batch_64-1-min

セラピストのバイトを探すには? 未経験者でもできる?バイトで働くメリット・デメリット

お金を貯めて、ゆくゆくはセラピストを目指すのであれば、今からバイトで経験できるといいですよね。

セラピストになるには資格が必要だし、専門学校に通わなければなれないと思っているあなた!実は未経験でも働けるセラピストのバイトもあります。

昔、セラピストの資格を取ったけど正社員でがっつり働くのはちょっと・・・・・・。と思っていた方もバイトであれば、その資格を生かつつ、自分のペースで働けるのでおすすめです。

今回は、セラピストのバイトの探し方と正社員ではなくバイトで働く場合のメリットとデメリットをまとめてご紹介します。

セラピストのバイトを探すには?

batch_64-2-min

まずは求人情報から自分にあったお店を見つけてみましょう。求人は、新聞折り込みやフリーペーパー、ハローワーク、インターネットなどで募集されています。美容・リラクゼーション関係のバイトを探すなら、インターネットが一番多く仕事を見つけることができます。

セラピストの仕事は、インターネットで美容・リラクゼーション関係の技術職に特化した求人サイトがあるので、そこで探すといいでしょう。職種を選択できるので、「セラピスト」で検索するとセラピストの仕事だけを並べて見ることができます。

そして、美容・リラクゼーション関係のサイトだと検索条件も「デビューまで2年以内」「高級サロン」「客単価5,000円未満」など普通の求人サイトではないような項目も選択できるので自分にあった条件のお店を見つけやすいです。

バイトは、お店側が求めている人材と働く人の希望条件が一致しなければなかなか長く働けません。お店がどのような人材を探しているかを求人を読んで確認しましょう。経験者を求めているお店に未経験者が入ってもレベルが合わなくてすぐに辞めることになってしまいます。

経験者・資格取得者|自分の技術が活かせる職場を探す

経験者やすでにセラピストの資格を持った知識のある人は、今までの経験があるので自分の技術を活かせるようなお店を探してみましょう。

「資格取得者のみ」「経験者のみ」とあえて書いているお店は即戦力を求めています。スタッフが急に辞めてしまって急募で新しいスタッフを探しているようなお店は、あなたの経験が役に立ちます。

また、お店によっては、お客様の指名数や売上によってインセンティブがもらえるお店もあります。インセンティブがあると、具体的な目標と自分へのご褒美ができるので仕事にさらにやりがいが出ます。自分の実力を試してみてはいかがでしょうか。

未経験者|「未経験者OK」「未経験者研修あり」の職場を探す

これからセラピストを目指す人は、未経験者を募集しているところを探しましょう。求人欄に「未経験者OK」や「未経験者研修あり」と書いてあるところです。

「早くデビューしたい!」と未経験者なのにすぐ施術できそうなお店を探す人がいます。高い目標を持って仕事に臨むことはいいことですが、セラピストのほとんどはお客さまに直接触れる施術です。浅い経験でお客様に不快な思いや、万が一怪我をさせては大変です。経験がないのに無理してレベルの高い仕事をやろうとするのはやめましょう。

新人を募集していないところは、採用されたとしても忙しくて何も教えてもらえなかったり、あなたの技術が足りていないので雑用ばかりになってしまうことも。セラピストの経験を積むためにバイトをするのであればしっかりと新人を受け入れる体制の整っているお店を選びましょう。

セラピストのバイトの給与体系と相場

batch_64-3-min

バイトを選ぶ時、もっとも重要なのはお給料ですよね?セラピストの給料の相場は、地域や営業時間によっても前後しますが、基本的には一般的なアルバイトよりは割高なお給料がもらえます。

セラピストの給与体系は主に、時給制と歩合制があり、バイトであってもスキルや資格次第では通常のバイトの倍近い収入を得ることも可能です。

時給制

時給制は1時間いくらと決まった単価での働き方です。求人情報に時給1,000円~2,000円と記載のある場合は時給1,000円からスタートして、実力によっては時給2,000円まであがるということです。

歩合制に比べてシフトが出た時点でだいたいその月の給料がいくらになるのか予測できるので安心です。

ここで、事前にお店に確認しておくべきことは、どのタイミングで時給があがるのかです。明確に何ができたら時給〇円というルールが決まっていないお店も多いです。バイトだと、働き続けていてもいつまでたっても時給があがらないなんてこともあります。

給与のことでトラブルにならないためにも事前にどこまでの技術ができるようになったら時給があがるのかを確認しておきましょう。
また、サロンは深夜営業しているところもあります。深夜営業している場合時給も割り増しになります。

歩合制

歩合制とは、接客したお客様の人数や売上など成績によって給料が増減する給与体系です。実力があり他のスタッフよりも売上がとれる自信がある人は、歩合制の方が固定給よりもたくさん稼げます。

また、歩合制には基本給+歩合という形と基本給なしの「完全歩合制」があります。

毎月同じだけ売上が取れればいいのですが、季節によってお客さんの数は変動します。猛暑や大雪が続くと、外出する人が少なくなり、売上が落ちます。そのため歩合制だと毎月の給料の予測が難しいです。貯金もほとんどなくて生活費を稼がなければいけない場合は完全歩合制だとリスクは高いです。

セラピストのバイト|メリットとデメリット

batch_64-4-min

セラピストとして正社員ではなくバイトとして働くメリットをまとめてみました。また逆に、バイトとして働くことのデメリットもまとめてみました。

メリットがある半面デメリットもあるので、正社員とバイトのどちらで働いたらいいのか自分にあった方を選んでください。

メリット

まず、資格取得を目指しながら実践で学べます。バイトだと短い時間で働くこともできます。そのため資格の勉強をしながら実際の施術の様子を見ることができます。教科書で学ぶよりもより理解が深まりやすいです。勉強していてわからない事があった場合も先輩に相談することもできます。

セラピストの職業はいろいろな施術方法があります。セラピストの中でも自分が、どの施術でやっていくのかまだ決め切れていない場合もいろいろなサロンでバイト経験を積んでもいいでしょう。バイトだと契約期間が短いので、いろんな施術の現場を体験して自分にあった施術を見つけてもいいと思います。

そして、いずれセラピストとして就職、独立を考えている場合もセラピストとしてアルバイトしていた経歴は役に立ちます。それだけセラピスト歴は長く書けるので、有利になります。

デメリット

セラピストのアルバイトをするデメリットは給料が安いことです。正社員に比べると給料は安くなります。実践で学べていると思うといいのですが、お給料がたくさん必要であれば正社員を目指した方がいいでしょう。

また、セラピストをたくさんかかえているような大手サロンの場合、勤務はシフト制が多いです。新人はたくさんシフトに入れない可能性があります。指名のよく入るベテランスタッフが優先的に出勤するとなかなか新人はたくさん働くことができません。

需要はある? セラピストのバイト

batch_64-5-min

今のご時世、セラピストのバイトはとても需要がある職業です。

最近は、美容室に通うようにリラクゼーションサロンに通う人が増えています。若い女性だけでなく、仕事に疲れた中年男性もオシャレなサロンに癒しを求めて通っています。どこの駅前を見渡しても、アロママッサージのサロンや揉みほぐし、リンパマッサージなどの看板がたくさん目につきます。それだけセラピストの仕事はたくさんあります。

インターネットで調べてみると求人がたくさん出てきます。リジョブでセラピストのバイトを検索すると2400件以上求人が掲載されていて、正社員だけでなく、忙しいコアタイムに働いてくれるバイトもたくさん募集しているようです。未経験者でも働けるような求人もけっこうたくさんあります。

セラピストのバイトは需要あり|体験してみたい未経験者にもおすすめ!

セラピストの仕事はたくさんあります。まだ、セラピストになるかどうか迷っている人も、未経験者OKのお店も多いので一度バイトで体験してみてはどうでしょうか。

セラピストの楽しさや業界のことを知ってからより自分にあったお店を探し正社員を目指した方が、いいお店に出会えると思います。バイト先が気に行った場合はそのまま社員登用してくれるお店も多いので就職することもできます。

セラピストはアロママッサージ、リンパマッサージ、足裏マッサージなどお店によってそれぞれ特徴があります。求人を見ているだけでもセラピストについて知ることができるので、まずがリジョブのサイトをチェックしてみてください!

この記事が気に入ったら
いいね!してね

batch_64-1-min

この記事をシェアする