美容業界の応援メディア
学び・キャリア 2018-01-16

オーダーメイドで魔法の矯正テクニック『HAIR/NAIL&Eyelash ARCH』

くせ毛矯正のスペシャリストのいるサロンとして、悩む女性の救世主として人気のHAIR/NAIL&Eyelash ARCH(ヘアネイルアンドアイラッシュ アーチ)。アシスタント時代から、くせ毛矯正に着目していたというオーナースタイリストの小笠原好秀(おがさわらよしひで)さんにお話を伺いました。

70パーセントはくせ毛。直毛もくせ毛と捉える

――くせ毛に悩む日本人が70パーセントというデータをいただきましたが、数字はどこから導き出されたんですか?
「自分たちで調べたのもありますが、専門の業者さんからのデータもいただきました。美容師から見れば、ストレートヘアもまっすぐになるというくせ毛なんです。だから、ほぼ100パーセントくせ毛と僕は思っています。一般の目線で考えたときにくせがない、ウェーブがないっていう髪質の人は30パーセントくらいでしょうか。したがって70パーセントとお伝えしています。僕たちは“ストレートになるというくせ毛”を理解してカットしないといけない。理解できてないと『髪に動きを持たせたい』というお客様のご希望に添えなくなります。くせ毛を髪の特徴と捉えて、特徴を生かすか抑えるか強調するかというところを、きちんとカウンセリングします」

――どういうくせ毛の方が多いですか?
「日本人だと膨らむ方が多いですね。ボリュームが出るベースがあって、さらに細かい縮れであったりウェーブであったりで非常に複合なんです。髪質を考えないではさみを入れると、短い毛が立ってきて収まらなくなって、ワックスで収めるってことになります。ボリュームがないと意外と格好着くんですが、広がりやすい方が大半なので、考えて施術するのが僕たちの仕事です」

どこにもないオリジナル施術。アイロン・ブローミックス矯正

HAIR/NAIL&Eyelash ARCH

――オーダーメイドで縮毛矯正をされるとのことですが
「アシスタントのころから、アイロン矯正もブロー矯正行っていました。お客様にとって二者択一しかないっていうのがおかしいな、と疑問に思っていました」

――アイロンとブローの違いについては?
「髪って丸いんですが、アイロン矯正は、それを潰してしまうという欠点があります。本来円柱状の髪が持っている『四方に分散する柔軟性』っていう特質を殺してしまうのでボリュームダウンは望めるんですけど、わざとらしい仕上がりというか、強調したストレートになるので、それがメリットになる人とデメリットになる人がいらっしゃいます。ブロー矯正は円柱状のうねり、ボリュームのある所とないところの細かったり太かったりという波が交互にあるんですけど、それを同じ太さに均していく方法です。柔らかく丸く仕上がってきれいなんですが、矯正すべき箇所と必要ない箇所は、それぞれ違うんです」

――具体的にはどのようにアレンジされていますか?
「前髪はボリュームなくていいけど後ろはボリューム残したいとか、ボブだったら前髪のボリュームを残したいとか、丸みを残したいなど、お客様それぞれですね。このスタイルでと、お客様が見本を持ったいらしたときに僕らが見極めてここはアイロン使った方がいいよね、こっちはブローのほうがいいよねって、カットの時にはさみを持ち変えるような感覚で使い分けています。両方に使える薬がなかったのでうちで独自に作っています」

HAIR/NAIL&Eyelash ARCH
   

Salon Data

HAIR/NAIL&Eyelash ARCH

HAIR/NAIL&Eyelash ARCH(ヘアネイルアンドアイラッシュ アーチ)

住所:東京都八王子市子安町1-7-14 八王子NKビル1F・B1F
TEL:042-645-2824     
http://hair-nail-arch.com/

子育てのために茅ヶ崎へ引っ越したという小笠原さん。1時間半以上かけて出勤してでも子供のための環境を優先したのだとか。また趣味のサーフィンを楽しむためでもあるようです。

縮毛矯正に絶対的な自信!!『HAIR/NAIL&Eyelash ARCH』>>

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事