美容業界の応援メディア
ライフスタイル 2021-02-20

【フリーランスのライフスタイル】川端由起さんの人生の転機

シェアサロンの普及などに伴い、最近増えてきたフリーランスという働き方。「どのようにして生計を立てているのか?」興味がある方も多いはずです。そこで、実際に美容業界で活躍している現役のフリーランスにインタビュー。今回は、2017年からフリーランスのヘアメイクアップアーティストとして働いている川端由起さんに登場していただきました。

26歳の時にヘアメイクの道に足を踏み入れたという川端さん。果たして、どのようにして現在のスタイルにたどり着いたのでしょうか?「休みはなるべく取らないようにしていますが、たまに1週間丸々オフにすることもあります」と川端さん。プライベートの過ごし方も気になります。

前編では、フリーランスのヘアメイクに至るまでの道のりに迫ります。

26歳からの再スタート

――――まずは、現在に至るまでの経緯について教えてください。

「私は26歳でヘアメイクになったので、周りの方々に比べると少し遅いスタートでした。業界の一般的な道のりは高校を卒業して20代前半でこの世界に入り、20代の終盤で独立をする流れです。一方、私は接客業やタレント業など、ヘアメイクとはまったく関係のない仕事をしていました。しかし、それぞれの仕事ではなかなか思いどおりにいかず、そこで『手に職を付けて一生働ける道はないかな』と。『26歳』という年齢でゼロから努力をして独立できる職を片っ端から探して、『ヘアメイク』という仕事を選びました」

――――なぜ、ヘアメイクを選んだのでしょうか?

「正直に言うとカッコよかったからです(笑)。オフの時に、たまたまユーチューブでパリコレの動画を見て、そこにはバックステージで仕事をするヘアメイクさんが映っていました。それを見た時に『とてもカッコイイな』と。そして『ヘアメイクになりたい!』と思い、動き始めました(笑)。それ以来、『海外コレクションでのヘアメイク』を、目標の1つに掲げています」

フリーランスの第一歩は、ウエディングのヘアメイクから

――――どのように、ヘアメイクの技術を身に付けましたか?

「社会人向けのヘアメイクスクールに通いました。その学校では、週に1回3時間の授業を開いていて、受講期間はだいたい半年ほどでした。私は、他の仕事をしながらそのスクールに通い、『他人にメイクをするとは、どのようなことなのか?』から勉強をして、少しずつ基礎を学んでいきました。そして半年ほどで卒業をして、すぐにフリーランスとして動き始め、現在に至ります」

――――フリーランスになった当初は、どのような働き方をしていたのでしょうか?

「週末はウエディングのヘアメイクを、平日は昼間に飲食店でアルバイト、夕方から夜まではヘアセットサロンでヘアセットをしていました。そのため、休みはほとんどありませんでしたね。ウエディングのヘアメイクでは、結婚式場や提携の美容室で参列者へのヘアメイクを担当していました。だいたい60分枠で1日に5~10人くらいのヘアメイクをしていたと思います。

ちなみに働いていた場所は、結婚式場が立ち並ぶ神戸市の『北野坂』というエリアでした。ほぼ毎週末、朝早くからお昼過ぎまでいろいろな会場をハシゴしながらヘアメイクをしていたので、1ヵ月で10万円ほどウエディングの仕事で収入があったと思います」

セットサロンでの仕事で鍛え上げられた日々

――――フリーランスとして、働き始めた当初に大変だったことはありましたか?

「スクールではメイクの技術しか教わっていなかったので、ヘアセットの技術を身に付けることが大変でした。そのためネットの動画を見たり、セットサロンの仕事を通して勉強したり、独学でセット技術を学びました。

とくにセットサロンでは、怒られることもあったので大変でしたね。ナイトワークの方は、髪型とメイクがとても大切なので、お客さまのなかには前髪の数ミリのズレでも『もっとこう!』とおっしゃる方もいました。あまりに怖かったのでバックヤードで泣いたこともありましたが、『そのおかげで根性がついたな』と思っています(笑)」

――――それでは、いつ頃からヘアメイク1本で動き始めたのでしょうか?

「29歳の終わり頃からヘアメイク1本で動き始めました。その頃には、20万円中盤の金額をコンスタントに稼げていたので、『そろそろヘアメイクに絞っても大丈夫かな』と。ちなみに、私は現在も以前も、知り合いのヘアメイクさんから仕事をいただくことがほとんどです。また、現場で知り合ったタレント事務所の社長さんや、プロデューサーさんから、お声が掛かることもありますね」

後編では、フリーランスにとって大切な姿勢などに迫ります。

▽後編はこちら▽
【フリーランスのライフスタイル】川端由起さんの自分らしい人生の拓き方>>

Profile

川端由起さん

インスタグラム:@yuki.kawabata.77

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事