美容業界の応援メディア
学び・キャリア 2021-03-31

「提案力」と「密な接客」で私らしい心地良さを感じてもらえる美容師に/QUEEN’S GARDEN by K-two 銀座 片瀬知佳さん #2

コロナ禍での働き方は、「時短で高パフォーマンス」がキーワード。そんなwithコロナ時代を生き抜くために、どんな取り組みを行っているのか、そのプラス効果とは?

前編では、サロンではディレクターという役職を務めながら、一児の母として子育てにも奮闘するQUEEN’S GARDEN by K-two 銀座の女性スタイリスト・片瀬知佳さんに、コロナ禍でのサロンのあり方、働き方の変化についてお聞きしました。

後編では、1日のタイムスケジュールを取材。これまでとの変化や見直した点、子育てをしながらママ美容師として活動する今の気持ちについてお聞きしました。

お話しを伺ったのは…

QUEEN’S GARDEN by K-two 銀座 ディレクター 片瀬知佳さん

長野県松本理容美容専門学校卒業。横浜のヘアサロン1店舗を経て、K-twoに入社。美容師歴18年、銀座店でディレクターを務める。現在は、2歳のお子さんを育てながら、週5(1日5時間程度)で時短勤務中。お客様一人一人の骨格や髪質、ライフスタイルなどに合わせながら行う骨格補正カットが得意。片瀬さんの技術とセンス、物腰が柔らかく話しやすい人柄にはファンが多く、ママ世代を始めたくさんのお客様から支持されている。

片瀬さんの1日の流れ/限られた時間の中で「密にならずに効率良く」がテーマ。サロンでも自宅でもコロナ対策は徹底

片瀬さんある日のタイムスケジュール

平日は12時にサロンオープン。朝、子供を保育園に預けてから出勤し、17時までの時短勤務になっています。毎朝起きるのはだいたい6:30くらい。9:30には保育園へ子供を送り届けます。サロン到着が10:20。そこからレッスンをみたり、店内のお掃除などがあり、12時からご予約のお客様を迎えます。17時までサロンワーク、そのあと保育園へお迎えに行く流れです。

以前はフルタイムで朝から晩まで働いていたので、5時間ってこんなに短いの!? この間にどれだけやれるか! そんな風に感じながら過ごす日々。今は1日だいたい5、6人くらい。30分1枠として、2人入ったら1枠切るなど、余裕を持った予約の取り方をするようにしています。施術はダブル操作で行って少しでも時短を。カットは1時間以内に、カット・カラー・トリートメントだったら1時間半〜2時間といったところでしょうか。個人の予約数と、お店全体の予約数と両方を見て、密にならないような環境に調整しています。

——お子さんは今2歳とのことですが、大変な時期では?

今でこそ少し落ち着いてきましたけど、1歳になるまでは風邪をひいたり急に熱を出したりが結構多かったですね。夫がわりと時間の都合をつけやすい仕事をしているので、そういう時は夫にもみてもらって何とか乗り越えてきました。仲が良いお客様には少し時間をずらしてもらったりして、協力いただいたことも。本当に感謝です。

——サロンではもちろん、小さなお子さんがいると家庭でもコロナが気がかりですね。

お店では、席と席の間はパーテーションで区切りをつけています。入客ごとに手を洗う、スタッフの消毒だけでなくお客様が使える消毒用品も各所に設置、必ず不織布マスクをつける(布マスクのお客様には不織布マスクに交換していただく)、お客様の荷物入れは共有せず使い捨ての袋を使う…などなど、対策を徹底。お互いにマスクをつけたままでの施術が基本です。

家に帰ってからは、できるだけすぐにシャワーを浴びるようにしています。私も子供も、帰宅と同時に全部着替え。あとはこまめな水分補給も欠かせません。

今後の展望/他の美容師さんといる時とは別の心地良さを感じてもらえるような一人になりたい

——このコロナ禍で、子育てをしながら働く美容師として感じていることは?

お客様一人一人がとても大事になりましたね。今は人数も時間も限られていて、やはりママ美容師になってお客様の数は以前より少なくなっていると感じます。だからこそ、来てくださるお客様はすごく貴重で、一人の大切さというのを改めて実感しています。施術に入る時は、一人のその方に対してしっかり考えてから入るように。こういう提案をしてみようかなとか、ちょっと考えるひと時を作ってからお客様と対面するようにしています。

あとは、子育てしながら働くようになった自分が実感していることを、同じママ世代のお客様と共感したり、スタイリングなんかもこうしたら簡単ですよ、楽ちんですよ、みたいなことをお伝えできたらいいなと思います。以前は巻いて作るスタイルも結構やっていました。でも今は、持ちの良いスタイルや乾かしただけで決まるスタイル、結ぼうと思ったら結べるミディアムくらいのレングス…そういうのが自分の中でもいいなと感じているし、リアルな意見をプラスした提案がしていけたらなと。

——これからの働き方で、どんなことが求められると思いますか?

もうただ待っていてもお客様が来てくれる時代ではなくなりましたよね。例えば、銀座や青山にはるばる遠くから足を運ばずとも、近所の他の美容室へ行ってしまう人も増えていくのでは。そういう中で、私個人としての課題は、「提案力」と「密な接客」がより大切になってくるのかなと思います。来店回数が減る、周期が伸びるからこそ、こんな風にしたらどうですか? という提案の幅をもっと広げる。カットやデザインのこだわり、なぜこうするのが良いかの説明、そういう部分を前よりしっかりやるようになりましたね。

SNSでつながれるところはどんどんつながって、関係性に厚みを持たせていきたいです。お客様のことを知れるし、自分のプライベートを知ってもらえるという利点もあると思います。お客様がお子さんの写真をアップされていたら、「可愛いですね〜!」とちょっとコメントを入れたりとか、それだけでも少し近くなれた感じがするし、会話のきっかけやスタイル提案のヒントになったりもする。いざカットするとなった時に探り探りではなく、自然と会話ができる、日々を共感できる、そういう関係性が築いていけたら。他の美容師さんといる時は「別の心地よさ」を感じてもらえればうれしいです。

ママ美容師としては、同じ生活リズムだからこそ分かる部分って多くて、そういうところからも広げていけたらいいですね。お客様のお子さんも連れてきてもらって、一緒に成長を見ていけるような存在になれたら最高です。

コロナ時代、効率的に働く3つのコツ

1.余裕を持った予約操作でより時短を実現

2.時代、世代に合わせた提案力を磨く

3. SNSを活用してお客様との関係性を密に

美容師歴18年のキャリアを積んできた片瀬さん。これまで数え切れないほどのカットをしてきたであろう彼女が今感じる、お客様一人の大切さ。子育てをしながら時間は限られている中で、一人一人に対する思いや丁寧さ、頼りになる力強さというのがすごく伝わってくるインタビューでした。

コロナ禍でも子育てをしていても、パワフルに活躍できるのは、これまで片瀬さんが積み上げてきた実績と努力の賜物。そして、力のあるママ美容師(パパ美容師も!)たちが活躍し続けられるよう、働く環境もアップデートされていくことがこれからのテーマになりそうです。

▽前編はこちら▽
時短勤務のワーママでもSNSで売り上げ横ばいをキープ!/QUEEN’S GARDEN by K-two 銀座 片瀬知佳さん #1>>

取材・文:青木麻理(tokiwa)
撮影:mika

Salon Data

QUEEN’S GARDEN by K-two 銀座
(クィーンズガーデンバイケーツーギンザ)

住所:東京都中央区銀座7-8-7 GINZA GREEN6F
TEL:03-6252-3285
片瀬さんのInstagram:@katase_ktwo

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事