すべての基本は信頼関係。寄り添える人でいるために。【本当は教えたくない! 人気ネイリストの休日/DLAW nail AMIさん】

あの人気ネイリストはどうして売れっ子なのか。その秘密は、休日の過ごし方に隠されているのかも!? 人気スタイリスト/ネイリストたちがOFFの日をどう過ごしているのか、そこに隠された売れっ子たる所以を探る当企画。

今回は、ハイセンスかつ、『自分らしさ』を引き出すデザインが人気のネイルサロン「DLAW nail」から、トップネイリストのAMIさんにお話をお伺いしました。

技術・デザインはもちろん、心遣い+コミュ力で信頼度No.1

AMI(アミ)さんのプロフィール

ネイリスト歴:6年目/トップネイリスト歴3年目
出身地:横浜
出身校:専門学校エビスビューティカレッジ
ネイリストとしてのモットー:お客様の人生に寄り添えるように
Instagram:@ami_by_dlaw.lapilie

休日ルーティン/やっぱり体が資本! 栄養満点の手料理

――すごい! 自然派レストランのランチみたいですね! ご自分で作られたんですか?

「そうなんです。仕事の日はお昼を食べる時間がバラバラになったり、コンビニのお弁当とかになることが多いので、あまり栄養のバランスを考えられていないのが気になって。だから、休みの日には栄養バランスを考えたご飯を作るようにしています。」

――お仕事にはどんな好影響がありますか?

「ネイリストの仕事って、ネイリスト個々を指名して来てくださるお客様がいることもあって代わりのきかない仕事なんですよね。栄養バランスを考えた料理を作ることは、自分自身の体調をしっかり管理することにもつながっていて。風邪などひかない健康な体になりました。そのおかげでお客様との施術時間も元気に楽しく過ごすことができています。」

ご指名のお客様を抱えているほど、休まざるを得ないような体調不良は辛いですよね。自分を選んで時間を作って来店されるお客様を大切に思えばこそ、やはり健康第一! ということでしょうか。

それにしても、茶色の地味メシになりがちな和食なのに、この品数と彩りのバランスはさすが! ネイリストとしてのセンスの良さはこんなところにも垣間見えてしまうのですね。

ある休日/国内外への旅行でインスパイア&リフレッシュ

2連休以上の休みがあると国内、海外を問わず旅行へ出かけるというAMIさん。写真は、湯布院などの周遊もかねて祖父母の住む大分へ行った時のものだそう。なんと、去年1年間では、国内旅行には7回も行ったんだとか!

――2ヶ月に1回以上は旅行している計算になりますね。そんなにお休みとれますか?

「長期のお休みを何回もとることは難しいですけど、2連休あればタイミングを見つけて旅行に行くようにしているんです。」

――そこまでして旅行に行くのはどうしてですか?

「やっぱり、いろんなことを吸収するためですね。新しいデザインの発想につながったり、お客様との会話の話題にもなります。もちろん、自分の気分転換にも! 自然が多いところに行くことが多いんですけど、普段、人が多いところで過ごしてるので、自然がいっぱいのところに行ったり美味しいご飯を食べたりすることは、リフレッシュできて活力にもつながるんです。そこで感じたものや見たものはアートにつなげられるので、仕事にもプラスになっています。」

海や木々など自然にインスピレーションを受けたAMIさんのデザイン。

AMIさんの「休日を有意義にする3つの心得」

休みの日を「ただ仕事がないだけの日」にしないために。普段から休日の過ごし方を意識されているAMIさんが心がけていることをお聞きしました。

1.動く日とゆっくりする日をしっかり分ける

友達と会ってリフレッシュしたいのか、ゆっくりと自分のケアをしたいのか。ここを見極めて休日を過ごすことを心がけていると話すAMIさん。そうやってその時の自分の心身に合った休日を過ごすことで、「仕事の日は常に100%の気持ちでお客様やスタッフと向き合え、楽しく過ごせる」そう。

2.デザインに繋がるものがないか考えながら過ごす

「行った場所や見たもの、SNSや雑誌など、いろんなところからデザインを考えている」というAMIさん。日々の生活でも、それを見逃さないように意識しているのだとか。常日頃から広くアンテナを張っていることで、感度も研ぎ澄まされていくのですね。

3.誰とも話さない日を作らない

「人とコミュニケーションをとる」ことも、AMIさんが大切にしていることの一つ。会うことが難しくても、家族、友達、スタッフなどには電話などをして会話をするようにしているそう。一緒に笑ったり、悩みを話したり、いろんなことを共有することが、自分にとってもプラスになるのだとか。

「ネイリストにとってお客様、スタッフとの信頼関係はとても大事」だからこそ、「100%の気持ちで仕事をするために、今の自分に合う休日の過ごし方は何かを考えながら、自分に合った時間の使い方をしていくこと」が大切だそう。自分の体と心、感性に丁寧に向き合うAMIさんの休日スタイルは、そうして自分を整えることで、仕事にも人にも丁寧に誠実に向き合える自分を創り出しているのだろう。そんなAMIさんは「これからもそれを意識しながら休日を過ごしていきたいです。」という。どこまでもナチュラルに実直な人柄が眩しい。

取材・文/細川光恵

Salon Data

DLAW tokyo(ドロウ)

住所:東京都渋谷区神宮前6-13-4 BLUE PANTHER 3F
TEL:03-6868-5556
URL:https://www.dlaw-nail.jp/
Instagram:@dlaw_nail,@lapilie_nail

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事