美容業界の応援メディア
コラム・特集 2018-03-31

目標はリラクゼーションの全国ギフトサービス!? 『ユラックス株式会社』

by 

近頃注目を集めている「訪問型の法人向けボディケア」は、セラピストが会社まで出向き、マッサージ等のリラクゼーションを提供するサービスのこと。従業員の健康を守ることは企業の活性化に繋がるという考えのもと、そのニーズはどんどん高まっています。
今回は、そんな訪問型のボディケアサービスを展開するユラックス株式会社の代表取締役・山口建臣さんにインタビュー! “リラクゼーションとはお客さまがお店に出向いて施術を受けるもの”という概念を壊し、訪問型のサービスを確立したパイオニアとも言える方です。
そんな山口さんに中編では、お仕事に対する思いや今後の目標について伺いました。

“大変な仕事”を後ろから支え続ける存在でありたい

山口さん

――こちらのサービスを利用されるお客さまは、どのような業界の方が多いのでしょうか?
「基本的にはIT関連の企業さまが多いですね。独立当初、最初に当社のサービスに魅力を感じてくださったのがIT業界の方々でした当時はどこへ営業に行っても風当たりが強く、『会議室を一室使って、社員を30分休ませることに、どんなメリットがあるんだ。ビジネスをなんだと思っている!』とお叱りを受けることが本当に多かったです(笑)。そんななか、従業員さまの健康を会社として推進することの価値に気づいてくれたのがIT業界の方々でした。みなさん何時間もパソコンの前に座りっぱなしなので、どうしても目や首・肩に疲れがでる。そんな従業員さまのニーズと、当社のサービス内容がぴったり合い、徐々にIT企業のお客さまが増えていきました」

ユラックス株式会社

――「従業員の健康を守ることは人材の流出防止と仕事の効率向上に繋がる」と言われている昨今、ますますニーズが高まるサービスと言えそうですね。
「そうですね。とくに、外へ出歩くことが難しい内勤の方に必要なサービスだと考えています。鬱対策や、給与以外で会社からの“感謝の気持ち”を伝えるツールにもなりますしね。また、最近は歯科クリニックや保育園、介護施設などの企業様にも導入いただいいております。心身ともに疲れやすい、簡単にはできない仕事を率先してされている方のサポーターになりたいんです」

奉仕の心というブレない軸はそのままに、セラピスト業界へ新たな風を

山口さん

――スタッフが約300名所属されているとのことでしたが、採用基準などはありますか?
「なぜ当社に興味を持ったのか、どんな技術を持っているのかなどを聞きつつ、私自身が描いているビジョンと近い考えを持っているかを判断基準にしています。また、必ず一度私に施術をしてもらうようにしています。同業だとやりづらいものですが、技術レベルを知りたいのではなく、企業へスタッフをアテンドする際の参考にするためにしてもらっているのです。それに、やる気はあるけれど技術に自信がない方には、時間が許す範囲内で無料の研修をさせてもらっていますよ」

――なるほど。ところで、山口さんが描いているビジョンとはどのようなものでしょうか?
「全国のセラピストとネットワークを作り、家族や友人にお花を送るような感覚でマッサージを届けられる『リラクゼーションの全国ギフトサービス』を始めたいと思っています。たとえば今所属している地方出身のスタッフがいつか地元へ帰ったときにも、一緒に仕事を出来るような体制を構築したいのです。この先環境が変わっても、ずっとリラクゼーション業界で食べていきたい。そんな意識を持ってこの仕事に携わっている仲間を増やしていこうと考えています」

ユラックス株式会社

――では最後に、今後の目標を教えてください。
「たくさんありますが、1つあげるとするならば、セラピストの地位向上に貢献することです。世の中のセラピストは、1時間の施術対価として手元に入るのが平均約1,500円。そうすると日額10,000円を稼ぐのも容易ではありません。実際1時間施術をするという事は非常に体力を使うものです。この体力が必要な仕事を自ら選び、奉仕の心を持って就いているセラピストたちの働きはもっと評価されるべきだと思います。そしてセラピストたち自身にも、仕事に対して誇りを持ってほしい。たとえば、今の所得に年間プラス100万円稼ぐことができたら少しは夢が持てるはず。貯めたお金で旅行へ行ったり、もっとおしゃれをしたりもできる。そうすれば必然的にやりがいと誇りを持って仕事を続けられるものです。マッサージで働く人に元気を分けながら、セラピストたちもイキイキ仕事ができるように環境を変えていけたらと思っています」

山口さん

労働人口が減り、福利厚生の大切さが見直されている近年。創業当初は逆風を受けることも多々あった山口さんのサービスは、実は早い段階から時代を先取りしていたようです。「最初は悔しいことが本当に多かったです。だけど年々、リラクゼーションの大切さに気づいてくれる人が増えていきました。そら見たことか!なんて思っています」と、山口さんは笑いながら振り返ります。

後編の次回は、実際にユラックスのサービスを利用されているボクブロック株式会社の代表取締役・林さんの感想をご紹介します!

Company Profile

ユラックス株式会社

東京都新宿区新宿4-4-7 セブンビル502
03-5919-1675
http://youluckx.co.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事