柔道整復師はアルバイトでもできる? アルバイトで働くメリット・デメリットについてお伝えします

柔道整復師はアルバイトでもできる? アルバイトで働くメリット・デメリットについてお伝えします

国家資格を取得した人しかなることのできない柔道整復師というお仕事を皆さんはご存知でしょうか?国家資格と聞くと、難しそうなイメージを思い浮かべると思います。

そんな柔道整復師というお仕事は、アルバイトという雇用形態で働くことができるのでしょうか?

アルバイトとして働いている人がいるとしたら、その給与はどのように決められるのか、また、どういった時に柔道整復師はアルバイトとして働くことを自ら選ぶのかを紐解いていきます。

実力や労働に見合った給与をもらえるのかも気になるところです。

柔道整復師の仕事内容

柔道整復師 アルバイト

柔道整復師は、昔から「ほねつぎ」「接骨師」という呼び名で広く知られています。

その仕事内容は、事故の後に損傷した箇所を回復させたり、病気の後遺症で動かしにくくなってしまった部位を動くようにリハビリを施したりすることです。

柔道整復師とは

柔道整復師は、損傷した身体の部位が治るのを助けるだけでなく、ゆがんだ骨や骨格を調整して日頃の身体のメンテナンスもしてくれる、いわば身体全体の調整をするプロです。

高校卒業後に厚生労働省が許可した養成施設で3年以上、または文部科学省が指定した大学で学んだ後、国家試験に合格すると、柔道整復師の免許を取ることができます。

養成学校では、解剖学、生理学、運動学、病理学、衛生学、公衆衛生学などの基礎系科目と柔道整復理論、柔道整復実技、関係法規、整形外科学、リハビリテーション学などの臨床系の専門科目を履修しなければなりません。

資格を取得した後は、臨床研修を行ってから「接骨院」や「整骨院」という施術所を開業することができますが、病院や接骨院、スポーツ関連施設、介護施設などに就職して働くという手もあります。

民間資格である整体師、カイロプラクティック師とは区別され、あん摩・マッサージ・指圧師、鍼灸師は別の国家資格を取得しないとできません。

アルバイトでも限られた範囲内であれば働くことは可能

柔道整復師の国家資格を取得していないアルバイトは、お客様に施術を行うことはもちろんできません。

しかし、院内の細かい各種業務に従事することはできます。たとえば、受付や柔道整復師の補佐など限られた範囲であれば、無資格でも整骨院などで働くことは可能です。

逆に正社員以外の立場でも、国家資格を持っていればお客様に施術を行うことができます。この仕事は、専門的な知識以上に、実務でのスキルや経験が評価されますから、アルバイトであっても、キャリアがあって経験豊富ならば即戦力として働くことはできますね。

実際、柔道整復師の免許を持っていながら、アルバイトとして整骨院で施術をしているスタッフも多く存在します。

柔道整復師の給与形態

柔道整復師 アルバイト

柔道整復師はどれぐらいの給与を貰っているのか、勤務形態と合わせて見て行きましょう。

まず、柔道整復師の就職先として一般的な、接骨院や病院の整形外科に勤務する正社員の場合、30歳くらいでの基本給は20万円〜26万円程度になります。

そこから経験、実績による加算と各種の手当が足されて、月収は30万円前後になります。さらにボーナスや住居手当など、正社員はかなりしっかりと保証されています。

時給制

柔道整復師の資格を持った人、無資格で接骨院・整骨院で働く人の中には、正社員以外に、アルバイト、契約社員、派遣社員、さらに業務委託契約をしている人がいます。

時給制の場合、柔道整復師の資格を持っていない人は、各地域の最低賃金から1,100円ほどと言われています。それに対して、有資格者は1,500円くらいは貰っていると言われています。

時給+歩合

時給に加えて、歩合給を加算してくれるところもあります。

たとえば、月額の売上が一定額以上になると、上限以上の施術売上の20%を支給される、その店で評判のスキルを身につけて特別な施術を行うと、施術1コースにつき1,000円の歩合を支給してもらえるなどです。

歩合はそれほど多く加算されるものではなく、時給が基本的な収入となります。

歩合制

整骨院や接骨院で柔道整復師を雇うのではなく、柔道整復師と業務委託契約を結んでいて、完全歩合制のところもあります。

たとえば、1施術60分2,160~4,800円以上で、プラス指名料・インセンティブが収入になります。

月収例では、1日6人・週3日(月12日)勤務の場合で15万5,200円、1日7人・週5日勤務の場合は33万2,640円という計算です。

顧客が付くまでは、収入は安定しませんが、指名客が増えれば増えるほど、時給制より確実に稼ぐことができます。

参考引用元:リジョブ

柔道整復師がアルバイトで働くメリット・デメリット

柔道整復師 アルバイト

柔道整復師が働く現場でアルバイトとして働く場合、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

メリット

将来的に、接骨院や整骨院などの施設で働く専門家を目指すなら、大学や専門学校などで柔道整復師の国家試験の受験資格を取得しなければなりません。

学生のときからアルバイトとして接骨院や整骨院などで働くことは、現場の雰囲気や知識を学べるので間違いなくメリットになります。

また、すでに柔道整復師の資格を持っている人も、将来的に自分が独立した時に必要となる知識を学べるのでアルバイトとして働くことはメリットと言えるでしょう。

実務経験を積むことが出来る

実際の職場で働けば、柔道整復の現場の雰囲気に慣れることができます。また、先輩たちの活躍する現場で施術を見るだけでも、経験を積めるでしょう。

学んでいる知識を活かせる接骨院や整骨院で、積極的にアルバイトとして働いてみると良いでしょう。国家資格取得へのモチベーションも高まりますし、生きた経験は将来的にきっと役に立ちます。

副業からでも始めることが出来る

柔道整復師の資格を持っていて、他の仕事をしているという人もいると思います。

最初のうちは、柔道整復師を副業としてはじめて実力がついて指名のお客様が増えて来たら自分で院を持とうと考えている人も多いようです。

アルバイトなら時間も自由に選べますから、他の仕事とのダブルワークも可能になります。

ただし、過労になってどちらの仕事もいい加減にするようなことがないように、きっちりスケジュールを立てましょう。

デメリット

柔道整復師が働く現場でアルバイトとして働く事にはデメリットもあります。

メリットを踏まえた上で、いくつか例を見て行きましょう。

できる業務内容が限られている

資格がない人は、施術以外の業務のサポートをするアルバイトとして短い期間だけ採用される場合があります。

仕事内容に関しては、受付の業務や清掃などの限られた業務になってきます。雑用ばかりで、柔道整復師になるための経験はあまりできないと言えます。

アルバイトで働くことが出来る場所があまりない

資格のない人をアルバイトとして雇ってくれる院や、店舗はそれほど多くはありません。

また、自分の希望時間に合わせて働くことが難しい場合もあります。

資格がある人は、時給を多く支払わなければならないので正社員になってもらうことを希望する施設は多いようです。

院や施設にもよりますが、独立されることを嫌がり、勤務時間や勤務内容を考慮してくれないところも中にはあるようです。

アルバイト先を決めるときの基準

柔道整復師 アルバイト

柔道整復師が働く現場でアルバイトとして働きたいと考えた時、どうやってアルバイト先を決めれば良いのでしょうか。

他の職種の場合は、時給が良いところや仕事内容が楽なところを選びますが、柔道整復師が働く現場でアルバイトをする場合は、将来を見据えてアルバイト先を考えなければいけません。

自分が目指している分野の技能を学ぶことが出来るか

一番大事な選択基準は、自分が将来目指している仕事、またはそれにつながるような仕事ができるか、その仕事のノウハウを働きながら学ぶことができるかということです。

接骨師・整体師になりたいのであれば、その道のプロが多いところで技術を学ぶべきですし、機能訓練指導員になりたいなら介護施設でその仕事を近くで見ながらサポート業務を行なうことが大切です。

受付や清掃のお仕事も、将来的に何かしらで役立つと言えるでしょう。

将来的に働きたいと思っている職場を選ぶ

将来的に働きたいと思っている職場は接骨院・整骨院なのか、整形外科医院なのか、介護施設なのかなど将来の就職先と一致しているかどうかを考えましょう。

せっかく貴重な時間を使ってアルバイトをするのですから、少しでも将来の目標に近づけなければなりません。

アルバイトをすることで生きた経験を積むことが出来ます

接骨院・整骨院で働くためには、国家資格に合格した有資格者だけが正社員となって働いているのではないかと思われがちですが、そんなことはありません。

有資格者であっても、短期の勤務の需要はありますから、資格と経験があればアルバイトも可能です。

資格を持たない人も、アルバイト求人募集に無資格者歓迎と書かれていれば面接に行って採用してもらうこともできます。

資格を取るまでは、患者さんに直接施術を行うことはできませんが、施術のサポートをしたり施設の中での各種業務に携わり、生きた経験を積むことで自分自身も成長できると言えるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!してね

柔道整復師はアルバイトでもできる? アルバイトで働くメリット・デメリットについてお伝えします

この記事をシェアする