海外でのネイリスト歴8年。海外でリピート率9割を誇る人気の秘密とは【ネイリスト・aiさん】

オランダ・アムステルダムでフリーランスのネイリストとして働くaiさん。海外で働きたいという目標を持った瞬間から積極的に行動し、地道な努力の結果アムステルダムでのサロンワークを成功させています。

前編では海外で働くようになったきっかけや、オーストラリア、フランスでのネイリストとしての経験をお伺いしました。

後編ではアムステルダムに住むようになった経緯や、初めて上陸した地でどのようにして集客を行い、自宅でネイルサロンをオープンするまでに至ったのかをお話してもらいます。海外で働くフリーランスネイリストが成功する秘訣とは?

お話を伺ったのは…

aiさん

大阪府出身。貿易会社での勤務経験を経た後ネイリストに転職。大阪のデパート内にあるネイルサロンにて3年間勤務する。退職後、海外で働いてみたいという夢を叶えるためワーキングホリデービザを取得し、オーストラリア、フランスのネイルサロンにそれぞれ1年間勤務。今後も海外で働くことを決意し、2016年から現在に至るまではフリーランスのネイリストとしてオランダに居住している。自宅をサロンとし、ネイルを中心にアイリストとしても活躍中。
Instagram:ai.amsterdam.nl
HP:https://ai-amsterdam.com/profile/

会社に依存せずに自分の力で働くためにフリーランスネイリストとしてオランダへ

オランダが1番賑わうキングスデー(国王の日)のときのデザイン。

――――2016年から現在までアムステルダムで働かれているとのことですが、最終的に海外でフリーランスとして働こうと思ったのはなぜですか?

ワーキングホリデーは1年という縛りがあるので今度は長く働けるようにしたいなと思ったんです。ネイルサロンに就職して会社にビザを発行してもらうことも考えたのですが、2カ国での仕事を経験して、日本みたいに雇用がきちんとしていないお店もありましたし、何より会社に依存したくないな、自分の人生は自分で責任を持ちたいなって気持ちが大きくなって、個人でビザを取ることにしました。

就労ビザは国によって条件が異なり、取得が難しいところが多いんです。そんななかオランダは比較的ビザが取りやすいという情報が手に入りました。フランスからも近いし、とりあえず行ってみようという気軽な気持ちで行ってみたら街の雰囲気もよく、住みやすそうだったのでそのまま滞在することに決めました。

――――最初はどのようにして仕事を始めたんですか?

最初はサロンの一角を間借りしてスタート。しかしスペースだけ借りていると言っても、ある程度はそこのサロンのカラーに合わせなきゃいけないんですよね。日本でいうと渋谷と銀座ではお客さまの層やサロンの雰囲気って全然違うじゃないですか。そんな感じで、自分のやりたいことよりもお店からの要望に応えることが多いことに気づいて、働き方を変えることに。その後は、お客さまの自宅に訪問する出張ネイルを始めました。

ちなみに現地に行って知ったのですが、オランダの美容業界って8、9割の方がフリーランスとして働かれているんです。日本ではまだ珍しい働き方だったので当時は驚きました。そもそもサロンで雇用してもらうのが難しかったみたいなので、フリーランスで働くつもりで行ってよかったです。

周囲の環境よりも自分の価値観を貫くことで常連さんにも愛されるサロンに

自宅にあるaiさんのサロン。クリスマスシーズンには生木のツリーが飾られることも。

――――出張ネイルではどのようにして集客を行なったのですか?

オランダの伝言板のようなサイトや、Facebookなどインターネット上で募集をしたり、スーパーマーケット内にある掲示板に広告を貼ったり、とにかくいろんなところで宣伝するようにしました。しかし、掲示板などはあまり効果がなくて、一番お客さまが集まったのは口コミや紹介でしたね。最初は少ない人数から始まって少しずつお客さまが増えていきました。スーツケースを持って移動するのはとても大変だったので、収入が少し安定した頃に自宅にネイルサロンを作ることにしたんです。

――――口コミや紹介でお客さまを増やすためのポイントは?

私の場合、人と接するのがすごく好きで、ネイルはその手段のひとつでもあるんです。そのため、ただネイルをするだけじゃなくて、その時間をリラックスしてすごしてほしくて、とにかく楽しく会話することにしています。接客ということはあまり意識せずに、お客さまというよりはもう一歩近い距離にいる感じで。近況を話したり、恋愛相談をしたり、話す内容は雑談ばかりですが、それが楽しくて通っていると言ってくださる方が多いです。

日本人ネイリストは珍しいみたいで、面白がって質問をしてくださることや、大変だろうからとご友人を紹介してくださる方もたくさんいます。アムステルダムは外国人の方がたくさん住む街なので、いろんな国の方と話せるのは私にとっても楽しいです。9割くらいの方がリピートしてくださっています。

――――リピート率9割はすごいですね! それだけの方が通ってくださる理由ってなんだと思いますか?

他の2カ国でも感じたのですが、アムステルダムのネイルサロンはネイルするだけで早く終わらせることを目的としたところがほとんどなんです。そんななか、ネイリストと会話をしながら丁寧な施術を受けることができる私のサロンは珍しいみたいで、それがリピートにつながっているのではないでしょうか。日本人ならではと言いますか、私の強みになっていると思います。

最初アムステルダムでは私のやり方は求められていないかなという葛藤もありましたが、他のサロンと同じように早さにこだわってネイルだけをしても私自身が楽しめないなと思ったんです。きちんと爪をいたわって丁寧に施術をしながら楽しい時間をすごす、そういうところに価値を見出してくれるお客さまが来てくれればいいなと思い、自分のスタイルを貫くことにしました。ありがたいことに今ではたくさんの方に来ていただいているのでその選択は間違っていなかったなと思います

行動力があれば世界のどこにいても好きな仕事ができるのがフリーランスのメリット

世界遺産の環状運河沿いでオランダビール。食べ歩きが趣味で休の日のリフレッシュになっている。

――――今後は違う国に行ってみたいと思いますか?

今はあまり考えていません。オランダはすごく住み心地がいいんですよね。いろんな国の人が多様性を認め合って生活しているし、サロンワークも楽しいし、友達もできたし。すごく気持ちが楽なので6年間住み続けていて、ちょっとぬるま湯に浸かっている感じはしています(笑)。新しいこと始めるときってがむしゃらに頑張るじゃないですか。だから刺激が足りなくなったらまた国を変えるかもしれません。

ただ、今のところは飽きるまでいようかなと思っています。思い立ったときに行動をすればなんとかなるっていうのはこれまでの経験を通して学んできたので、これからも自分の気持ちにしたがって行動していきたいと思います。ネイルという好きな仕事があれば世界中どこでも行きたいところにすぐ行けるのはフリーランスの魅力のひとつですね。

海外でフリーランスネイリストとして働くための方法

アムステルダムでの生活が気に入っているというaiさん。海外でフリーランスネイリストとして働くための方法をまとめると、下記の3つでした。

1.  やりたいことを見つけたらとにかく行動してみる

2.  最初は収入ではなく経験や学習を目的として働く

3.  自分の拠点を持ったら周囲の環境に流されず自分が楽しいと思える働き方を貫く

自分の気持ちに素直になって積極的に行動することで、国を問わず自分の好きな場所で働くチャンスは誰にでもあるということを教えてくださいました。苦労した経験も次の場所に行くためのステップとしてポジティブに捉えることが大切。海外で働きたい方やフリーランスに興味のある方はぜひ参考にしてみてください。

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事