本当に欲しい人材って? 採用担当のホンネ【U-REALM ginza Color specialist 福永圭祐さん】#2

「こんなスタイリストになりたい!」という理想をかなえるには、技術を磨く努力はもちろん、経験の積み重ねがものを言います。その体験の場となるのがサロン。そこで、人気ヘアサロンの採用担当者に、求めている人物像を直撃しました。さらなる高みを目指している人を応援します!

「髪本来のツヤと強さが取り戻せる」と評判のヘアサロン、U-REALMの採用にまつわるホンネをうかがう2回目は、実際にどんな人物が採用されたのか、その人物像をご紹介します。

今回お話しを伺ったのは…

U-REALM ginza  Color specialistの福永圭祐さん

美容学校を卒業後、フリーターに。その後U-REALMにアシスタントとして入社し、現在に至る。サロンワークをこなすかたわら、カラースペシャリストとしてカラー剤の開発にも携わっている。

「とにかく頭がいい。しっかりした目標を持っていることも彼の強みです」

—-今年で入社2年目になる河野太郎さんの採用の決め手は何ですか?

彼は学生の頃からこのサロンに通っていて、その当時から「ここで働きたい」という気持ちを知っていましたし、「将来は自分の店を持ちたい」という夢も知ってました。彼は頭がいいですし、努力も惜しまない。そんな彼をサポートしたくて。

ただ、僕が一人で採用を決めている訳ではないので、面接でどれだけインパクトを残せるかが不安でした。そうしたら、彼はプロジェクターを持ってきて、まるでセミナーの講師のように、自分のビジョンを説明したんですよ。これにはほかのスタッフも驚いていましたね。

—-今後の河野さんに期待することは何ですか?

U-REALMにはスタイリストになるためのカリキュラムがあって、修了するのはだいたい3年を目安にしています。彼はそれを「2年でクリアする」と宣言しているんです。最速記録を狙っているんですよ。そのために休日にも練習していますし、本当に努力家だと思います。

「自分の店を持つ」という目標をクリアするには、「休んでいる時間はない」と思っているのかもしれません。

採用を決めるとき、「いいスタイリスト」や「いいアシスタント」を採りたい訳ではありません。「その人の将来を幸せにすること」も採用する側の責任だと思っています。

ROOKIE’S FILE 河野太郎さん

社会人として働くうちに美容への関心が高まり、東京モード学園へ進学。2018年に卒業後、U-REALMへ。現在、アシスタント2年目を迎える23歳。

—-スタイリストを目指した理由は?

中学生の頃からいろいろな仕事に就きたいと思っていて、実際に思いつくまま体験してみたら「これは一生の仕事ではないな」と感じました。次に何をするか…と考えたとき、接客するのも好きでしたし美容にも興味があったので、この道を選びました。

—-就職先としてU-REALMを選んだ理由は?

専門学校生の頃からここに通っていて、代表の高木に髪を切ってもらったんです。彼の顔の広さや撮影などサロンワーク以外の仕事の多さを知って、美容師としてここまで説得力のあるところまで極めないと、自分のやりたいことはできないんだと思い知りました。それでこのサロンに応募しました。

—-将来の目標は?

まずは早くスタイリストになること。自分のことを「美容師です」と言い切れないことが辛いんです。将来は自分の店を持つことが夢です。自分が得をする…というより、後輩たちにいい環境を作りたいと思っています。

採用担当のホンネから分かった3つのポイント

1.美容師になってからの夢をしっかり描けていること

2.面接では自分の印象を残すように工夫を凝らすこと

3.先輩たちの知識や経験を受け入れる素直さを持つこと

夢が大きければ大きいほど、叶う確率が高いU-REALM。スタッフ一人一人の「こうなりたい!」という思いに向き合ってくれるサロンはなかなかありません。

とはいえ、ただ闇雲に要求するだけでは実現しません。努力を惜しまないこと、実現するための具体的なプロセスを描けていることが重要なようです。

▽前編はこちら▽
本当に欲しい人材って? 採用担当のホンネ【U-REALM ginza Color specialist 福永圭祐さん】#1>>

Store Data

U-REALM ginza

住所:東京都中央区銀座1-7-17 ヒューリック銀座一丁目ガス灯通4F
TEL:03-6264-4336
定休:火曜
URL:https://www.u-realm.com/ginza/

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事