渋木さやか interview #1:ときめきのある人生を作りだすヨガライフアドバイザー

渋木さやか interview #1:ときめきのある人生を作りだすヨガライフアドバイザー

自身の経験をもとに、恋愛で悩む女性のためにヨガ哲学の知識を伝授し、人生を楽しく過ごすためのヒントを発信しているのが、ヨガライフアドバイザーの渋木さやかさん。定期的にインドを訪れ、伝統的なヨガや古代インド語を学ぶ本格派です。
今回は、そんな渋木さんにヨガとの出会いや魅力について語っていただきました。前編では、初めてヨガを体験して感じたことなどについて伺います。

人生を見つめ直すためにヨガにチャレンジ

渋木さん

――まずは、ヨガに出会うまでのいきさつを教えてください。
「30歳を目前に仕事や恋愛で思い悩むことが多く、自分の人生を見つめ直してみようと思ったことがヨガを始めたきっかけです。私もそうでしたが、小さな頃からがんばれば夢が叶うと育てられた人が多いと思いますが、相手がいる仕事や恋愛は、自分の力ではどうしようもできない時があります。当時の私は、『なんであんなことを言ってしまったんだろう』など、人間関係でくよくよすることが多く仕事も多忙で身心ともに疲れていました。そこで、身体を休めようと一度東京を離れて、地元の群馬に戻ったんです。その時、スポーツクラブでヨガのレッスンを受けたことがヨガとの出会いです」

――ちなみに、ヨガ講師になる前はどんなお仕事をされていましたか?
「学生の頃から洋服が好きだったので、アパレル業界で働いていました。地方出身の私にとっては、華やかなスタイリストさんと仕事をしたり、豪華なパーティに参加したりと、東京で働く日々は刺激的でした。私生活でも音楽が好きで、クラブによく行って遊んでいましたね。ちなみに、70年代や80年代のソウルミュージックがとくに好きで、いまでもレコードを収集しています」

自分に言い訳をせずに、理想を追い求めること

渋木さん

――そもそも、なぜヨガに興味を持ったのでしょうか?
「とにかく身体によいことをしようと思ったからです。また、私はすごく好奇心が強いので、いろいろなことに興味が湧くんです。多忙な毎日を送っていた頃は『お金がない』、『時間がない』など、言い訳をしてやりたいことのほとんどを諦めていましたが、地元に戻り人生を見つめ直した時に言い訳をせずにとにかく動いてみようと思いました。そこで、紙にやりたいことを書き出して、サーフィン、ピラティス、キャンプ、ひとり旅など1つひとつ試してみたんです。ヨガは、そのなかのひとつでした」

初体験のヨガに感動

渋木さん

――初めて体験したヨガについて教えてください。
「音楽や呼吸に合わせて、身体を動かす、筋トレ要素も含んだ一般的なスポーツクラブでのヨガでした。60分ほど体験したところ、呼吸と動作がシンクロしていく感覚がすごく心地よかったんです。普段生活していると仕事中でも天気のことやご飯のことなど雑念が入り込みますが、ヨガの最中は余計な思考が抜けていき頭と心がカラッポの状態を感じて、とてもリラックスしました」

アパレル業界で働いていた当時、憧れていたライフスタイルは海沿いで暮らすことだったと言う渋木さん。今は神奈川の鎌倉市に住み、当時の夢を叶えています。中編では、ヨガを始めて起きた変化や、指導者に至る経緯などについて伺います。

Profile

渋木さん

渋木さやかさん

ヨガ講師、ヨガライフアドバイザー
全国のヨガイベントに欠かせない、笑顔とユーモアを兼ね備えた人気ヨガ講師。インドの伝統的なスタイルであるシヴァーナンダヨガをベースに、現代女性の心と身体に響くクラスを2006年から開催している。また、ヨガライフアドバイザーとしてヨガの知恵を生かした「恋愛とや人間関係」のアドバイスをコラム連載やインスタグラムから発信。2016年に出産後、鎌倉子育てビーチライフスタイルがさらに注目を集める。

Information

Instagram

yoga_citta(1,2万フォロワー:2018/07現在) 
https://www.instagram.com/yoga_citta/

現代女性の心と寄り添うヨガ #ヨガメモbysaya
https://www.instagram.com/explore/tags/ヨガメモbysaya/

渋木さやか interview #2:ヨガインストラクターは人の役に立てる魅力的な仕事>>