【SNS活用術】「同じドレスでこんなに違う⁉︎」花嫁写真を投稿したらブライダル集客に成功!【OPAL セラピスト 児玉愛美さん】#1

セラピスト児玉愛美さんが営む美容整体サロン「OPAL」には、数多くのプレ花嫁が訪れます。整体院での勤務経験を活かし、エステと姿勢改善を組み合わせた「ブライダル整体」が話題となり、2020年2月にオープンしたばかりにも関わらず、早くも「予約が2ヶ月待ち」の人気サロンに。

「プレ花嫁」を明確に狙い撃った、とある投稿が効果を発揮し、Instagramメインの集客に成功したようです。お客様の7〜8割はInstagramからの来店で、その他はご紹介。クーポンサイトからの予約は今までに2〜3人のみだったと言います。

前編では、「挙式までの体型の変化(ストーリー)をわかりやすく伝えるため」にお客様のウェディング写真を用いる、児玉さんならではの投稿テクニックを教えていただきます。

教えてくれたのは…

「OPAL」
オーナー 児玉愛美さん

エステサロン勤務時代に「痩せているのにきれいに見えない原因は骨格・姿勢にある」と考え、整体にシフトチェンジ。整体院で3年間経験を積んだのち、独立して2020年にプライベート美容整体サロン「OPAL」をオープン。整体とエステを融合した独自の技法で、多くのプレ花嫁たちを「華奢ボディ」に仕上げている。
児玉さんInstagram:@opal_esthetic

お客様の花嫁写真を投稿して「花嫁アカウント」に見つけてもらいやすく

児玉さんはふんわり可愛らしい雰囲気とは対照的に、
力強い手技が得意

――Instagramではブライダル関連の投稿が多いようですが、もともとブライダルをターゲットにしていたのでしょうか?

いえ、当初はブライダルに特化してやっていたわけではないんです。挙式を控えているお客様に施術をしていると、「はじめてドレスを着たときに、自分では細いと思っていたのに、肩甲骨が出ていない背中を見て落ち込んじゃった…」と言われることが多かったんです。

そうなると、リンパを流す云々より先に土台づくり・猫背改善をするべきだなと感じ、世間では「ブライダル整体」という考え方はあまり浸透していなかったので、ブライダルで悩んでいる人が駆け込めるお店にしたいと思い、ブライダルを全面的に打ち出すようにしたんです。

――現在、クーポンサイトではブライダルメニューを打ち出していませんよね。Instagramでの打ち出し方と変えていることに何か意図はあるのでしょうか?

ここ5年くらい、花嫁美容の検索市場がWebからInstagramにシフトしたんです。インスタで「花嫁アカウント」をつくって情報収集する人が増え、他の花嫁さんや式場をフォローしたり、ドレスを調べたりするのもInstagramがメインに。

友達には見せられないようなお悩みもあるので、いつも使っているアカウントとは別に用意している人が多いみたいです。

――「花嫁アカウント」が今の新定番なんですね。ところで、お客様の花嫁写真を投稿するようになったのはなぜですか?

「式のデータが届きました〜」「この前ドレスの試着をしたんです」とお写真をくださるお客様が多かったんです。せっかく素敵なお写真をいただくなら、インスタに載せてみようかなと。

――以前と比べてフォロワー数はそのように変わりましたか?

オープン前は1000人いくかいかないかくらいでしたが、今は4000人くらいまでに増えました。

――その後、サロンワークでも変化はありましたか?

今ではお客様の6割くらいがプレ花嫁様ですね。コロナの関係で式を延期したという方も多いのですが、それでも1日に1〜2人はブライダルの施術です。

ハッシュタグもbefore・after写真も「お客様の声」を忘れずに

「美姿勢」とはまさに児玉さんのこと!
ご自分の身をもってお客様に伝えています

――プレ花嫁にささるハッシュタグはどのように考えているのですか?

いつもお客様に「何を見て来ましたか?」とリサーチしているのですが、お客様が答えてくれたワードは絶対にハッシュタグに追加するようにしています

逆に「リゾート婚」は今はもう不要かなと。以前だったらハワイ挙式も人気でしたが、それが難しい世の中になってしまったので、そういう無駄になるハッシュタグは消しています。

あとは、美容雑誌などからヒントを得ることも。「こういう風に言うと乙女心に刺さるんだぁ」と結構勉強になるんです。

――花嫁写真の他に、反響が大きい投稿はありますか?

「姿勢改善」のbefore・afterの写真はお客様ウケが良いですね。「同じ体重でもこの部分のコリをなくすことで細く見えるようになる」というのがわかるような投稿にしています。

――巻き肩のbefore・afterの写真、変化が一目瞭然ですね。

写真の角度が少し違うだけで、あまり変化がないように感じられてしまうので、結構いろんな角度を試した結果、行き着いたのがこのアングルなんです。

注目してほしい部分に印をつけることで、よりわかりやすく

以前勤めていた整体院で「小学生でもわかるような説明をしよう」と教え込まれてきたため、写真撮影でも意識するようにしています。エステや整体のbefore・afterの写真って、プロの目線では「ここがすごい変わっている!」と一目瞭然ですが、お客様からすると「何が変わっているかわからない…」というパターンが結構多いんですよ。おそらくお客様は「本来の正しい体の状態」がわからないからなのかなと。なので、before・afterの写真を投稿する際は自分で「ここに注目」と矢印などを書き込んで解説するようにしています。

余談ですが、ご新規様に「何を見てきてくださったのですか?」とお聞きすると、「before・afterの写真を見て」「肩甲骨出しというワードに惹かれました」という方がほとんどなのですが、いいね! 数が多いのは意外にも自分が登場する投稿なんです。集客につながるネタといいね! が増えるネタは違うのかなと最近感じています

プレ花嫁にささる投稿テクニックとは?

1.「花嫁アカウント」の目に留まるようにウェディング写真も投稿

2. お客様のドレス写真を用いて、挙式までのサクセスストーリーを提示

3.お客様の検索ワードを常にリサーチして、よりホットなハッシュタグを利用

お客様の花嫁写真の投稿が多くのプレ花嫁の共感を集めているようです。また、日々お客様への情報収集を怠らないという児玉さんの投稿にはきちんと説得力も感じます。後編では、自店の強みを明確にPRするコツを教えていただきます。

▽後編はこちら▽
【SNS活用術】「猫背改善」から「華奢ボディ」にワードを変えたらフォロワー数アップ!【OPAL セラピスト 児玉愛美さん】#2>>

取材・文/佐藤咲稀(レ・キャトル)
撮影/石原麻里絵(fort)
イラスト/なとみみわ

Salon Data

OPAL

住所:東京都渋谷区広尾1-15-3マスダビル701
TEL:03-5422-6626

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事