ヘルスケア&介護業界の応援メディア
ヘルスケア 2021-01-02

【もっと知りたい「ヘルスケア」のお仕事 Vol.17】目白鍼灸院 河岸桜子さんが感じた鍼灸師の魅力とは

「ヘルスケア業界」のさまざまな職業にフォーカスして、その道で働くプロにお仕事の魅力や経験談を語っていただく『もっと知りたい「ヘルスケア」のお仕事』の企画。

「目白鍼灸院」で若手ホープ鍼灸師として活躍している河岸桜子さん。前回は、鍼灸師を目指したきっかけや、現在までの道のりについて教えていただきました。今回は、鍼灸師になって感じたお仕事の魅力や、鍼灸師を続けるうえで大切にしていることを語っていただきます。

患者様との距離の近さが、鍼灸師の魅力です

―目白鍼灸院には、どんな方がよく来院されますか?

鍼灸にいらっしゃるのは、病院ではよくならなかったという方が多いですね。みなさん、痛みが出ると、まずは病院に行かれると思います。そのあと、整体やマッサージに行ってから、本当に最終的な手段として鍼灸にたどり着く。最後の砦じゃないですけど、そういう感じでいらっしゃる方も多いです。

―そういう方々には、どんなアプローチをしていますか?

もちろん、自信を持って一回で完全によくなりますよ、とは言えません。でも、鍼灸は速効性が高く、施術中から体の変化を感じやすい施術でもあります。

私の場合は、最初に硬さが出ているところを、患者様と共有します。そして、施術をしている途中でも、また同じところの硬さを確認するんです。すると患者様も、さっきより柔らかくなっているのがわかる。そうして共有しながら進めることで、ちょっとした変化を実感していただけて、患者様も希望を持ちやすいんじゃないかなと思っています。

―ほかに、施術中の患者様とのコミュニケーションで気をつけていることはありますか?

施術中は、けっこう患者様と会話することが多いんですが、聞かれて欲しくないことって絶対あると思うので、返答だったり表情だったりを見て話題は選んでいます。会話を楽しみに来てくださる方も多いのですが、私自身も楽しくて、よく大声で笑っています(笑)。

―河岸さんが感じる鍼灸師の魅力とは?

鍼灸師って、患者様との距離がすごく近いんです。施術の約1時間は付きっ切りですし、ほとんどの方は1~2週間に一度の頻度で定期的にいらしていただけます。そのなかで、お体の悩みだけでなく、日常での悩みごとだったり、いろんなお話を聞くんです。そういう意味では、心を軽くするお手伝いもできているのかなと思うので、そんな身近な存在でいられることは、魅力のひとつだと感じます。

困ったときの選択肢になるために。必要なのは丁寧さと確かな技術

―鍼灸師を目指している方にアドバイスをお願いします。

勉強しておいてよかったなと感じるのは、ツボだけでなく、骨格や筋肉の働きについてですね。実践ですぐに役立つので、頭に入れておいてよかったです。基礎ではあるんですけど、本当にいっぱい覚えることがあるので、忘れやすい部分でもありますよね。

私の場合は、自分の体で部位を確認して実際に動かしながら、連動している筋肉の動きなどをセットで覚えていきました。本を読むだけじゃなくて、自分の体でも触ってみると、理解しやすいと思います。

―河岸さんが鍼灸師を続けるうえで大切にしている3か条を教えてください。

1. 患者様には丁寧に触れる

患者様に触れるときはもちろん、施術に入る前にかけるタオルとかも、すごく丁寧にするように気をつけています。患者様は寝ている状態で、体を預けていただいている。そこで雑に扱われたら、自分でも嫌だと感じると思うので、絶対に雑にしないように心がけています。

2. 1回で可能な限りの効果を感じてもらう

お体がつらくて来院されているので、できるだけ早く楽にしてあげたいんです。だから、1回の施術で、どれくらい効果が出せるかっていうところに、毎回挑んでいます。症状の原因がわからないことも多いので、原因や体質の見極め、使うツボの選定など、きちんと判断できるように取り組んでいます。

3. 居心地のよい1時間にする

患者様は、一日のあいだの貴重な1時間を使って来てくださいます。その1時間を、「来てよかった」と思っていただけるような時間にしたいなと思います。施術によって体が軽くなったとか、私との会話も含め、居心地のよい時間になるように心がけています。

―最後に、河岸さんは今後どんな鍼灸師を目指したいですか?

患者様が困ったときに、「あそこに行けばなんとかしてくれるかも」という選択肢のひとつにあがる鍼灸師になりたいですね。会うと元気が出るような、そういう支えのような存在になれるといいなって思います。

患者様に寄りそう気持ちと、施術者として最大限の力を発揮すること。ヘルスケア事業にたずさわる人に必要な想いを、河岸さんに語っていただきました。次回は、河岸さんの手技&技術をご紹介します。

▽#3はこちら▽
【もっと知りたい「ヘルスケア」のお仕事 Vol.17】目白鍼灸院 河岸桜子さん流 鍼灸師の手技&技術>>

取材・文/山本二季
撮影/米玉利朋子(G.P.FLAG)

教えてくれたのは…

「目白鍼灸院」鍼灸師 河岸桜子さん

鍼灸あん摩マッサージ指圧師。北海道にある東方鍼灸院で約3年の鍼灸臨床研修後、2019年より目白鍼灸院にて勤務。「刺さない鍼」をメインとした高い施術技術と明るい人柄で人気を集めている。

Store Data

目白鍼灸院

住所:東京都豊島区目白3-5-6 目白ITビル2F
TEL:03-5996-8302

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事