ヘルスケア&介護業界の応援メディア
学び・キャリア 2019-07-26

介護職員になるには資格が必要なの? 無資格でも働ける? 資格を持つ5つのメリット

介護職員の求人では、「無資格・未経験者OK」と記載されているものをよく見かけます。介護施設では、人材不足の現場が多く、無資格や未経験の方であっても、採用することがあるのです。でも、本当に無資格でも働けるのでしょうか。ここでは、資格がない方の働き方や、資格を持ってから働くメリットなどについて、詳しくご紹介していきます。

介護職員になるには資格が必要なの? 無資格でも働ける?

無資格でも働けるの?

介護施設などの求人にある通り、無資格でも求人に応募し、採用されたらその施設で介護職員として働くことができます。

無資格でもできる仕事

無資格でもできる介護の仕事は限られています。直接身体を介護するような仕事はほとんどできません。できるのは、以下にあげられるような仕事になります。

・送迎時の運転手
運転免許を持っていれば、運転手の仕事をすることができます。

・自費の訪問介護
資格がないと基本的には訪問介護はできませんが、介護保険を利用しない自費の訪問介護なら資格がなくても可能です。

・生活援助
掃除や洗濯、衣服の整理などの雑用を行なえます。

無資格で働くメリットとデメリット

・メリット
資格をとるための時間やお金を使わずに、すぐに働くことができるので、介護の仕事が自分に向いていないと感じたら、すぐにやめることもできるでしょう。

・デメリット
介護職員としての責任のある仕事を任されることはないので、キャリアアップすることは難しいでしょう。また、給与も資格のある方より安いです。また、仕事を覚えようとしても、介護の現場は忙しいので、十分に教えてもらうことはできない場合が多いです。

資格を取るとどんないいことがある? 5つのメリット


介護職員として働くだけなら無資格でも可能ですが、やはり資格をとることのメリットは大きいと考えられます。ここでは、資格をとって働くとどのようなメリットがあるのか、詳しく解説します。

訪問介護ができる・仕事の幅が広がる

上述したように、無資格だと自費サービスをのぞいて、訪問介護の仕事はできませんが、資格を持っているとそれができるようになります。無資格では資格のある方の助手や、雑用などが主な仕事となりますが、資格があると責任のある仕事を任され、仕事内容の幅も広がります。

正しいやり方で介護ができるようになる

資格をとる段階で、介護に関する知識を学ぶことになるので、実際に働く前に、最低限の知識を身につけていることになります。介護のやり方には、高齢者の方はもちろん、自分にもできるだけ負担のかからない方法があります。そういった正しい知識を身につけることで、実際に介護をするとき、高齢者の方にも自分にも負担がかからないように仕事をすることができるのです。

キャリアアップできる

資格があると、就職してから仕事に慣れてくると責任のある仕事を任され、キャリアアップしていくことが望めます。たとえば、最低限の介護職員初任者研修の資格を持って働き始めたとしても、介護職員実務者研修を経て、国家資格の介護福祉士の資格をとってキャリアアップしていくことができるでしょう。将来的に独立して、訪問介護事務所を開設することも可能です。

給料アップにつながる

無資格の方と、資格のある方では、そもそもの給与の基準が違います。正社員ではなくパートやアルバイトであっても、無資格の方より給与は多くもらえるでしょう。さらに、資格があるほうが将来的にも給与アップにつながるのです。

就職でも転職でも求人が多い

介護施設は人材不足の現場が多いので、無資格でも採用されることがあります。しかし、やはり資格のある方を優先するので、就職でも転職でも求人は多いといえるでしょう。最初に就職した職場が合わなくて転職を考えるときでも、資格を持っているほうが有利なのです。

経験を活かせる! 介護職員におすすめの資格を紹介


介護に関する資格はいくつかありますが、介護の仕事に役立つおすすめの資格を3つ、それぞれの特徴とあわせてご紹介します。

介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)

介護職員初任者研修は、以前はホームヘルパー2級と呼ばれていた資格で、介護業界の第一歩として介護に関する基本的な知識やスキルがあることを証明するものです。無資格の方より採用の際も有利になり、最短で1ヶ月で取得することができます。

ホームヘルパー2級のときには、すべての授業を受ければ取得できました。介護職員初任者研修になってからは、すべての授業を受けたうえで、試験に合格して修了になります。また、実習は廃止されましたが、授業の時間は増え、新しく認知症に関する科目が追加されています。

介護福祉士実務者研修(旧ホームヘルパー1級)

介護福祉士実務者研修は、介護職員初任者研修の上位にあたる資格で、以前はホームヘルパー1級と呼ばれていたものです。この資格を持つことで、サービス提供責任者として働くことができ、より責任のある仕事を任せられることになります。

初任者研修より受講科目や時間数が多いですが、修了試験はありません。そして、カリキュラムの中に医療的ケアも含まれ、実戦的スキルを身につけることができます。次にご紹介する介護福祉士を取得するために必須の資格でもあります。

国家資格|介護福祉士

介護福祉士は、介護に関する資格の中で唯一の国家資格で、最上位にあたる資格なので、資格取得の難易度は、やや高くなります。介護福祉士を目指すには、介護施設での実務経験が3年以上必要になり、上述した介護福祉士実務者研修も必須です。その上で、国家試験に合格しなければなりません。

介護福祉士の資格を取得すると、介護の必要な方がよりよい生活を送ることができるための身体介助はもちろんのこと、精神的な面からのサポートをするための生活相談に応じることができるようになります。そして、現場のスタッフに技術を伝え、指導するチームリーダーとして活躍することができます。

資格はどこで取得できる? スクールを探そう


介護に関する資格を取得するためには、スクールに通う必要があります。ただ、スクーリング形式や土日講習など、働きながらでも通えるプランもあるので、就職してからでも資格を取得することが可能です。ここでは、おすすめのスクールをご紹介します。

ニチイ

ニチイは、全国で1,400カ所以上の介護事務所を運営しており、すぐに役立つ介護スキルを身につけるための資格取得の講座がいくつかあります。介護職員初任者研修、介護福祉士実務研修をはじめ、介護福祉士国家試験対策講座もあります。それぞれの費用は以下のようになっています。

・介護職員初任者研修
受講期間(目安) 4ヶ月(最短1.5ヶ月)
受講料 110,000円(税込118,800円)

・介護福祉士実務研修
受講期間(目安) 1ヵ月~(保有する資格により異なります)
受講料(最安~) 52,389円(税込56,580円)~ (保有する資格により異なります)

・介護福祉士国家試験対策講座
受講期間(目安) 最長6ヵ月
受講料(最安~) 24,000円(税込25,920円)~

ニチイ「介護の講座」
https://www.e-nichii.net/kaigo/

三幸福祉カレッジ

福祉の専門学校である参考福祉カレッジでは、介護職デビューから上級講座まで、豊富なラインナップが用意されています。全国各地の好条件求人を紹介する無料就職サポートも充実しています。それぞれの講座の費用は以下のとおりです。

・介護職員初任者研修
受講期間 最短1ヶ月
受講料 59,500円(税別・テキスト代込)~

・介護福祉士実務研修
受講期間(目安) 1ヵ月~(保有する資格により異なります)
受講料(最安~) 37,000円~ (保有する資格により異なります)

・介護福祉士国家試験対策講座
受講料(最安~) 25,000円(税別・テキスト代込)~

三幸福祉カレッジ「講座案内」
https://www.sanko-fukushi.com/course/index.html

未来ケアカレッジ

未来ケアカレッジは、介護資格取得のための専門スクールで、はじめて介護を学びたい方から、介護福祉士の国家資格を取得したい方まで、それぞれのレベルに合わせた講座があります。それぞれの費用は以下のとおりです。

・介護職員初任者研修
受講料 19,500円(税別)~

・介護福祉士実務研修
受講料 29,500円(税別)~ (保有する資格により異なります)

・介護福祉士筆記試験対策講座
受講料 34,500円(税別)~

未来ケアカレッジ「講座紹介」
https://www.miraicare.jp/course/

ベネッセ

ベネッセは、介護資格講座を20年以上おこなってきた実績があり、就職サポートなどの体制も充実しています。ベネッセスタイルケアに入社すると、キャッシュバック制度や、急に欠席した場合の無料振替もできるなど、安心のサポート制度もあります。それぞれの費用は以下のとおりです。

・介護職員初任者研修
受講期間 約40日間
受講料 54,000円(税込・教材費込)

・介護福祉士実務研修
受講期間 保有する資格により異なり、資格のない方の場合、研修時間450時間、原則6ヶ月となります。
受講料 36,720円(税込)~155,520円(税込)(保有する資格により異なります)

・介護福祉士国家試験対策講座
受講期間 3日間
受講料 28,000円(税込)

ベネッセ「介護資格講座」
https://shikaku.benesse-style-care.co.jp/

資格をとれば業務の幅が広がる! まずは資料請求をしてみよう

介護職員になるためには、必ずしも資格の必要はありませんが、資格を持つとできる業務が増えて、やりがいのある仕事も任されます。給与基準も高くなるし、キャリアアップもできるなど、メリットは多いです。資格取得のためにはスクールに通うことが必要なので、自分に合ったスクールを見つけるために、まずは資料請求をしてみてください。

出典元
・介護のお仕事研究所
https://kaigo-shigoto.com/lab/archives/6421
・カイトモ
http://certificate.kai-tomo.com/contents/care-11.html
・介護職員初任者研修
https://www.myteacherassistant.com/kaigoshokuinshoninshakenshu28.php
・介護の資格最短net
https://www.acpa-main.org/kaigofukushishi/#merit
・ベネッセ「介護資格講座」
https://shikaku.benesse-style-care.co.jp/intro_training
・カイゴジョブ
https://kaigojob-academy.com/shikaku/jitsumusha/careerup-merit/
・ニチイ「介護の講座」
https://www.e-nichii.net/kaigo/
・三幸福祉カレッジ「講座案内」
https://www.sanko-fukushi.com/course/index.html
・未来ケアカレッジ「講座紹介」
https://www.miraicare.jp/course/
・ベネッセ「介護資格講座」
https://shikaku.benesse-style-care.co.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事