美容業界の応援メディア
学び・キャリア 2021-01-13

本当に欲しい人材って? 採用担当のホンネ【CARAL KENSEIさん】#1

「こんなスタイリストになりたい!」という理想をかなえるには、技術を磨く努力はもちろん、経験の積み重ねがものを言います。その体験の場となるのがサロン。そこで、人気の美容系サロンの採用担当者に、求めている人物像を直撃しました。さらなる高みを目指している人を応援します!

今回は、CARALで採用を担当している、オーナーのKENSEIさんにホンネをうかがいます。

今回お話しを伺ったのは…

CARAL オーナー KENSEIさん

都内の有名サロンで腕を磨き、2018年6月に中目黒にCARALをオープン。髪質、骨格に合わせたカットで支持を集め、似合わせを実現するカラー&パーマも好評。「外国人風」「透明感」「カジュアル」「モード」「ラフ」など、どんな要望にも応える高い技術力を誇る。フォトグラファーとしても活躍中。

「インスタグラムで、サロンとのマッチングをチェック!」

――まず、CARALはどのようなサロンでしょうか?

CARALは「上品で洗練された大人カワイイを」をコンセプトに掲げているサロンです。1人ひとりのライフスタイルに合わせたデザインで支持を集めており、居心地のよい環境作りにも力を入れています。

店内は、シンプルでデザイン性の高いインテリアが並んでいるので落ち着いた雰囲気で包まれており、明るい会話で溢れているため「肩の力を抜いて過ごせるから、うれしいです」というお声をいただくことが多いです。サロンの空気感をひと言でまとめると「おしゃれで安らぎのあるプライベート空間」といったところでしょうか。

客層としては「中目黒」という立地もあり20~35歳くらいのファッションや美容に興味があり意識の高い女性がメインですね。日頃のサロンワークでは「本来の自分のよさを引き出したい」、「日々の疲れを癒したい」などのご要望をよくいただきます。他にも、中目黒駅から徒歩3分なので「通いやすくてうれしいです」という声も多いですね。

――とくにおすすめのメニューはありますか?

カット&Rolland H カラー、バレイヤージュ、ハイトーンがとくにおすすめで人気です。

施術では、高いカット技術を軸に、ダメージレスで発色、色持ちが通常カラーの2倍以上のRolland Hカラーを使用し、圧倒的にきれいな仕上がりと、抜群の透明感を再現するなど、絶妙なニュアンスカラーを意識して、お客さまの理想を超えるカラーを実現しています。

最近は在宅ワークのお客さまが増えているので、ハイトーンオーダーがかなり多くなっていますね。他にも最高級のオーガニックブランドRollandの製品を使用したヘッドスパもおすすめです。

フルフラットシャンプー台を使い、スチームも当てているので「とてもリラックスできました」というお声をよくいただき、途中で眠ってしまう方もいますね。

――それでは、採用の流れを教えてください。

流れは書類選考、2次選考、3次選考、最終選考の大きく4ステップに分かれていて(3次までで合否を決める場合もあり)、書類選考では履歴書、インスタグラムのID、スタイルブック(ある方のみ)を送ってもらいます。チェックしているポイントは、「履歴書を埋めているか」、「誤字脱字はないか」、「字を丁寧に書いているか」、「証明写真を貼っているか」などの基本的な姿勢ですね。

また、インスタグラムはサロンのテイストとのマッチングを確認できるので重要だと思っています。CARALは、上品で洗練されたスタイルを打ち出しているため、赤文字系に寄り過ぎているテイストや、モードすぎる奇抜な雰囲気などは「サロンの方向性と少し合っていないかな」と。

ちなみに、フォロワー数は入社後も伸びると思うので、それほど重視をしていません。SNSには、私たちも力を入れ始めたばかりなので一緒に考えながら取り組んでいきたいと思っています。

――これまでに、印象に残っている応募書類はありましたか?

スタイルブックがたくさん届いたことがあり、とくに印象に残っています。なかのスタイルもCARALのテイストと合っていて、「この学生は、きちんと自分が好きなデザインとサロンの雰囲気を分かっているな」と。

また履歴書もびっしりと書いていて、作文も添えてきたので熱意がとても伝わってきました。実際に会ってみると、やはりとても素敵な学生でしたね。

次回は、3次選考、最終選考の内容やKENSEIさんが採用を決めた人材のひとりをご紹介します。

Salon Data

CARAL

住所:東京都目黒区青葉台1-30-13 サンライズ中目黒301
TEL:03-5734-1210

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事