「似合う」メイクがわかれば、人生が変わる!「Eyelash&Nail salon Lunette」AKKOさんのイメージコンサルタントとしての顔

「Eyelash&Nail salon Lunette(アイラッシュ&ネイルサロン リュネット)」を運営し、アイリストとして働く傍ら、イメージコンサルタントとしても活躍しているAKKOさん。前編では美容師からアイリストに転身した経緯や、経営者としての視点について伺いました。

後半では、若い世代を中心に年々ニーズが高まり、自身も力を入れているというイメージコンサルティングのお仕事について伺います。

お話を伺ったのは・・・
AKKOさん。

アイリスト、イメージコンサルタント。下北沢「Eyelash&Nail salon Lunette(アイラッシュ&ネイルサロン リュネット)」代表。美容専門学校を卒業後、美容師を経てアイリストに転身。2012年に下北沢にサロンを開く。顔タイプ診断(R)の創設者である岡田実子さんとの出会いをきっかけにイメコンスクール「HAPPY SPIRAL Academy」で顔タイプ診断や骨格診断、顔分析メイクなどを学ぶ。アイリストとして活動を続ける一方で、イメージコンサルティングプライベートサロン「Bimore(ビモーレ)」に所属し、イメージコンサルタントとしても活躍。一人ひとりに本当に「似合う」メイクやヘアスタイルを提案している。

Twitter:@akko_make0225

Instagram:@akko_make0225

イメージコンサルタント養成学校が、メイクをゼロから学び直すきっかけに

顔タイプ診断(R)でタイプを分析する際に使用するチャート

――メイクを学びたいという思いから、イメージコンサルティングのスクールに通い始めたとのことですが、経緯を教えていただけますか?

たまたまInstagramで見つけたメイクのBefore、After画像に感動して、アカウントをチェックしたら、顔タイプ診断®の創設者である岡田実子さんで、「HAPPY SPIRAL Academy」というスクールを運営されていることを知りました。そこで、メイクを学ぶつもりで行ったら、イメージコンサルタントとパーソナルカラーアナリストの養成学校だったんです(笑)

スクールのメインは顔タイプ診断やパーソナルカラーをベースに、似合う色やファッションをアドバイスできる人を育てるコースなのですが、私はその一部に含まれている「似合うメイクアドバイザー」というメイクのコースに通いはじめました。

すべてのカリキュラムを終える頃に、新しく「顔タイプメイク講座」が開設されることになり、私も学びたいと伝えたら、受講するには「顔タイプ診断講座」を受講していることが条件だと言われて。だったら、と顔タイプ診断も受講し、さらに学んでいく中で、本当に似合うメイクを知るためにはパーソナルカラーも大切なことに気づいて、パーソナルカラーの講座も受講して…。結局1年くらいかけてすべてのコースを受講しました。

――ご自身の中で、メイクが上手くなるために必要だと思うものをプラスしていったら、すべての講座を受講していたんですね。ちなみに、顔タイプ診断とメイクの関係性はそんなに深いものなのでしょうか?

そうなんです。顔タイプ診断では顔の輪郭や、鼻や目などのパーツの特徴から「大人顔」か「子ども顔」か、さらに顔の中に「直線」が多いか、「曲線」が多いかを見極め、両目の距離や、あごの長さなど細かく計測しながら、顔のタイプを「エレガント」「フェミニン」など8つに分類して、その方に似合うテイストを分析していきます。

わかりやすい例を挙げると、二重まぶたで目がぱっちりしている方と、一重まぶたで切れ長の目の方とでは、似合うファッションやメイクは違いますよね

自分に「似合う」ものを知り、その効果を体感したことで人にも伝えたいと思うように

AkKOさんのレッスンでは実際に似合うカラーを使ったメイクを教わることができる

――新しい視点からメイクを学んだのですね。初めて顔タイプ診断と出合ったとき、どんな印象を抱かれましたか?

私の顔タイプは「エレガント」なのですが、当時はエレガントタイプにはあまり似合わないとされるカジュアルな服装を好んでいたのでちょっと信じられない思いでした(笑)。ただ、自分に似合う服を着ているとたくさん褒められるようになって、「似合う」ってこういうことなんだ、と改めて気づきました

芸能人の方を見ていても、自分に似合う髪型やファッションをわかっている方、身に着けている方ほど人気が出ていく印象があります。逆に、芸人さんはあえて似合わないものを着ることも多いようです。似合うものを着るとしっくりしすぎてしまうから、目立たなくなってしまうんですね。

――なるほど、おもしろい! でも、自分に「似合う」ものを自分で知るのはなかなか難しそうです。

本当にそうだと思います。最近は特にYouTubeを見て自分なりにメイクを学んだり、トレンドを意識したりという方が多いと思うのですが、お客さまからも「動画と同じようにメイクしているのに、全然似合っている気がしない」というようなご相談をよく寄せられます。自分でも何かが違うということはわかるんだけれど、どうしていいかわからない…という方はたくさんいらっしゃいますね

――お客さまはどんな方が多いですか?

大学生など20代の若い世代の方が多いですね。それから、産休を経てもうすぐ職場復帰するけれど、何を着たらいいかわからないとか、年齢を重ねる中で似合う服がわからなくなってしまったなど、40代以上の方からのファッションに関するご相談も多いです。

悩みや強いコンプレックスがある人にこそ、「似合う」メイクを知ってほしい

お客さまが変化する様子や、それによって表情が明るくなる瞬間が見られるのが嬉しいとAKKOさん

――どのように集客されているのでしょう?

SNSが中心です。InstagramとTwitterを通じてお客さまのお顔写真をBefore、Afterで掲載させていただくのですが、この差が大きいとやはり反応もいいですね

ただ、まつ毛やネイル、ヘアサロンのように定期的に通うものではなく、一度自分に「似合う」ものを覚えれば一生使えるテクニックなので、リピーターさんはほとんどいないんですね。そのため、常に集客をし続けなければいけないという大変さはありますが、そういった意味ではアイサロンの存在が精神的な安心につながっています

――確かに、それは大きな強みですよね。イメージコンサルティングのお仕事をされる中で、心がけていることはありますか?

お客さまに自信を持っていただくことです。レッスンを受ける方のほとんどが何かしらお悩みや、コンプレックスを抱えているわけですが、ファッションやメイクは、その人を彩るパッケージだと思うんですね。パッケージを変えて、自分に自信が持てるようになることで、印象が変わり、出会う人や仕事が変わることもある。

私は、イメージコンサルティングには、お客さまの人生を変える力があると思っています

――素敵ですね。先ほどご自身を「飽き性」だとおっしゃっていましたが、これからさらにやってみたいことはありますか?

実は、またちょっと髪を切りたいなという思いもあって。というのも、どれだけ自分に似合うメイクができるようになったとしても、髪型が似合っていないと素敵には見えないんですよね。もうちょっと前髪をいじったらもっと素敵になりそう…と思うことがたくさんあります。

いつか、ヘアカットもまつ毛も、ネイルも、1か所ですべて完結するサロンができればいいなと思っています。ヘアカラーやネイルカラーも、その方に似合う色がご提案できるサロンができたら理想ですね。

自分に「似合う」ものを知ることで得られる3つのメリット

1.垢ぬけた印象になる、スタイルがよく見えるなど、年齢にかかわらず他人からの印象がアップ。

2.ショッピングでの迷いや失敗が激減。日々の洋服選びやメイクが楽しくなる。

3.自分に自信が持てるようになり、自然と表情や言動にも変化が起きる。

かつてアイラッシュスクールを開いていた経験が、イメージコンサルタントでレッスンする上でも生かされているというAKKOさん。似合うメイクやファッションに加えて、ヘアに関するアドバイスができるのは元美容師のAKKOさんならではの大きな強みです。これまでのキャリアを生かした働き方をしたいと考えている方は、参考にしてみてはいかがでしょうか。

1
2


Salon Data

「Eyelash&Nail salon Lunette」(アイラッシュ&ネイルサロン リュネット)
住所:東京都世田谷区代田5-31-1 ダノイ下北沢2 3F
電話:03-6322-6945

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事