくなる情報も載せるようにしましょう。例えば「スタッフの紹介」や「お客様の声」「トピックス」などのコーナーを設けると見た人がイメージしやすくなります。

ネットを使った集客方法としては、ホームページ以外にもブログを活用する方法があります。ブログを開設する場合は、人気があるブログサービスを選ぶことが大切です。ブログサービスによっては、すでに多くの参加者が登録しているサービスもあります。そういったブログサービスを利用した方が効果的な集客につながるでしょう。また、ブログは一定の頻度で更新を続けていくことも大切です。更新しないと読者が見つけてくれなくなってしまうおそれがあります。コンテンツはホームページでは表現しにくいタイムリーなサービスの紹介やコンセプトの補足説明、スタッフの声などを紹介してみるとよいでしょう。

SNSを活用した集客がトレンドに

ネットを使った集客はホームページとブログが基本になりますが、近年はSNSを活用した集客がトレンドになってきています。そのため、美容師としてもSNSで情報発信することも効果的な集客をするためは必要になってくるでしょう。若年層はSNSで情報収集することが多いですので、顧客の世代によっては、SNSは美容院の強い味方となってくれるはずです。いずれのSNSサービスも利用料金は無料なので、コストをかけずに集客できるメリットがあります。SNSにはさまざまなものがあり、ツイッターやフェイスブックを活用する方法も一定の効果が期待できます。しかし、最近のトレンドを踏まえると無視できないのがインスタグラムとユーチューブなどの動画サービスです。

インスタグラムは写真がコンテンツの中心となっているSNSで、美容院の集客とは相性がよいと考えられます。ヘアスタイルの発信などでうまく活用することをおすすめします。また、動画サービスも同じく美容院と相性がよいでしょう。ヘアスタイルの紹介はもちろん、自分でアレンジできるヘアスタイルの提案などの動画をアップすることで見ている人の興味を引くことができ、集客につなげられる可能性があります。美容師の集客方法は多種多様なので、効果的な方法を複数組み合わせて集客するとよいでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事