美容業界の応援メディア
コラム・特集 2016-04-27

美しさの象徴であるメイクの始まりが「呪術」としてのメイクだったって知ってますか?

女性に欠かせない「メイク」。特に美容に従事する方々は、よりきれいな自分でお客様と向き合うために毎日のメイクは必要不可欠ですよね。メイクは、『身だしなみを整える』『自分をより魅力的に見せる』など目的はさまざまですが、メイクの文化は、いつの時代からどのようにして今日に至るまで発展を遂げたのでしょうか。

今回は日本のメイクの変遷をたどっていきたいと思います。

【縄文〜古墳時代】「始まりは、呪術としてのメイク」

はにわ

日本で最初に「メイク」が文化として浸透した時代は「縄文〜古墳時代」だと言われています。その頃のメイクは、目や口、体などに『赤』色の塗料で模様を描くというものでした。赤色は当時の人々にとってパワーの象徴であり、顔や体に塗ることで悪霊や災いを防ぐ魔除けとして使われたそうです。

美しさの象徴であるメイクの始まりが、呪術としてのメイクだったとは驚きです。こうした意味合いの違いが現代とは最も違う点だと言えるでしょう。

【飛鳥〜奈良時代】「他国との交流で始まるメイクの文化」

白粉

この頃、遣隋使が持ち帰ったとされるお土産のなかに『白粉(おしろい)』や『紅』などがあり、大陸を越えてやってきたこれら化粧品の数々は多くの日本人を魅了しました。それにより日本のメイクは赤色の塗料から化粧品を使ったメイクへ、呪術的なものから美しさの象徴へと大きな変化を遂げることになります。

さらに同じ頃、カラフルな色で額や口元に花や星を描く、唐(現在の中国)のメイク方法が流行したそうです。「花鈿(かでん)」・「よう鈿(でん)」といった、ある一点を部分づかいで目立たせる、現在のポイントメイクにあたるものだとされています。現代の女性たちのように、自分をより魅力的に見せることを目的としたメイクが始まったのがこの時代でした。

【平安時代】「日本独自のメイク文化を確立」

日本の女性

遣唐使を廃止後、他国の文化を真似するのではなく日本独自のメイク文化が始まったとされています。基本は白粉と紅での白化粧ですが、これに加え歯を墨で塗る「お歯黒」と、元の眉をそって理想の形を墨で描く「引き眉メイク」が貴族の間で浸透していきました。

現代では何をもって美しいとするかは個人やトレンドによって異なりますが、この時代の美しさの基準は、長くしなやかな黒髪・ふっくらとした頬・きめ細かい色白の肌でした。特に肌の白さは美人の絶対条件とされ、女性は白粉をたくさん塗ることで美しさを表現していたそうです。

【鎌倉時代】「メイクの基本ともいえるスキンケアが登場」

スキンケア

私たちにとってほぼ毎日の習慣である入浴や髪をとかすことは、平安時代までの日本では、どちらも年に数回程度だったそうです。しかし、鎌倉時代からは髪をとかすことが3日に1回になり、入浴も5日に1回程度に増えました。顔や体を洗う習慣ができたことにより人々は『スキンケア』で肌の手入れをするように。洗顔料は、米ぬかや豆などを原料としたものが使われ、お花などの成分が入った化粧水で肌に潤いを与えました。

こうして白粉を塗った肌の白さよりも、透明感のある白い素肌がより美しいとされ、白粉を使ったメイクも少しずつ薄くなっていきました。

【室町時代・安土桃山時代】「一般市民も身だしなみとしてのメイクを」

雛人形

これまで、上流階級の女性のみが可能だったメイクが一般市民に広がるようになりました。眉を全部抜き、墨で新たな眉をかく「引き眉メイク」から自分の眉を残し、眉毛を抜かずに整えるメイクに変わっていきます。それに伴って白粉は薄く、紅も控えめになり、すっとひく程度に。

こうして、スキンケアという概念が浸透後、素肌の美しさを生かすメイクが主流となっていったそうです。

【江戸時代】「現代に続くメイクの先駆けに」

日本の女性

江戸時代では、前時代に続いて薄いメイクが流行。この時代に使われた白粉は主に鉛白粉と言われ、安価であることはもちろん、伸びがよく塗りやすいという理由で役者や一般市民らの多くが愛用しました。しかし、鉛白粉に含まれる鉛白(えんぱく)は体に悪く、日常的に多く使用すると死に至ることもあったのです。その後、1934年には正式に発売が禁止されてしまいましたが、仕上がりが美しい鉛白粉は人気が高く、体に害があるとわかっていても使い続ける人が多かったようです。

江戸後期になると、現在のファッション誌のような役割でメイク法や髪型の解説書が出版されたそうです。なかでも『都風俗化粧伝』は、メイクの方法が挿絵付きで記載され100年以上に及ぶベストセラーとなりました。

【明治時代〜現代】「時代によるメイクの移り変わり」

スキンケア

明治以降、社会の急速な近代化とともにメイクも発達していきました。昭和30年頃にファンデーションが発売されたことをきっかけに、徐々に世界中でメイクの方法が統一されていき、誰もがメイクを楽しむ時代へと変わっていったのです。

古代メイクの変遷をたどってきましたが、時代によってメイク道具や方法が変わっても、いつの時代の女性も美しくありたいという気持ちに変わりはないことが分かります。お時間がある方は、もっと詳しく調べみると新たな発見があるかもしれません。ぜひ、お客様との会話の小ネタにも使ってみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事