美容業界の応援メディア
学び・キャリア 2020-10-20

本当に欲しい人材って? 採用担当のホンネ 【MEN’S GROOMING SALON by kakimoto arms 事業部長 長戸寬典さん】#1

「こんなスタイリストになりたい!」という理想をかなえるには、技術を磨く努力はもちろん、経験の積み重ねがものを言います。その体験の場となるのがサロン。そこで、人気ヘアサロンの採用担当者に、求めている人物像を直撃しました。さらなる高みを目指している人を応援します!

今回はメンズサロンの先駆けとして2007年に誕生した男性専用のサロン、MEN’S GROOMING SALON by kakimoto armsで採用を担当している事業部長 長戸寬典さんホンネをうかがいます。

今回お話しを伺ったのは…

MEN’S GROOMING SALON by kakimoto arms 事業部長の長戸寬典さん

2007年kakimoto arms初の男性専用のサロン『MEN’S GROOMING SALON』を銀座2丁目に立ち上げる。ディレクター兼事業部長としてサロン業務をこなすかたわら、理容師免許取得のために理容学校で学ぶというタフで熱い経歴の持ち主。

「なぜメンズカットをやりたいのか、理由をきちんと説明できることが重要です」

――kakimoto armsとはまた別にメンズサロンをつくったのはなぜですか?

kakimoto armsにいらっしゃるお客さまの2~3割が男性で、ほとんどがパートナーの女性と一緒に来店なさっているんです。女性客が多いサロンに男性がひとりで立ち入るのはちょっと気が引けますよね。

2007年にMEN’S GROOMING SALON by kakimoto armsを立ち上げた頃は、大人の男性向け雑誌『LEON』が人気で、男性の美容に対する意識が高まっていたんです。女性向けの美容室ではなく、床屋でもない、男性向けのサロンが求められていた時代だったんですね。男性のステータスを満足させるサロンとして銀座二丁目に一号店をオープンさせ、青山店、新宿店、六本木ヒルズ店と現在は4店舗を展開しています。

――kakimoto armsとはどのように差別化していますか?

MEN’S GROOMING SALONは、美容院では満足できなかった男性を対象にしています。

ケースバイケースですが、男性はスーツやネクタイなど体を締め付けるものが多いので、まずは専用のロッカーでガウンに着替えていただきます。イメージはホテルの高級スパですね。

一般的に美容院ではシャンプーはアシスタント、カットはスタイリスト…という具合に何人ものスタッフが担当しますが、ここでは常に1対1。ハイエンドなものを好まれるお客さまのライフスタイルを意識しています。

2007年のオープン当初からお客さまのライフスタイルもだいぶ変わってきました。仕事だけバリバリこなすのではなく家庭も大事にするし、趣味も楽しむ方が増えています。お客さまのさまざまなニーズに寄り添える雰囲気を心がけています。

――男性の美容に対する意識もだいぶ変わってきているようですね。

当初はネイル、ヘッドスパ、アイブローケア、白髪染めくらいでしたが、2013年にはスキンケアも導入するようになりました。以前はメンズエステの施術を受ける方がほとんどでしたが、「スキンケアをすると肌がキレイになる」というのが浸透して、ご自身でケアする方向にシフトしてきました。身だしなみの大切さが広まっているようですね。

六本木ヒルズ店ではメンズ用のスキンケアやヘアケアアイテムを揃えたストアも併設しています。このストアだけ利用する方も結構いらっしゃるんですよ。

――採用はkakimoto armsとMEN’S GROOMING SALONと同時に行われるんですか?

採用はkakimoto armsで行われます。研修では、kakimoto armsの理念をしっかり学んでもらっています。

――長戸さんは採用の面接に立ち会われるそうですが、必ず質問することは何ですか?

ここ最近、メンズのカットをやりたい学生が増えているんです。

「メンズをやりたい」という人には、「なぜメンズのカットが好きなのか」を質問します。アシスタント、スタイリストとしてやっていけば、必ず辛いことが起こります。そのとき、僕が面接で尋ねた質問「なぜメンズが好きなのか」の答えを思い出して欲しいんです。

この仕事は「好き」な気持ちがないと続きません。僕の面接をひとつのきっかけに、自分で自分に約束して欲しいんです。どんなに学校の成績がよくても、ちゃんと「メンズが好きな理由」を答えられなければ採用しません。それに、お客さまに必ず聞かれるんですよ。「なんでメンズをやってるの?」って。ちゃんと答えられないと、お客さまにも失礼ですからね。

――MEN’S GROOMING SALONで働くことで叶うことは何ですか?

教育のカリキュラムがしっかりしているので、理容と美容の2つの角度からメンズカットの基本が学べることですね。姿勢に始まり、コームの持ち、ハサミの使い方など、「こんな感じで」ではなく、ロジカルに教えているので理解しやすいと思いますよ。

1~2年のカリキュラムを修了する頃にはズバ抜けて上手くなっているはずです。どこに出しても恥ずかしくない人材を育てていると自負しています。

次回は、長戸さん採用を決めた人材のひとりをご紹介します。

▽後編はこちら▽
本当に欲しい人材って? 採用担当のホンネ 【MEN’S GROOMING SALON by kakimoto arms 事業部長 長戸寬典さん】#2>>

Salon Data

MEN’S GROOMING SALON by kakimoto arms SHINJUKU

住所:東京都新宿区新宿3-24-1 新宿M-SQUARE 2F
TEL:03-3226-3320
定休:無休
・メンズグルーミングサロンオフィシャルHP
https://mensgrooming.tokyo
・メンズグルーミングサロンInstagram
@mensgroomingsalon_official
・カキモトアームズInstagram
@kakimotoarms_official

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事