美容業界の応援メディア
学び・キャリア 2019-07-02

【ネイリストのテクニック】M.D.A NAiL mayuさんが指南! ジェルシートで作る『ボタニカルネイル』#2

TOPネイリストが、今イチオシのデザイン&テクニックをご紹介。前編に引き続き、M.D.A NAiLのmayuさんにitなネイルデザインを教えていただきます。後編では、今イチオシの『ボタニカルネイル』の作り方を詳しくレクチャー。ハンドペイントでは出せない、既製品のような仕上がりの美しさは必見です。

mayuさんが提案する『ボタニカルネイル』

m-d-8
リーフ柄や、蛍光カラーのライン、PVC風モチーフなど、トレンド満載のネイルデザイン。柄やラインをジェルシートで作ることで、ハンドペイントでは出せない完成度に。今回は、ジェルシートを使ったリーフ柄の作り方を教えていただきます。

『ボタニカルネイル』の施術ポイント

1.施術前にジェルシートを用意

リーフ柄は、ジェルを固めて作ったシートの重なりで作られる。各パーツのシートを準備して。

2.ランダムな配置でポップに

葉っぱの配置は、四方から入ってくるイメージでランダムに配置。柄に動きが出て、夏らしく華やかな仕上がりに。

3.クリアネイルで爽やかに

リーフ柄は全ての指ではなく、間にクリアカラーの指を入れると抜け感が生まれる。蛍光ラインを重ねて統一感を出して。

使用アイテム
m-d-9トップジェルコート、ミキシングクリアジェル for art、クリアベースジェル、エクステンションジェル、フィキシングジェル、カラージェル(モスグリーン、蛍光グリーン、マットホワイト、濃いピンク、薄いピンク)、花、ストーン、クリアシート、ティッシュペーパー、デッサンペン

HOW TO

1.葉っぱのジェルシートを作る
m-d-10つるんとしたボードの上に、濃い緑のカラージェルをのせる。筆を使い、隙間ができるようにポンポンと。

m-d1枚に割いたティッシュペーパーをのせ、上からブラシクリーナーで緑をぼかしていく。
m-d-1マットホワイトのカラージェルをブラシクリーナーで薄めながら、ティッシュペーパーの上から重ねていく。緑色がまだ固まっていないので、混ざらないように注意して。白をしっかり出すのが、キレイに仕上がるポイント。
m-d-3ボードからティッシュペーパーをはがし、ライトに20秒当てて完全硬化。
m-d-4固めたジェルシートを葉っぱの形にカット。ハサミの先端を使い、切り込みを入れると、南国の葉っぱ感が出る。

2.蛍光カラーラインと飾りを作る
m-d-19クリアシートに、蛍光グリーンのカラージェルをのせる。1つはムラが出ないように薄めにのばし、もう1つはムラが出るように極薄くのばす。ライトに20秒当てて完全硬化。

ムラのないほうは、固めたシートからジェルをはがし、細く直線にカット。ムラのあるほうはピンセットで削り取る。

3.ベースカラーを塗る
m-d-23クリアのベースジェルを塗る。
m-d-24濃いピンクと薄いピンクのジェルカラーを混ぜ合わせ、好みの色にカスタマイズする。
m-d-25全体にカラージェルを塗布。2度塗りして完全硬化させる。

4.素材をのせていく
m-d-26ミキシングクリアジェルを薄く塗り、蛍光グリーンのジェルシートをランダムに3ヵ所ほどのせる。一度ライトを当てて完全硬化。
m-d-6ミキシングクリアジェルを薄く塗り、葉っぱのジェルシートを爪に合わせてカットし、のせていく。蛍光グリーンのシートが少し見えるように配置すると◎。1カ所のせたらハンディライトを当て、ピンセットやセロハンテープの裏側で固定しながら硬化。これをくり返す。
m-d-7小花のパーツを、バランス良くのせる。セロハンテープでプレスして、ライトを当てて硬化。

5.ドライセッティング
エクステンションジェルを塗ってコーティング。2度塗りして完全硬化。

m-d-8180グリッドのボードファイルで全体をファイリングし、220グリッドのスポンジファイルでバッフィング。全体のボコボコしたところを削り、表面を滑らかに整える。

6.仕上げる
m-d-30黒のデッサンペンを使い、葉の葉脈やかたちを描く。鉛筆だとグレーっぽく見えるので、濃くて柔らかい4B以上がおすすめ。

ミキシングクリアジェルを薄く塗り、蛍光グリーンの直線ジェルシートをのせる。浮きやすい爪先をピンセットで押さえながら、ハンディライトを当てて硬化。

m-d-33フィキシングジェルを塗り、ラインの上にストーンをのせる。今回はスワロフスキーなので、輝きが消えないようにストーンの周りだけジェルを重ねてしっかり固定。

m-d-34トップジェルコートをかけて仕上げる。

完成

m-d-35ハンドペイントではなく、シートを埋め込んで作っているリーフ柄。素材を使っているから、グリーンでもほっこり感のないクールな雰囲気に。蛍光グリーンのラインがアクセントになり、スポーティでファッショナブルな指先が完成します。

これからの季節にぴったりの『ボタニカルネイル』。作り方をご紹介したリーフ柄は汎用性も高く、プロセス1,2で作る素材は作り置きも可能です。ベースの色や、蛍光ラインの色を変えると、また違った雰囲気に。お客様に合わせて、カスタマイズしてみてください。

取材・文:山本二季
撮影:石原麻里絵(スタジオ バンバン)

▽前編はこちら▽
【ネイリストのテクニック】M.D.A NAiL mayuさんが指南! ジェルシートで作る『ボタニカルネイル』#1>>

教えてくれたのはこの人!

mayuさん

mayuさん

M.D.A NAiL オーナー

96年よりネイル活動開始。多くのアーバンライクな女性層をはじめ海外からも顧客を迎える。サロンのコンセプト「happyをmakeする」をテーマに圧倒的個性とハイグレードな指先ビューティーを展開中。たらしこみネイル、プレスタッチ技法など数々のネイルアートの代表的技法を発表している。国内から海外まで多くの支持を受け、セミナーやイベントを通じデザインと発想の輪を広げる活動を世界に発信している。
インスタグラム https://www.instagram.com/m_d_a/

Salon Data

batch_mda-nail-min

M.D.A NAiL

住所 東京都中央区銀座3-10-7 銀座京屋ビル3F
TEL 03-6278-7199
URL https://mda-nail.com/
https://relax-job.com/job/B1558683

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事