美容業界の応援メディア
コラム・特集 2020-02-06

爪を傷めずジェルネイルをセルフでオフする方法をおさらい|お客様にお伝えすべき注意点とは

ジェルネイルは2~3週間に一度メンテナンスが必要です。ホームケアをしっかりとおこなえばある程度は長持ちさせることができますが、爪の負担を減らして健康に保つためには、定期的にネイルを落として付け替えることがおすすめです。

ネイルを落とす方法としては、サロンに行くか自分で落とすかの2通りがあります。ジェルネイルは正しい方法でオフすれば爪をあまり傷めずに済むので、セルフオフを希望するお客様は多いという実情があります。

セルフのネイルオフ方法についてアドバイスを求められた際に、ネイリストとしてお客様に正しいネイルの落とし方を伝えられるようセルフオフの方法をおさらいしておきましょう。

再確認! 爪を傷めずにジェルネイルをセルフでオフする方法


セルフでジェルネイルを落とす場合は爪を傷めないように細心の注意を払わなくてはなりません。事前に道具をそろえることも大切です。爪を傷めずセルフでオフする方法と用意すべき道具を見てみましょう。

準備するもの|アセトンリムーバーなど

ジェルネイルを正しく落とすには、まず道具を揃えておく必要があります。ジェルネイルをオフするためにファイル(やすり)・アセトンリムーバー・コットン・アルミホイル・ウッドスティック・ピンセットを準備しましょう。

ジェル用のリムーバーには基本的にアセトンが入っています。アセトンは揮発性が高く引火しやすいので、お客様には火気厳禁・換気に注意するよう伝えてください。なお、アセトンリムーバーを除光液で代用することなどは避けましょう。ポリッシュのリムーブに使われる除光液では、ジェルネイルを落とすことはほぼ不可能です。

セルフでオフする手順

セルフオフのポイントは、正しい手順通りに作業を進めていくことです。ネイルサロンでは、セルフオフはおおよそ40分ほどですが、セルフでオフするときはもう少し時間がかかるでしょう。

1. ジェルネイルの表面を削る
2. アセトンを染み込ませたコットンをアルミホイルで巻く
3. 10~15分ほど時間を置く
4. ウッドスティックやプッシャーでネイルを除く
5. ネイルケアやハンドケアを行う

再確認の意味を込めて、それぞれの手順を詳しく解説していきましょう。

1. ジェルネイルの表面を削る

ジェルネイルの表面をファイル(やすり)で削って傷をつけます。このとき、力を入れ過ぎて自爪まで削ってしまわないように気を付けましょう。カラーを重ねている場合はベースだけ残すイメージで軽く削ると削りすぎを防げます。

2. アセトンを染み込ませたコットンをアルミホイルで巻く

アセトンを染み込ませたコットンをアルミホイルで巻いていきます。どちらの手段もピンセットを使用しておこないましょう。

アセトンはすぐに揮発してしまうため、コットンにしっかり染み込ませるのがポイントです。浸し方は人によって異なりますが、アルミホイルの上にコットンを乗せる手段と、コップなどにアセトンを入れてコットンを染み込ませる手段が多く使われています。

初めはアセトンの量の加減が難しいので、慣れないうちはコットン全体をリムーバーに浸す手段がおすすめです。

3. 時間を置く

アセトンでジェルを溶かすために10~15分前後放置します。アルミホイルからアセトンが流れ出たり揮発したりしないように、時間を置く前にもう一度アルミホイルがきちんと巻かれているか確認しましょう。

手を温めるとアセトンの浸透が早まるので、カイロなどを使用するとジェルが溶けやすくなります。特に冬はジェルが溶けにくくなっているため、手を温めることを意識するとセルフオフの時間短縮になります。

4. ウッドスティックやプッシャーでネイルを除く

10~15分ほど置いてジェルネイルが柔らかくなってきたら、ウッドスティックかプッシャーでネイルを取り除きます。このときすべての指のアルミホイルをはがしてしまうのではなく、1本オフしてから次をはがすようにしたほうがジェルの硬化を防ぐことができます。

ウッドスティックやメタルプッシャーで、ジェルを軽く削っていきます。無理にはがすと爪を傷つけてしまうので、ゆっくり丁寧に作業をおこないましょう。

全体的に上手くはがれないようなら、リムーバーの量や染み込み時間が不足している可能性があります。1~3の手順をもう一度おこなってみましょう。少しだけジェルが残ってしまった場合は、ファイルを使ってジェルの部分だけ軽く削り落としてみてください。

5. ネイルケア・ハンドケアを行う

アセトンを流すために手を洗い、ネイルオイルなどでハンドケアをおこなえばセルフオフは完了です。爪や爪周りの皮膚が乾燥しないようにしっかり保湿をおこないましょう。

セルフオフのアドバイスを求められたら? お客さまにお伝えすべき3つのこと


セルフオフの手順を再確認しておくと、セルフオフについてお客様に聞かれたときスムーズに対処できます。お客様にセルフオフのアドバイスを求められたときに伝えるべきことは3つあります。その3つのポイントについてご紹介していきます。

1. 無理やりはがさない

セルフオフの際は、決して無理やりはがさないことが重要です。無理にはがそうとすると爪の表面ごとはがれてしまい爪を傷めてしまいます。健康な爪だからこそジェルネイルを楽しんでもらえること、そのためには丁寧なセルフオフが大切であることをお客様にお伝えしましょう。

2. リムーバーの取り扱いには注意する

基本的には除光液ではジェルネイルをオフできないため、ジェル用のリムーバーをきちんと使うのも重要なポイントです。

ジェル用リムーバーにはアセトンが入っていることが多いのですが、お客様では見分けがつかない場合もあります。手持ちのリムーバーで見分けがつかない場合はネイリストに、購入時には販売店のスタッフにアセトンが入っているかを確認してもらうことをおすすめします。

自宅でセルフオフをおこなう際は、リムーバーの取り扱いには十分に注意するよう伝えましょう。使用時にアセトンを素手で触ると、爪や肌を傷める可能性があります。コットンにアセトンを染み込ませるときはピンセットを使いましょう。

作業をする際は火の気のない場所でおこない、換気することも忘れずに伝えてください。

3. しっかりふやかすために時間をおく

時間が短いと綺麗に取り除けないので、きちんと時間を置くようにアドバイスしましょう。十分にふやけてないのにはがそうとするのは禁物です。自爪を傷めてしまうだけでなく、中途半端にジェルネイルが残って汚く見えてしまいます。

サロンでオフするメリットもお伝えしよう!

ジェルネイルにより爪が傷むのは、ネイルをつけるときではなく落とすときなので、自分でオフする場合は丁寧に、時間をかけて作業することを意識しましょう。できればネイリストに正しくオフしてもらうことをおすすめします。

セルフでもジェルネイルを落とすことはできますが、正しい手順と方法でオフしないと、削りすぎて爪を薄くしてしまうと割れる、あるいは無理にはがして爪の表面を大きく傷めることがあります。サロンならばネイリストがオフしてくれるので、お客様も楽ですし爪も傷みにくいメリットがあります。

セルフオフの最大のメリットは安くジェルネイルを落とせる点ですが、爪の傷みが激しい場合や、爪へのダメージを軽減したいという方はサロンのジェルネイルオフがおすすめです。店舗により料金は異なるものの、サロンでのオフは2,000~3,000円ほどです。

お客様にすぐアドバイスできるようにおさらいしておこう!


正しい手順と方法でおこなえばジェルネイルはセルフオフが可能です。サロンで落とせば楽で爪が傷みにくいメリットがありますが、手軽さや金銭面でセルフを選ぶお客様は少なくありません。きちんとした手順でしっかりジェルネイルを落とせば、次もジェルネイルを楽しんでもらえるでしょう。

ネイリストは、お客様からアドバイスを求められたときには適切なアドバイスができるように、セルフオフのポイントを押さえて正しいオフ方法をおさらいしておきましょう。

出典元:
ネイルサロン エクラーラ|ジェルネイルのオフってどうやる?ネイルの正しいオフのやり方をプロのネイリストがお答えします。

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事