【子育て応援メソッド】一家にひとりセラピスト! ワークショップを通じて幸せな家庭を増やしたい ウェルネスアドバイザー山中愛子さん♯2

アロマセラピー教室「A-STYLE LIFE」を主宰する山中愛子さん。前編では「doTERRA(ドテラ)」のエッセンシャルオイルを毎晩お子さんの背中に塗ってコテンと寝てしまうお話や、柔軟剤やバスボムなど日用品を手作りして、アロマをふんだんに取り入れた日常生活についてお伺いしました。

この後編では、アロマタッチテクニック認定セラピストについて、また主宰するアロマ教室でのワークショップの内容、育児との両立について詳しく伺っています。

お話をお伺いしたのは

A-STYLE LIFE
主宰 山中愛子さん


大妻女子大学短期大学部家政科卒業。栄養学や保育学、家族関係学など幅広く学ぶ。2016年アロマセラピーと出会い、植物の力をとり入れることで美容・健康・感情コントロールまでできることを体感。エッセンシャルオイルの素晴らしさを広めるためにA-STYLELIFEを主宰。「doTERRA」社アロマタッチテクニック認定セラピスト、BDAベーシックアロマクラフト認定講師、BDAビューティアロマ認定講師、BDAブレインアロマ認定講師、ユリシス・ドンネデコ認定講師 9才男児のママ
山中愛子 A STYLE LIFE https://lit.link/aikoyamanaka

この技法を家庭のお母さんたちに覚えてほしい

──アロマタッチテクニック認定セラピストとは?

アロマタッチテクニックは、エッセンシャルオイルで家族など身近な人をケアするために生まれた「doTERRA」独自のトリートメント技法です。わたしも公式トレーナーによるレッスンを受けて認定セラピストのディプロマを取得しました。

アロマタッチテクニックは、リラックス作用などがある8本のエッセンシャルオイルを使って背中や足の裏をトリートメントします。

──どんなお悩みにも同じものを使うのですか?

そうなんです。アロマタッチテクニックは、植物の生命力の詰まった高品質なdoTERRAのエッセンシャルオイルと手技により身体に不調をきたす要因に働きかけるので、さまざまなお悩みを和らげてくれます。アロマタッチを行うのが難しいときは、8本のオイルでロールオンタイプのブレンドオイルを作っておいて、肩などつらい部位に塗るのもおすすめです。

doTERRAのエッセンシャルオイルを使用して行うアロマタッチテクニック。

──アロマタッチテクニックは教室の施術メニューにもされているのですか?

メニューのひとつとして取り入れているサロンやアロマタッチ外来のあるレディースクリニック、国立の医療センターでは産後のケアにアロマタッチテクニックを取り入れているところもありますが、わたしはアロマタッチテクニックを家庭のお母さんに覚えてほしいと思っているんです。特別な技術もいらないし、同じ動作を繰り返す簡単な施術なので、お母さんに覚えていただければ「一家にひとりセラピスト」の家庭が生まれ、より幸せな家庭が増えるんじゃないかなと思っています。

──そんな思いでアロマタッチテクニック認定セラピストをされているのですね。

はい。施術としてではなく、エッセンシャルオイルの素晴らしさを体験していただくために通常1回1000円で体験してもらっています。育児に忙しいママやストレスを溜めこんでいる方、ご家族や仲間同士で癒し合いたい方にもぜひ覚えていただきたいです。

世界にひとつだけのアロマリップスティック

──教室ではアロマのワークショップも開催されているとか。

はい。すでに「doTERRA」のオイルを使っているメンバーさんやそのお友達向けにワークショップやクラフト会を開催しています。

とくにご好評いただいているのが、アロマリップスティックのワークショップです。ミツロウやココナッツオイル、キャンデリラワックスなど植物性の天然素材にお好みの色とお好みのエッセンシャルオイルをプラスして世界にひとつだけのアロマリップスティックが作れます。色素は天然材料のカラーマイカ9色から選べ、香りは乾燥やホルモンバランスの乱れが気になる方にはとくにフランキンセンスのエッセンシャルオイルがおすすめです。

大人気のアロマリップスティックのワークショップはZoomでも開催。

キラキラのリップスティック容器はママたちに大人気。

クレンジング、化粧水、美容液、クリームなどエッセンシャルオイルを使ったスキンケアや、バスボムや柔軟剤など日用品を手作りするワークショップも好評です。

メイク落とし、化粧水、美容液、保湿クリームなどエッセンシャルオイル入りのスキンケアアイテム。「美肌作用のあるエッセンシャルオイルで肌の状態や悩みに合わせたスキンケア作りを楽しんでいます。最近ファンデーションは塗ってないんですよ」とツヤツヤお肌の山中さんは、手作りミネラルファンデーションも試作中だとか。

ワークショップの途中で子どもが帰宅しても気にしない

──お仕事は学校の時間内でされているのですか?

ワークショップは10~14時くらいの間に設定していますが、子どもが帰宅するまでに必ずお客様に帰っていただくようにはしていません。子どもが途中で帰ってきてもいいやという感じでやっています(笑)。「ただいま」って帰ってきて、自分で宿題をバーッとやって、すぐに遊びに行ってしまいますし。ただアロマタッチの途中で子どもがドアを開けてしまうのは避けたいので、そのタイミングには被らないようにしています。

説明会やメンバーになられた方のサポートは夜の時間帯が多いので、子どもがいてもズームでお話しています。夜10時の子どもの就寝時間にわたしが寝かしつけできないときは夫にお願いしています。寝かしつけと言っても、お腹と背中にラベンダーを塗るくらいですけど(笑)。

仲良し長男くんと2ショット。

──お子さんがいてもやりやすいお仕事なのですね。

そうですね。通勤しなくていいですし、子どものそばにいながら自宅で働けて、派遣社員の頃よりも収入は増えています。何より自分の家族でアロマライフを実践できることが幸せです。

──お子さんが体調不良のとき、お仕事はどうされていますか?

最近は本当に健康なので、あまり不調がないんですよね。もしそうなったときは、コロナ禍以降オールリモートのパパを頼ります。

──パパにもトリートメントされますか?

はい。ゆっくりと時間をかけてアロマタッチをするときもあるし、時間がないときはササっと。肩こりや背中の痛みには鎮痛ブレンドの「ディープブルー」を湿布代わりに塗っています。

──最後に今後の目標を教えてください。

いまは自宅で教室を運営していますが、きちんとサロンを持ちたいという夢があります。自宅だといつでも誰でも使っていいよとは言えないので、仲間と一緒に使える場所を作りたいです。それと同時に、ママたちが集まれて癒される場所にしたい。子連れももちろんOKだし、保育士の資格を持っているスタッフが常駐していて、安心して子どもを預けられたりとか。その間にママが学んだり、アロマタッチを受けたりできればいいですね。そして、体に良い発酵食品やミネラルを使った食事を提供できて、子どもは無料でOKなんてできたら最高です。

ナチュラルな方法で自分や家族をケアし、健康の自立、そして経済的にも自立した女性を増やし、笑顔と幸せの循環を起こすことを目標にしています。
………………………………………………………………………………………………………………

山中さん流! アロマ教室運営スタイルの極意

9才の男の子の育児をしながらアロマ教室を主宰する山中さん。山中さん流、アロマ教室運営スタイルの極意は以下の3つです。

1.トリートメントはオイルの良さを知ってもらうため

2.ワークショップの途中で子どもが帰宅しても気にしない

3.夜Zoomが入ったら寝かしつけはパパに頼む

「アロマの木箱が各家庭に1セットずつあったら、どの家庭もいまよりもっと幸せで豊かになれるんじゃないかな」と語ってくれたウェルネスアドバイザーの山中さん。数年前まではアロマにまったく興味がなかったものの、フェイスブックの投稿を見たのをきっかけにどんどんアロマの世界を広げ、いまでは派遣社員のときよりも収入を得られるようになったそうです。ワークショップの途中に子どもが帰宅しても全然OK、夜のズーム中は夫に子どもの寝かしつけを頼むなど、山中さんの大らかで柔軟な考え方が「子どものそばにいながら働きたい」という理想の形を叶えたのだと思います。仕事と育児の両立に悩みを抱えている方は、固定観念にとらわれない山中さんのお仕事スタイルを参考にしてみてはいかがでしょうか。

取材・文/永瀬紀子

1
2


この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事