28年間セラピストとして活躍できたのは、高い美容効果と自分自身がパワースポットであること Mikiさん

セラピスト歴28年の Mikiさん。前編では物販が嫌で勤めていたエステをやめたMikiさんが、2年前に出会った「ロダン+フィールズ」という商品でなぜ日本売上トップを記録するまでになったかをお聞きしました。ポイントは自分が良いと思うもの以外は紹介しない、信頼を築き上げるまでは商品の話はしないという2つを徹底していること。信頼関係の下地があって、良い商品であれば、自然に売れていくとMikiさんは言います。 

後編では、28年間セラピストとして活躍してきたMikiさんにそのコツを伺います。まず何をおいても大切なのが、お客さまが高い美容効果を実感し、効果が長持ちすることだといいます。それを実現しているのが、機械をほとんど使わずにハンドにこだわった施術。そしてエステは施術者とお客さまとの気の交換だというMikiさんは、自分自身がパワースポットでいられるように心がけているそうです。

今回お話を伺ったのは…

Mikiさん


セラピスト歴28年。高校卒業後、トリマーとして働いたのち、エステ業界に転職。その後31歳で独立、自宅サロン「Beauty&Relax MAHANA」を開業し、高い技術力と美容効果で多くのリピーターを獲得している。2年前に日本に上陸したアメリカの皮膚科医が開発した「ロダン+フィールズ」のコンサルタント(販売代理店)となり、2021年10月には日本売上トップの成績をおさめるなど、活躍中。
MikiさんのInstagram:@miki_mahana

人気の秘密はハンド施術にこだわり、高い美容効果が長持ちすること!

28年間セラピストとして活躍してきたMikiさん。女性がきれいになる瞬間が見られる美容の仕事が何より楽しいという


――セラピストとして28年間活躍されてきたとのことですが、お客さまに支持されてきたのはどのような理由だと分析されていますか?

まずは効果がきちんと感じられること、そしてそれが長持ちするということだと思っています。基本的なエステというのは、2~3日は効果が持続するのですが、それ以上時間が経つと戻ってきてしまうんですね。それがうちのサロンの場合は、1カ月ほど効果が続くとお客さまからおっしゃっていただくことが多いです。1ヶ月を過ぎるとさすがに、段々戻ってきてしまうのですが、効果を持続したいと思えば定期的にお客さまが通ってきてくださいます。

――効果が感じられることや、長持ちすることというのは、具体的にどのように実現しているのでしょうか。

リンパをきちんと流せる、ハンドでの施術にこだわっています。エステ業界は、機械に頼りすぎている現状があると思っていて。機械ではリンパは流しきれないと思うんですよね。私はハンドマッサージで効果を出します。

もうひとつ心がけているのは、自分がパワースポットであること。エステはセラピストとお客さまの「気」の交換だと思っているんです。見えない世界の話になってしまうんですが、その人から出る「気」というのが確実にあると思っています。よく「あの人とは気が合うな」と思うような、まさにその感覚に近いです。私はエネルギーがすごく高くて、そうするとやはり効果にも違いが出てくるのかな、と。自分から出るエネルギーが高いことは、セラピストにはすごく大切な要素だと思っています。

お客さまが来てくださることにあぐらをかかず、勉強は怠らない

「Beauty&Relax MAHANA」の店内。お客さまがリラックスできるよう、空間造りをしているそう


――セラピストとして心がけてきたことはありますか?

「なぜかわからないけど行きたくなる」サロンでありたいという思いはずっとありました。安心して任せられる、話しやすい、あそこに行くと疲れがとれる、気分が楽になる、そういうサロンです。それを実現するため、今でもお客の立場でいろんなエステに行かせてもらい、勉強させてもらっています。自分が施術される側の立場になると、すごくいろんなことが見えてきて、良い点があればすぐに自分も取り入れるようにしています。今、ありがたいことにお客さまがたくさんついてくれていますが、そのうえにあぐらをかかないようにして、常に自分をアップデートしていきたいと思っています

――エステは全身を使っての施術もあるので、年齢を重ねても続けられるか不安になっている人も多いと思います。何かアドバイスできることはありますでしょうか?

不安がある状態で進むのが一番よくないと思うので、自信をもつことが大切だと思っています。たとえ自信に根拠がなくてもいいと思うんです。私も個人事業主としてやっているので、たとえば何かがあって休まなければいけなくなったときに、保障なども一切ないので、先行きの不安はあります。でも不安を考えると引っ張られやすい性格なので、考えないようにしていますね。最終的には、自分を信じて進むしかないのかなと思います

自分を求めてくれるお客さまを長く担当できるよう、一生セラピストでいたいという思い

Mikiさんの施術風景。美容効果が高まるように真剣に施術をするMikiさんに、お客さまからの信頼も厚い


――セラピストとして長く活躍されていますが、辞めたいと思ったことはないですか?

ないですね。もちろん悩んだりすることや、辛いことはあったりしますが、女性がどんどんきれいに変わっていくのを見るのが好きなんでしょうね。そのやりがいとくらべると、辞めるまでのことではないなと思えるんです。それが長く続けてこられた理由かなと思っています。

――最後になりますが、今後の目標を教えてください。

一生セラピストとしてやっていきたいというのが目標です。人を雇ったり、店舗数を増やしたりもっと手広く経営することもできると思うんですけど、そこには進まず今の形を続けていきたいと思っています。私の代わりはいないと思っているので、私に施術してほしくて来てくださっているお客さまをほかのスタッフに任せることができないんです。自分を求めてくださるお客さまを、できるだけ長く担当していきたいですね。

私は女性がもっときれいになる可能性を引っ張り出してあげたいという思いが強いので、それをサロンと「ロダン+フィールズ」によって実現できたらいいなと思っています。肌が変わると、女性って本当に変わるんです。話し方だったり、物事に積極的になったり。自分に自信を持って歩める女性を少しでも増やしていきたいなと思っています。
…………………………………………………………………………………………………

Mikiさんが取り組んできたセラピストとして活躍するための3つのポイント

Mikiさんが取り組んできたセラピストとして活躍するためのポイントを伺うと、以下の3つでした。

1.ハンドにこだわり、効果が出て、持続できる施術を行う

2.自分自身がパワースポットとなる

3.自分を信じ、根拠のない自信でも持ち続ける

「私の代わりはいない」と言い切ったMikiさん。28年同じ仕事を続けて、自分にしかできない境地を築き上げているMikiさんがとても素敵だと思いました。セラピストとして活躍したい方は参考にしてみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事