美容業界の応援メディア
学び・キャリア 2020-03-31

本当に欲しい人材って? 採用担当のホンネ 【hair lounge BEACH 代表 長谷川 睦さん】#2

「こんなスタイリストになりたい!」という理想をかなえるには、技術を磨く努力はもちろん、経験の積み重ねがものを言います。その体験の場となるのがサロン。そこで、人気ヘアサロンの採用担当者に、求めている人物像を直撃しました。さらなる高みを目指している人を応援します!

ほどよくトレンドを意識したスタイルに定評のあるヘアサロン、hair lounge BEACHの採用にまつわるホンネをうかがう2回目は、実際にどんな人物が採用されたのか、その人物像をご紹介します。

今回お話しを伺ったのは…

hair lounge BEACHの長谷川睦さん

山野美容専門学校を卒業後、都内にあるヘアサロン2店舗を経て、2006年にhair lounge BEACHのオープニングスタッフとして参加。現在は代表としてサロンの運営、人材の育成に携わっている。

「その場にいるだけで周りが明るくなる、彼女の笑顔が決め手です」

—-今年でアシスタント2年目になる奥村碧さんの採用を決めた理由を教えてください。

彼女の笑顔がいい。雰囲気にも華があって、サロンにいるだけで周りが明るくなるところです。雰囲気だけでなく、学内のコンテストで賞を獲るほど技術スキルの高さもある。きっとのみこみも早いだろうな…という期待もありました。

もうひとつ。うちのサロンを第一志望にしてくれたことです。安定感のある大手の美容サロンを志望する学生が多いなかで、ここを選んでくれたことに応えたかったんです。

—-将来、彼女にはどんなことを期待していますか?

今、彼女はアシスタントチーフなんですが、これからもみんなを巻き込みながらフロアの中心にいて欲しいですね。

美容師という職業は「人につく」仕事です。担当していた美容師がサロンを移動すれば、お客さまもその人に会うためにサロンを替える。碧にはお客さまを惹きつける魅力があると思っています。あと1年も経たないうちに美容師としてデビューできるでしょう。大いに期待しています。

ROOKIE’S FILE 奥村碧さん

ミスパリビューティ美容専門学校を卒業後、’18年BEACHに就職。現在アシスタントチーフとして邁進中。

—-美容師という職業を選んだ理由は?

小さい頃から髪を結んだり、編んだりするアレンジが大好きで、自分より年下の子たちの髪をいじっていました。その様子を見ていた近所のおばさまたちが「大きくなったら美容師になれば?」と褒めてくれたんです。それがきっかけで美容師になろうと決めました。

—-幼い頃の夢を実現するのは大変だった?

勉強が難しかったり練習の時間を確保したり、いろいろ大変なことがありましたが、「辛い」というより「楽しい」という気持ちの方が大きかったです。

—-BEACHを選んだ理由は?

私が通っていた学校の先輩がこのサロンに就職していて、「スタッフ同士の中がよくて、雰囲気がいい」と教えてもらったんです。学校の先生からも「いいサロンだ」と勧められました。実際に面接を受けてみて、雰囲気のよさが実感できたので「このサロンで働きたい!」と思いました。

技術の高い先輩たちの仕事ぶりを間近で見られるのも、すごく刺激になります。

—-どんな美容師になりたい?

人によってそれぞれ違う「かわいい」、「カッコいい」を引き出せるような美容師になりたいです。

採用担当のホンネから分かった3つのポイント

1.自信を持ってアピールできる趣味や特技があること

2.美容全般だけでなくファッションに対する感性を磨くこと

3.大変なことや辛いことも前向きにとらえること

トップサロンならではの技術や理論を間近で体感できるのが、ここBEACH。すべてを習得するには地道な努力が欠かせません。奥村碧さんのように、どんなに辛くて大変なことも「楽しい」とポジティブに思えると、難なく乗り越えられるようです。

ただし、美容師に欠かせない「感性」は教わって身につくものではありません。日頃から自分自身で磨き続けたいものです。

▽前編はこちら▽
本当に欲しい人材って? 採用担当のホンネ 【hair lounge BEACH 代表 長谷川 睦さん】#1>>

Salon Data

hair lounge BEACH

住所:東京都港区南青山3-5-6 アール南青山2F
TEL:03-5786-1477
定休:月曜・第1・2・3火曜
URL: http://www.beach-glc.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事