【ネイリストのテクニック】CoolCute HIDEKAZUさん流 『キレイめパイソン柄ネイル』#2

TOPネイリストに今イチオシのデザインを聞く本企画。前編に続き、「CoolCute」のHIDEKAZUさんに、おすすめのネイルデザインを教えていただきます。

後編では、トレンドファッションとの相性のいい『キレイめパイソン柄ネイル』の作り方をレクチャー。そのアートテクニックは必見です。

HIDEKAZUさんが提案する『キレイめパイソン柄ネイル』

ファッショントレンドのパイソン柄をアートに落とし込んだデザイン。繊細なアートワークと、色の重なりで作るニュアンスがデザインのポイント。透け感のあるベースにすることで、キレイめな印象に仕上がる。

『キレイめパイソン柄ネイル』の施術ポイント

1.色の重なりでニュアンスを作る

グレー・黒・白・茶を絶妙に重ねて色味を作るのがポイント。スポンジを使うことで、濃淡を生み出して雰囲気を作り出す。

2.ラインや柄のドットは繊細に描き上げる

パイソン柄の特徴になる網目柄や斑点模様は、フリーハンドで細かく丁寧に。とくに網目柄はできるだけ細く、線の擦れまで計算して。

3.ツヤやフォルムを美しく仕上げる

全体がキレイめな雰囲気で統一されるように意識。メインアートも、ベースにクリア感を出したり、ツヤ感やつるんとしたフォルムで美しく仕上げる。

使用アイテム

ベースジェル、トップジェル、カラージェル(アイボリー、グレー)、アート用カラージェル(白、黒、茶色)、スタッズ(0.8mm)、スポンジ、ペーパーパレット

HOW TO

1 ベースを塗る
ベースジェル(クリア)を1度塗り。LEDを当てて完全硬化。
アイボリーのカラージェルを1度塗り。あえて透け感を残す。LEDを当てて完全硬化。

2 グレーでパイソン柄のベースを作る
ペーパーパレットに、グレー、白、黒、茶色のカラージェルを出しておく。スポンジは小さくカット。ピンセットでつまんだスポンジに、グレーのカラージェルをなじませる。ベタッとつかないようにパレットで調整して。
そのままスポンジで、3本のラインをイメージしながら、ポンポンと爪に色を乗せていく。色の濃淡ができるように意識しながら重ねること。LEDを当てて完全硬化。

3 黒と白で柄を重ねる
新しいスポンジに黒のカラージェルを取り、パレットで量を調整。グレーのラインに重なるように、3カ所ほどポンポンポンとのせる。LEDを当てて完全硬化。
新しいスポンジに白のカラージェルを取り、パレットで量を調整。パイソン柄のメインラインになることを意識して、黒に重ならない位置で大きめに3カ所ポンポンポンとのせる。LEDを当てて完全硬化。

4 パイソンの鱗を描いていく
白と黒のカラージェルを混ぜずに、細筆にのせる。これにより、ラインにまだらに色が出る。白の斑点の上に斜めにラインを引いていく。できるだけ細く、はっきりさせ過ぎない程度に薄く。一度硬化し、さらに逆側から斜めにラインを重ねて網目状に。LEDを当てて完全硬化。
細筆に黒のカラージェルを取り、白の斑点を囲むように色をのせていく。ドットを打つイメージで、網目ひとつひとつを塗りつぶす。LEDを当てて完全硬化。

5 さらに茶を重ねてニュアンスを出す
新しいスポンジに茶色のカラージェルを取り、薄くなるようにパレットで量を調整。黒ドットの外側にポンポンと色を重ねていく。色が濃くなってしまったときは、白をスポンジで重ねて調整を。LEDを当てて完全硬化。

6 スタッズをのせる
全体にベースジェルを塗り、シルバーのスタッズを爪の根元にライン状にのせる。

7 トップコートをして完成
トップコートをスタッズを埋め込むように塗り完全硬化。さらに重ねて塗り、表面のツヤやフォルムを整える。完全硬化して完成。

完成
スポンジを使ったカラージェルの重なりによる色のニュアンス、フリーハンドだからこその絶妙なラインで、リアルなパイソン柄が完成。どこか上品なのは、ベースカラーのクリアな質感と、仕上げのツヤ&美しいフォルムの成せる技。

全体の仕上がり

ツヤ感のあるクリアなキレイめカラーを合わせることで、さらに上品でシックな印象に。トレンドのアニマルモチーフも、質感と色選びで大人の女性の手元にもしっくりとハマる!

ファッショントレンドのパイソン柄を、キレイめなデザインに落とし込んだHIDEKAZUさんの『キレイめパイソン柄ネイル』。指先に遊びを求める、おしゃれなお客様におすすめです。

▽前編はこちら▽
【ネイリストのテクニック】CoolCute HIDEKAZUさん流 『キレイめパイソン柄ネイル』#1>>

取材・文:山本二季
撮影:奥村亮介(スタジオバンバン)

教えてくれたのはこの人!

HIDEKAZUさん
CoolCute中目黒 主宰

レイジェル クリエイティブアートディレクター。国内外でアートセミナーやネイルイベントの講師としても活躍中。ファッション性の高いクールキュートなアートを得意とし、ひとつの枠にとらわれない独創的なアートを展開。雑誌などにも取り上げられる今話題のメンズネイルアーティスト。
インスタグラム:_hidekazu_

Salon Data

CoolCute中目黒(クールキュートナカメグロ)

住所:東京都目黒区 ※詳細はネット予約後に開示
URL:https://coolcutehidekazu.tumblr.com/

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事