バーの一角で昼間だけ営業プライベート空間を実現『artenini nail』

バーの一角で昼間だけ営業プライベート空間を実現『artenini nail』

高円寺駅南口から徒歩30秒というベストなロケーション。プライベートネイルサロンartenini nail(アルテニーニネイル)はビルに看板がない。バーを昼間だけ借りて営業するというユニークなスタイル。変則的なサロン形態による経営などについて、オーナーネイリストの蓬由佳子(よもぎゆかこ)さんに伺いました。

ある日突然東京へ行こうだめなら戻ればいい

artenini nail

――昼間だけ営業というスタイルになったのは?
「このバーは家が近かったのでよく飲みに来ていて、マスターに、『ゼロからお店を作るのも大変だし、家で友達や知り合いを呼んでやろうかなと思っている』と話したら『じゃあ昼間だけここ使う?昼間使ってないから』って言ってくださったんです」

――それから、すぐに開業されたのですか?
「はい。1年お借りして妊娠していることが分かり、出産ぎりぎりまで営業しました。出産後は保育園に落ちて預け先がなくて、1年8ヵ月もお休みしました。ようやく今年の4月に再開、今は子育て中なので時間的にもちょうどよくって助かっています。バーなので初めての方は驚かれることもありますね。ビルの3階で建物自体に看板がないので、ちょっと分かりづらいんですけど……営業中は建物の入口に看板を出しています」

――内装はバーのままなのでしょうか?
「マスターの趣味がいいのでそのまま使わせていただいています。ホームページに『緑がたくさんある』と書いていますが、元々マスターが育てている緑です(笑)。窓際にある席を使うことで景色を見ることができて、明るい光も入ってきます」

artenini nail

――なぜ高円寺でネイルサロンを?
「以前の仕事が神戸で、ネイルスクールも神戸だったんですが、ある日突然“東京に行こう!”と思いまして(笑)。ネイルスクールの姉妹校が東京の原宿にあったので、続けて通いました。人生で1回は東京に住んでみたかったんです。東京でネイルサロンを探せばいい、ダメだったら戻ればいいやというくらいの軽い気持ちで来ました。住んだのがたまたま高円寺だったんです」

仕事もプライベートも意欲的だからこそ、自分と家族の健康にも気を配る

artenini nail

――ご主人はどのようにおっしゃっていますか?
「夫は会社員でビジネスの話が好きなので、仕事がうまくいくようにアドバイスもあり、とても協力的です。ネイルのことはさっぱり分からないので、子育てをサポートしてくれることも多いです」

――次のお子さんも考えていらっしゃいますか?
「娘がもうすぐ2歳になるので、そろそろ次の子供を考えてもいいかなぁと思っています。またしばらく休むことになるんですけど……」

――職業病はありますか?
「細かい仕事なので、目の疲れからくる肩こりがひどいですね。でも辛いと思ったことはありません。ケアというケアではないかもしれませんが、たまにマッサージに行って、食事は野菜やたんぱく質をバランスよくとるようにしています。夜は炭水化物を少なめにしています。健康じゃないと仕事も育児も頑張れませんから。でも、お休みの日は気分転換で外食もします」

Salon Data

artenini nail

artenini nail(アルテニーニネイル)

住所:東京都杉並区高円寺南4-45-3エビスビル3階
高円寺駅南口から徒歩30秒
TEL:070-6947-3749
artenini-nail.com
今は仕事が楽しくて仕方がないという蓬さん。サロン名はフランス語で蓬の意味であるアルテニーニ。調べたら同名のネイルサロンはなかったそう。働き方や店舗経営も個性的なイメージ。生まれるネールアートも、かわいくオリジナリティに溢れています。

子育てが大変だからこそ、仕事が癒し!『artenini nail』>>

この記事が気に入ったら
いいね!してね

バーの一角で昼間だけ営業プライベート空間を実現『artenini nail』

この記事をシェアする