お客様を幸せにするために休日を使う!【本当は教えたくない! 人気アイリストの休日/POOL EYE omotesando 店長 高田茉実さん】

あの人気アイリストはどうして売れっ子なのか。その秘密は休日の過ごし方に隠されているのかも…!? ということで彼女たちの休日を覗かせてもらう本企画。

今回は、洒落感たっぷりのデザインとともに、居心地の良い雰囲気にも評判が集まる「POOL EYE omotesando」から、店長兼トップアイリストの高田茉実さんにお話を伺いました。

一人一人、「オーダーメイド」を大切に

高田茉実さんのプロフィール

アイリスト歴:8年
出身地:大阪府
出身校:関西美容専門学校
アイリストとしてのモットー:お客様をHAPPYに!
Instagram:@__mamico

休日ルーティン1/気になる旅館やホテルでHOTEL STAY!

――高田さんのお気に入りの休日の過ごし方を教えてください。

「気になる旅館やホテルで休日を過ごすようにしているんです。そういうところで素敵なホスピタリティを学びたくて」

――それはまた新しいスタイルですね!

「『こういうサービスやおもてなしって素敵だな』とか『これをしてもらえると嬉しい♡』と思ったことを自分にインプットしています。私も人を相手にする仕事をしていますから、自分のお店で一人でも多くのお客様に喜んでもらえるような接客をしたいなと常に思っています」

サービスを提供する側にとってホスピタリティを意識することはとても大切ですよね。ホスピタリティを学ぶ場として旅館やホテルを選ぶそのお考えがとても斬新です。また、今の時代、思い切ってこのような場所に行くのも良い気分転換になるのではないでしょうか。

休日ルーティン2/自身のブランドの撮影

――こちらは何をされているシーンでしょうか?

「実は、2018年からInstagramを通じて『Lilou』というアパレルブランドを自己プロデュースしているんです。この日はそのブランドの撮影でした」

――すごい! 活動の幅が広いですね! 

「ブランドを通じてお店に来てくださる方が増えたのが嬉しいですね!」

おしゃれとは、部分的なことだけでなくトータルの雰囲気だって大事。「目元」のデザインはもちろん、高田さんご本人や、そのブランドのイメージに憧れて通いたくなるお客様もいるのでしょうね。

高田さんの「休日を有意義にする3つの心得」

サロンの代表として多忙を極める高田さんですが、休日もとても活動的で向上心を感じます。そんな高田さんが休日に大事にしているポイントを教えていただきました!

1.仕事の日と同じ時間に起きる

「一日一日を大切にしたいのと、『早起きは三文の徳』と言うように、朝早くから行動すると得した気分になれるんです。体内時計もくずれないので良いこと尽くしです!」

2.おいしいご飯を食べる

「一週間仕事を頑張ったご褒美として、おいしいご飯を食べに行くのがマイルールです」

3.家の掃除をする

「『部屋の乱れは心の乱れ』です! 休日は朝から掃除をすることで一日気分よく過ごせますよ」

旅館に出向いたり、ブランドを運営したりと、アクティブに過ごされている高田さん。休日もだらけないようにと自分を律しているお姿がとても素敵です! とはいえ、「大きな目標でも小さな目標でも、達成したら自分にご褒美をあげる。たまには自分に甘く!」なのだとか。ときに自分を甘やかすというバランスの良さも見習いたいですね。

『お客様に笑顔になってもらうためにスキルアップしたい!』と思うようになったときから仕事が楽しくなりました」と高田さん。休日にパワフルなのも全てはお客様のため。高田さんの仕事に対する熱量と、休日の活動量は比例しているようですね。

※「アイリスト」は有限会社ローヤル化研の商標です。

取材・文/佐藤咲稀(レ・キャトル)

Salon Data

POOL EYE omotesando

住所:東京都渋谷区神宮前5-50-1 山路ビル2F
TEL:03-6712-5535

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事