美容業界の女性たちへ!キャリアも出産も手に入れて後悔しない!エッセイ・高齢出産のすすめ #2

女性の場合、どんなに成功しても、
子供を持たない人生は、必ず後悔されます。
高齢出産で子供を産むことは、ある種、生命がけです。
でも、そんな思いをして産んだ子供だから、
その子を育てることで、大きな ”生きる力” をもらえるのです。

美容業界で働く方たちもそうだと思いますが、
女性の場合、夢中で仕事をして、ワーカホリックになりがちです。
「結婚」まではしていても、「出産」「子育て」となると、
なかなか、前に一歩踏み出せないないものです。
せっかく、「女」として生まれてきたのです。
後悔しない生き方を。

“女性のためのブランドづくり”で活躍中のブランドディレクター、タナカキヨミさん。42歳で高齢出産した実体験をもとに、美容業界でキャリアを磨いている女性たちに向けてのアドバイス!

「モアリジョブ」のための書き下ろしてくださったエッセイです。じっくりお読みくださいね。

女性が「子供がほしい!」と思いはじめるのは、30歳前後。しかし、ここではまだ産んではいけません!

オリジナルエッセイ・高齢出産のすすめ

ほとんどの女性が20代後半になると、一度は「子供がほしい!」病になります。
美容業界では、忙しすぎて、子供まで、すぐ産む女性は逆に少ないようですが、一般的には、ここで、「結婚」「出産」をする女性が多いのです。

30歳ということは、仮にひとつの仕事をやり続けていたとしても、まだ、10年にも満たない。自分では、スキルアップしているような気になってしまいがちですが、そう易々と、技術と経験は身につきません。

そんな中で、30歳はとても中途半端なスキルレベルだということを自覚していただきたい。この時期に子供を抱えたら、仕事でチャンスを得る可能性は限りなく減ります。確かに女性ホルモンは減少し妊娠しにくくなるかもしれませんが、その分医学が発達しています。

みなさま、30代でしっかりキャリアを磨いて、遅めの出産をおすすめします。

「高齢出産」はデメリットより、メリットが大きい

オリジナルエッセイ・高齢出産のすすめ

普通は、「高齢出産」は負のイメージが多く出まわっているように思います。
産婦人科も早めの出産をすすめていますし。しかし、これは生物学的な見地だけの話です。

経験者でなければ語れませんが、40代で出産をして、ほんとうに良かったと思っています。

「子供がいるせいで、私は思うように働けない!」「思うように友人と遊びにも行けない!」などと思うことは、子供を「妊娠」してから、今日まで1度としてありません。思う存分仕事の激レースを走り、思う存分遊んだあとの、待望の「妊娠」「出産」「子育て」です。

逆に「この子のために、絶対に頑張る!」と、信じられないほどのエネルギーが沸いてきます。私が、「高齢出産」で、天からもらったものは、我が子を愛する大きな母性だけです。

仕事でキャリアを積んだあとに、「出産」をすると、人生を2倍楽しめる!

オリジナルエッセイ・高齢出産のすすめ

20代~30代に真剣に仕事と向き合った女性は、仕事を通して得た醍醐味をしっかり経験しているはず。もちろん、遊びもセットで。そんな女性が、こんどは40代になって、仕事を続けながらでも、「妊娠」し「出産」をする。

自分のためだけに生きていた人生から、こんどは自分より大切な生命を育てるという役目を生きはじめるのです。

若い時代の出産では、こころに余裕がなくて、仕事も子育てもグチャグチャに。
女性の場合、どんなにビジネスが成功しても、「なぜ、子供を持たなかったのだろうか?」と、自問する時期が必ずくると聞きます。あのジャネット・ジャクソンさんも、50歳で妊娠中です。

キャリアさえ身についていれば、子供は大きな愛で育てられます。あきらめないで。

Profile

タナカキヨミさん

タナカキヨミさん

職業はブランドディレクター。
女性のための商品を女性チームでブランディングしている(株)ヒス・ハイコンセプトの代表である。
世に出した商品は、ライオン「冷えピタ」・ライオン「休息時間」/ 資生堂「TSUBAKI」・資生堂「IHADA」テルモ「WOMAN℃」など、人気アイテムがたくさん。
ウエブマガジン「ボンジュール50’S」も運営、編集長でもある。

ボンジュール50’s
http://www.50agingcare.jp

ヒス・ハイコンセプト
http://www.hys-hc.jp

Information

「My Son / マイサン」(1,728 円/白馬書店)

36歳で起業。猛烈に働いていた頃、42歳で男子を出産。
その息子が5歳の時、ニュージーランドへ移り住みます。
「私は“ワーカーホリック”なので、もし、息子を産んでいなかったら、
あんな異国での素敵な冒険暮らしは、できなかったと思います」とのこと。
この本には、高齢出産ママの体験が丸ごとつまっています。

Amazon
https://www.amazon.co.jp/My-Son-マイ・サン-タナカ-キヨミ/dp/4938702126

白馬書店
http://hakubashoten.jp

美容業界の女性たちへ!あきらめないで、仕事も母になることも。エッセイ・高齢出産のすすめ #1>>

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事