齊藤早苗 interview #1:ハードな看護師の仕事を通じ、痛感した健康の大切さ

齊藤早苗 interview #1:ハードな看護師の仕事を通じ、痛感した健康の大切さ

お腹をもみほぐしながら腸内を洗浄することにより健康の増進をはかる療法、コロンハイドロセラピー。アメリカから持ち込まれた20年前からこのセラピーに関わり、多くの方のお腹の悩みを解決してきたのが、看護師の齊藤早苗さん。これまでに担当した患者さんは、1万人を超えるというから驚きです。
今回は、そんな齊藤さんに看護師という職業の魅力や、腸をきれいにすることによって得られる効果についてうかがいました。前編では、齊藤さんが看護師になるまでの経緯や、病院で働くなかで感じたことを語っていただきます。

コロンハイドロセラピーとは?

齊藤さん

――はじめに、コロンハイドロセラピーについて教えてください。
「コロンハイドロセラピーとは、専用の機械で腸に温水を送るとともに、看護師が腸の動きを確認しながら、腹部をもみほぐし大腸を洗浄する療法です。腸の内側にこびりついている汚れを取り除き、お腹のはりやガスの溜まりなどを解消します。健康や美容、ストレス解消に大きな効果を得られるんです」

体が弱かった子ども時代

対馬ルリ子女性ライフクリニック銀座・コロンハイドロセラピー

――なるほど。そもそも、なぜ齊藤さんは看護師に興味を持ったのでしょうか?
「父親に勧められたことがきっかけでした。父は、近所にあった病院の院長と仲がよく、私を看護師にし、その院長の下で働かせたいと考えていたようです。私は、それほど医療業界に興味がありませんでしたが、親に言われたから仕方なく看護学校に入学しました」

――子ども時代は、どのくらいの頻度で病院にかかっていましたか?
「まわりの子どもに比べると多かったと思います。体が強いほうではなかったため、頻繁に病院に通っていました。とくに胃腸が弱く、下痢体質だったんです。また、アレルギー体質でもありましたね。食事には気を使わなければいけない体質にもかかわらず、肉とケーキばかり食べている偏食でした。今思うと、食生活が悪かったから病気になりがちだったのかもしれません」

24歳でおばさんと間違えられる

齊藤さん

――看護学校を卒業後について教えてください。
「卒業後は、病院に勤務し消化器外科で働きました。手術を受ければ治る方が多く、退院する患者さんを見送る日々でしたね。その後、消化器内科に移ることになりました。そこには癌の方など、簡単には治らない患者さんが多くいらっしゃったんです。その頃は、寝ても覚めても患者さんのことを考え続けて、休む間もなく働いましたね。その結果、気がついたら自分の体がボロボロになっていたんです。アレルギーが悪化し顔の皮膚が荒れてしまい、当時は24歳にも関わらず、おばちゃんと間違えられていました」

――ハードな毎日にもかかわらず、なぜ看護師をつづけることができたのでしょうか?
「命に関わる仕事である看護師は、人の役に立っていると強く感じることできるからです。体調がよくなりうれしそうな表情をうかべる患者さんをみると、忙しい毎日でたまった疲れが引き飛ぶほどの、充実感を得ることができました」

――自身の健康について、意識が変わったのはいつですか?
「28歳のときです。手術が必要になるほど体調を悪化させ、仕事を続けることができなくなりました。そのとき、まずは体調をよくしようと思い、体質改善のために東洋医学を試したんです。日常生活のリズムを規則正しくし、食習慣を変えました。それまでとは真逆で砂糖や油をとらず、野菜や根菜類を中心にしたんです。すると、たった1週間で下痢が止まりアトピーも徐々によくなっていきました。体調がよくなる食べ物がわかると、自然と体が肉やケーキを欲しなくなりましたね」

「生活習慣を変えるだけで、こんなに体が変化するのか」と、世界がひっくり返ったような感覚がしたと語る齊藤さん。中編では、コロンハイドロセラピーとの出会いや、その効果について語っていただきました。

Profile

齊藤さん

齊藤早苗さん

日本医科大学看護専門学校卒業後、看護師として大学病院などに勤務。その後、フリーナースとして外資系企業の健康管理室勤務、ツアーナース、訪問保健指導、電話医療相談業務を行う。2000年、米国で腸内洗浄の研修を受け、開業ライセンス(米国)を取得。以降18年以上にわたり、便秘やぽっこりお腹に悩む女性にコロンハイドロセラピーを施しながら腸ヘルスケアの指導を行っている。現在、過敏性腸症候群の認知行動療法を研究中(早稲田大学卒)。著書に『美腸やせ』、『腸をキレイにする腸からやせる』など。

—————————————
☆★☆ セミナー情報 ☆★☆
https://the104.net/20180923seminar/
—————————————

Salon Data

対馬ルリ子女性ライフクリニック銀座・コロンハイドロセラピー

対馬ルリ子女性ライフクリニック銀座・コロンハイドロセラピー

住所:東京都中央区銀座2-6-5 銀座トレシャス7F
直通TEL:03-6228-6532
http://www.xn--pcka3d5a7l461rvl1bkkap56m.com/

齊藤早苗 interview #2:お腹にも心にも効く、コロンハイドロセラピー>>

この記事が気に入ったら
いいね!してね

齊藤早苗 interview #1:ハードな看護師の仕事を通じ、痛感した健康の大切さ

この記事をシェアする