日本で初めて客船内でネイルサービスを提供! 高い技術力で自爪本来の美しさを引き出す『DRESS UP』の経営術に迫る

赤坂見附駅から徒歩5分、多くの人が行き交う大通りに面しているネイルサロン『DRESS UP』。日本で初めて客船内でネイルサービスを展開したサロンでもあり、その高い技術力を求めて連日多くのお客さまでにぎわいをみせています。そんな『DRESS UP』がファンを獲得している背景には、自爪から美しくする良質な施術やお客さまの声に真摯に向き合う姿勢がありました。

今回は代表の齋藤郁さんにインタビュー。高い満足感を生んでいる秘密に迫ります。

ハイクオリティな施術でお客さまの自爪を美しく保つ

————まず、『DRESS UP』のコンセプトを教えてください。

「サロン全体のコンセプトは『高い技術による、ハイクオリティな施術』です。技術のなかでも『自爪を健康に保つ』ことにはとくに力を入れており、たとえば新規の方を施術する際には、デザインではなく爪の状態をチェックすることからスタートしています。

また3種類のジェルを用意し、お客さまに一番よいもの使用していることもこだわりのポイントです。そのため初回の施術時に『DRESS UPなら健康な爪をキープできる』と気がつき、再来につながっているのだと思います」

————高い技術力はどのようにして身につけたのでしょうか。

「これまでサロンが積み重ねてきた経験が、引き継がれているのだと思います。もともと『DRESS UP』は、母が日本で初めてつくった豪華客船内のサロンでした。豪華客船のお客さまはオーダーするデザインのレベルが高く、施術時間も限られているため、施術者の腕は自然と上がります。

また、研修会に力を入れていることも高いクオリティを保っている理由のひとつです。商品の特徴などはメーカーさんが一番詳しいですから3ヵ月から半年に一度、ネイルメーカーに所属するトップネイリストの方を招き、旬のデザインや最新シェラックの施術方法などの指導を受けています。各メーカーと密にコミュニケーションを取り合い、最新情報を仕入れることはとても大切ですね」

スタッフが技術の向上に専念できる環境をつくる

————スタッフの雇用について教えてください。

「高いスキルを持ったネイリストを雇用しており、ほとんどのスタッフがネイリスト技能検定1級を保有しています。全員が高い基礎力を持っていますが、そのなかでもケアが上手であったり、アートが得意であったりと強みはそれぞれです。そのためスタッフがお互いの得意ジャンルを教え合う、よい環境ができていると思います。

日頃からスタッフ間で良好な関係が築けているため、定期的にミーティングを開く必要はありませんが、どれだけ活発に意見が言える環境でも職場ではなかなか話にくい意見があるはずです。そこで月に一度食事に行き、気軽に話せる環境をつくっています。

またスタッフとは毎日ラインや電話でやりとりをすることも意識しているポイントです。そこでもどんどん意見が出てくるので、定期的なミーティングより、毎日のこまめなやり取りのほうが大事だと実感しています」

————他に、サロンの雰囲気を良好に保つために取り組んでいることはありますか?

「経営者と技術者の仕事を明確に分けることを意識しています。サロンワーク以外の仕事をスタッフにお願いすると、スキルを磨く時間が削られてしまい、技術の低下につながりますからね。そのためメニュー表の作成やブログの更新など、技術以外のことは経営者である私がすべて担当しています」

お客さまとのコミュニケーションがニーズに合ったメニューをつくる

————メニューについてこだわりがあれば教えてください。

「お客さまの声をメニューづくりに生かしています。たとえば、『なるべく早くに施術を終わらせてほしい』というリクエストに応えて、『30分コース』を取り入れました。10年ほど前に追加したところオーダーが年々増えていき、今では多くの方が予約してくださる人気メニューに成長しています。とくにOLのお客さまでにぎわう赤坂店では、『お昼休みや仕事帰りに気軽に立ち寄れてうれしい』と、よろこびの声を聞くことが多いですね。

また最近は、フットコースをご注文いただいたお客さまの『足の荒れが気になる』というお悩みから、ドイツ式のマシンを使った角質ケアのメニューを導入しました。こちらもご好評をいただいており、このように臨機応変にメニューを増やせるのは、スタッフの技術力あってのことだと思いますね」

リピート率を高める極意

技術力の追求で人気店に成長した『DRESS UP』。リピート率を高める極意をまとめると下記の3つでした。

1.健康な自爪を保つ施術でお客さまの信頼を獲得

2.経営者と技術者の役割を明確にし、スタッフの能力を上げる

3.お客さまの声を参考にニーズに合ったメニューを設定

後編では新規のお客さまを獲得する方法や使用する製品のこだわりについて迫ります。

▽後編はこちら▽
海外に向けても積極的にアピール! 外部のサービスを利用し、サロンに合ったアピール方法を行う『DRESS UP』の集客の極意に迫る>>

Salon Data

DRESS UP 赤坂見附店

住所:東京都港区赤坂4-1-3 伊藤ビル1F
TEL:03-3568-4600
定休日:火曜
URL:http://www.gar-net.co.jp/index.html

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事