一生に一度の結婚式。そのサポートができる幸福感が仕事の活力【フリーランスのライフスタイル ヘアメイクアップアーティスト sayuriさん】

シェアサロンの普及などに伴い、最近増えてきたフリーランスという働き方。前回に引き続き、2016年の6月からフリーランスのヘアメイクとして働いているsayuriさんに登場していただきます。

前半ではお客さま1人ひとりの魅力や個性を知るためのコミュニケーションの方法や、目の前のお客さまに集中して丁寧に接するsayuriさんの仕事への姿勢を伺うことができました。

後編では、旅行が趣味というsayuriさんのプライベートの過ごし方や、一番印象的だったというハワイ旅行の思い出についても伺います。フリーランスになってから旅行に行く回数が増えたとのことでワークライフバランスについても気になります。

仕事面では将来、ヘアメイクだけでなく、エステやネイルなども併設したブライダル専門のトータルサロンを作りたいのだそう。一体どのようなサロンなのでしょうか。sayuriさんの頭の中にある計画を覗かせていただきます。

お話を伺ったのは…

sayuriさん

1991年生まれ、宮城県出身。
仙台ビューティーアート専門学校
ブライダルプロデュース科ヘアメイクコース卒業。
卒業後は関東にあるヘアメイク事務所に正社員として入社し、
結婚式場でブライダルヘアメイクを担当。
2014年からは働く場所を地元仙台に移すと同時に、
仙台ビューティーアート専門学校で講師として
ブライダルヘアメイク、ブライダルメイクを教える。
2015年に独立し現在はフリーランスのヘアメイクとして
東京を中心に全国で活躍している
Instagram:@sayuri_hairmake

全国場所を選ばず仕事ができるのもフリーランスならでは

温泉旅行が趣味で
フリーランスになってからコロナ禍の前までは
月1のペースで国内を巡っていたとのこと

――――生活はフリーランスになってから変わりましたか?

休みが取りやすくなったことが一番うれしいですね。旅行が好きで、コロナ禍になる前は年に1回、1週間ほど休みをいただいて観光に出掛けていました。とくに、温泉が大好きなのでちょっとした休みが取れた日は関東を中心に温泉地へ出掛けることが多かったです。

事務所で働いていた頃は週に1回しか休みが取れなかったので、旅行に行く余裕なんてありませんでした。今はしっかりリフレッシュを挟むことで仕事のモチベーションも上がり、仕事もプライベートもどちらも充実しています。

最近は仙台から東京に引っ越したので西日本のほうにも積極的に行ってみたいです。

――――なぜまた仕事の拠点を東京に戻したのですか?

ありがたいことに、全国各地からインスタグラム経由で連絡をくださるお客さまが多く、交通の便がいい東京に引っ越しました。もともと全国を飛び回るつもりはなかったのですが、依頼があって実際出張してみると初めて行く場所で仕事をすることが刺激になり、とても楽しくて。出張が増えても対応できるように引っ越しを決意しました。

仙台での仕事の際は東京から通っています。実家にも定期的に帰れるのでうれしいです。自由に移動しながら仕事ができることもフリーランスの魅力のひとつだと思います。

旅先での経験が仕事でのコミュニケーションや価値観を変えるきっかけに

自然に囲まれたハワイ島での経験は
自身の仕事を深く考えるきっかけになるのだそう

――――思い出に残っている旅のエピソードはありますか?

一番思い出深い旅行はハワイですね。観光地の多いオアフ島ではなく、自然豊かなハワイ島へ旅行に行きました。美しい景色に囲まれてとてもリラックスした旅となったのですが、そこでもヘアメイクのことをずっと考えていて。『私ってこんなに仕事が好きなんだな』と改めて思いました。

また、現地の方とのコミュニケーションで価値観も変わった気がします。謙虚な日本人と違い、ハワイの方はみんな素直にお互いを褒め合うんですよ。ファッションやメイクなどいいと思ったものは気軽に『きれいだね、いいね』って言ってくれて、それがとても気持ちよくて。私ももっと素直になろうって思わせてくれました。

それまでは自分がスタイリングやメイクしたものを手放しで喜ぶことが少し恥ずかしく、言葉に出すことをためらうこともありましたが、帰国後はお客さまに対しても素直な言葉が自然と出るようになりました。

 一生に1度の晴れ舞台に立つ花嫁さんをサポートするかけがえのない仕事

編み下ろしにドライフラワーをつけたスタイル。
理想のスタイルにしてもらったと
喜ぶお客さまの笑顔が忘れられないのだとか

――――ヘアメイクという仕事の魅力を教えてください。

お客さまの人生で1度しかない特別な瞬間に立ち会えることです。結婚式はその方が人生で一番美しい姿であるべき日だと思うんです。そんな幸せな1日の花嫁さんを私がトータルできれいにできることは何にも変えられない特別な気持ちにさせてもらえます。当日、キラキラと輝いている花嫁さんの姿を見るといつも達成感と幸福感に包まれるんです。

――――今後の目標があれば教えてください。

花嫁さんをトータルでサポートするサロンを作ることが現在の夢です。ヘアメイクはそれだけでは成り立たなくて、全体のバランスがとても大切なんです。たとえば式場とまったく関係のないサロンでまつげエクステをしてきた時に、当日のヘアメイクやドレスと合わない派手なデザインになってしまうことがあります。

メニューにブライダルの名称が付いていたとしても全体のスタイルを理解して提案できる方って少ないと思うんです。ネイルやエステも同様、別々の場所でそれぞれ準備してきてもトータルでアンバランスになったら意味がないですよね。

そこで、それぞれの分野のプロが集まって式直前までそこだけに通えば理想の姿になれるサロンがあったらいいなと考えたんです。1つのサロンに集結して、みんなで花嫁さんのゴールの姿を共有します。そうすることでバランスがよく全体的に美しいスタイルを作ることができるのです。

今はあまりない形態だからこそ、これから形にしていきたいなと思っています。

一生に一度しかない1日を最高の姿にできるようにこれからもがんばっていきたいです。

ブライダルヘアメイクのフリーランスとして充実した仕事をするための極意

今後は、新たなサロンの計画に向けていろいろと動いていきたいとのこと。ブライダルヘアメイクのフリーランスとして充実した仕事をするための極意をまとめると、下記の3つでした。

1. お客さまの魅力を最大限引き出すためのコミュニケーションを心掛ける

2. 旅先での経験や気付きを仕事に生かす

3. ヘアメイク以外のトータルの美しさを意識してチームでスタイルを作る

フリーランスになってからよかったことしかないというsayuriさんは、「これからもたくさん旅行をしながら仕事もプライベートも充実させたいです」と笑顔で話してくれました。1人ひとりのお客さまの個性をきちんと把握し、魅力を最大限に引き出すsayuriさん。一生に1度の花嫁姿を美しく仕上げることに対する責任を持ちながらも、とても楽しそうに仕事を様子が伺えたのが印象的でした。

▽前編はこちら▽
全国から依頼が届く、花嫁の魅力を100%引き出すブライダルヘアメイク【フリーランスのライフスタイル ヘアメイクアップアーティスト sayuriさん】>>

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事