美容業界の応援メディア
学び・キャリア 2021-02-28

本当に欲しい人材って? 採用担当のホンネ【ネイルアマンディーヌ 中居花菜さん】#1

「こんなネイリストになりたい!」という理想をかなえるには、技術を磨く努力はもちろん、経験の積み重ねがものを言います。その体験の場となるのがサロン。そこで、人気の美容系サロンの採用担当者に、求めている人物像を直撃しました。さらなる高みを目指している人を応援します!

今回は、ネイルアマンディーヌで採用を担当している、店長の中居花菜さんにホンネをうかがいます。

今回お話しを伺ったのは…

ネイルアマンディーヌ 店長 中居花菜さん

北海道出身。飲食業を経て、27歳の時にネイリストに転職。2017年『ネイルアマンディーヌ』に入社し、2019年店舗の移転にともない店長に就任。以降、お客さまへの接客をはじめスタッフへの教育など、サロンワーク全体を通して活躍している。

「未経験の方でも、ガッツがあれば採用!」

――まず、ネイルアマンディーヌはどのようなサロンでしょうか?

ネイルアマンディーヌは、「おもてなし」を重視しているサロンです。そのため、サロンではネイルのデザインと同じくらい接客にも力を入れています。「安らぎのひと時を提供するサロン」と言い換えてもよいかもしれません。

心地のよい接客を生むためには、ゆったりとした時間の確保がとても大切です。そこで予約の枠は2時間から2時間30分ほどと、たっぷり取っています。サロンには、リピーターの方が多くいらっしゃるので、お客さまとの距離はかなり近いですね。施術中には、ご家族や仕事についてなどさまざまな話題で盛り上がっています。

――他のサロンでは、見られないサービスはありますか?

9時からの予約枠を設定しています。この時間帯は、一般的なネイルサロンと比べると1~2時間ほど早めのオープンです。「早すぎるのでは?」と思う方がいるかもしれませんが、9時枠にはたくさんのご予約が集まっています。その理由は、主婦のお客さまが多いためです。

サロンの近隣には、育児をしながら生活をしている方が多くいらっしゃいます。幼稚園や保育園のスタートはだいたい9時頃なので、ネイルサロンのオープンが10時だと一度帰ってから出直さなければなりません。それは、お客さまにとって思いのほかストレスです。そこでネイルアマンディーヌでは、9時の枠を設定しました。お子さまを預けた後のママさんが、足を運んでくださっていますね。

――それでは採用の流れを教えてください。

これといって決まっている選考の流れはありませんね(笑)。連絡が届いたらその都度お会いして、マンツーマンで詳しくお話を聞いています。このスタイルをとっている理由は、「普段のその方が持っている空気感を大切にしたい」と思っているからです。

「集団面接など、きっちりとしたスタイルで選考をしてしまうと、その方の魅力がなかなか見えないかな」と。そこで採用のお話をしている時には、できるだけゆるい雰囲気を作ることを意識しています。またサロンでは、未経験で入社したスタッフも活躍してくれているので「検定○級以上」や「スクール卒業」など採用の条件はとくにありませんね。

――なぜ、条件を設定していないのでしょうか?

そもそも、私が未経験からのスタートだったからです。実は、私はもともとパティシエで、27歳の時にネイリストになりました。ちなみに、転職を決めた理由は「接客と技術」に興味があったからです。そのため「ネイリストなら両方味わうことができるな」と。

そこで「未経験かつ、スクールの知識がなくてもOK」のサロンを探しましたが、なかなか見つけることができずに、想像以上に転職が大変でした。それでも、なんとか入社をすることができて、ダブルワークをしながら現場でネイルのスキルを身に付け現在に至ります。

正直に言うと大変でしたが、未経験の方でもガッツがあれば大丈夫です。私は「ネイリストに興味がある方が、年齢や経験であきらめることなく目標を実現できる環境を作れたらいいな」と思っています。

次回は、中居さんが採用を決めた人材をご紹介します。

▽後編はこちら▽
本当に欲しい人材って? 採用担当のホンネ【ネイルアマンディーヌ 中居花菜さん】#2>>

Salon Data

ネイルアマンディーヌ

住所:東京都渋谷区代官山町16-5 アドレスガーデン代官山503
TEL:03-6455-1013

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事