美容業界の応援メディア
アイキャッチ
コラム・特集 2015-11-25

これを外しては考えられない! 接客の基本は『極上のスマイル』で決まり

技術面は自信があるけれど、接客は苦手という方も多いのでは?お客様に喜んでいただくためには、接客もマストです!今回は接客の基本である極上スマイルの作り方を、キャビンアテンダント(以下:CA)流美容コンサルタントの清水裕美子さんにレクチャーしていただきます。

接客の基本! 極上スマイル(1)

ひとくちに笑顔と言っても、実は接客の笑顔とモデルさんの笑顔は作り方が違うのだそう。今回は、接客の極上スマイルの作り方と、笑顔のまま接客を終えるフェイドアウトの仕方を教えていただきます。

清水 裕美子さん

接客のスマイルは「目で笑う」

「接客で求められるのは、笑顔を向けられたお客様も思わず笑顔になってしまうような、くしゃっとした笑顔だと思います。作り笑顔ではない、心からの笑顔だと感じさせる笑顔が接客の極上スマイルです。例えば、モデルさんが写真を撮る時は、目が開いていなかったり目尻が下がったりしてしまうとあまり美しくないので、目をぱっちりと開いて口元で笑顔を作ります。ですが、接客の笑顔は逆で、目を見開くのではなく、目尻を下げて笑うようにします」

目だけで伝わる笑顔の作り方

清水 裕美子さん

目が笑っていない状態。この部分しか見えないと冷たい印象を与えます。

清水 裕美子さん

目が笑っている状態。目の開き方が変わり、目尻が下がっています。

「美容業界ですとマスクをして施術されることもあると思いますが、CAも座席に座っているお客様からは目だけしか見えない場合があります。ですから、顔全体が見えなくても笑顔だとわかる笑顔をしなければなりません。そこで、写真のように顔の下半分を隠してトレーニングをします。2人一組でチェックし合ったり、ひとりの場合は鏡を見ながら行います。トレーニングを続けると表情筋の使い方も変わってきますよ。私も最初の頃は筋肉痛で頬がピクピクしました」

清水 裕美子さん

くしゃっとした笑顔で上手にフェイドアウト

「お客様に満面の笑みで『ありがとうございました』と言った後、視線を外すタイミングが難しいときがありますよね。そういう場合、目を見開いた笑顔だと視線を外した瞬間がはっきりとわかってしまうのですが、目尻を下げたくしゃっとした笑顔だと自然にぼやけていくというか、うまくフェイドアウトできるんです。会話の最後や別れ際は、くしゃっとしてフェイドアウト。こうすれば、いい印象の余韻を残したまま接客を終えることができます」

求められる接客とは……

女性

接客に関わる「姿勢」「表情」「笑顔」「挨拶」

美容業界で働く方々は、朝の朝礼を実施しているところが多いと思います。朝礼では、お客様を迎え入れるための「姿勢」を整え、「表情」「笑顔」といった印象を作り、そして「挨拶」で迎え入れることになります。このように日々繰り返される些細な行動をしながら、心の準備を進めていきましょう。これは非常に大切なことです。

運動をする際、体のストレッチをすると思います。これは筋を伸ばしたり、筋肉をほぐすために実施しています。顔にも筋肉はあります。その筋肉をほぐすことで、豊かな表情となり、心地良い接客につながります。心地良い接客をすることは、サロンやショップのイメージを高め、お客様のリピートにもなるのです。

また、挨拶をする際の心がけとして、

・胸から上の辺りをおだやかに見るようにかたむけ、接客時は適時、相手の目を見て確認することが大切です。

・相手の目を見つづけてしまうと、圧迫感を与えるので適度に目をそらす注意が必要です。

・お客様の正面に対して、両手を前に揃え、目を1度見て挨拶。そしてゆっくりと腰から上半身を傾け、一呼吸してから、顔を上げる。このような対応から、お客様が受ける印象は計り知れません。「姿勢」「表情」「笑顔」「挨拶」と、一つ一つの内容は簡単なことではありますが、このすべてのことが人に与える第一印象につながることです。ちょっとした心がけと日々の練習などから、ベストな状態を見つけお客様を迎え入れる準備をしてみてください。

Profile

清水 裕美子さん

清水 裕美子さん

CA流美容コンサルタント/CA Media Agency代表
CA(キャビンアテンダント)として約5年乗務。自身が敏感肌、アレルギーなどの美容トラブルを抱えていたことがきっかけで、在職中に熱心にCAの美容法を観察・分析。退職後はそれを体系化し、CA流美容コンサルタントとしてセミナー、メディアなどで活動。また、シーエーメディアエージェンシー代表取締役として、日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト「CAメディア」(http://ca-media.jp/)を運営。1000人以上のCAネットワークから、美容、旅、グルメ、ライフスタイルなどの情報を発信している。

著書:「キャビンアテンダント5000人の24時間美しさが続くきれいの手抜き」(青春出版社)

この記事が気に入ったら
いいね!してね

アイキャッチ

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事