アイキャッチ

「なるほど!」と感心してしまう 「食べ物」にまつわる雑学で、接客術アップ!

お客さまとの何気ない会話を盛り上げてくれる、ちょっとした雑学をご紹介。接客中のおしゃべりのネタに使えるのはもちろん、「なるほど!」と感心してしまう「食」にまつわる雑学は、生活に役立つこと間違いなしです!

世界一栄養素が少ない野菜とは!?

きゅうり

実は…家庭料理でも外食でも、みなさんよく口にするであろう「きゅうり」なんです。なんとその不名誉な事実が認められ、あのギネスブックにも世界一栄養素が少ない野菜として掲載されてしまったそう。確かにきゅうりには特に目立った栄養成分は含まれておらず、それどころか多少含まれているビタミンCを自ら酸化させてしまう「アスコルビナーゼ」という成分が含まれているのです。きゅうり自身だけでなく、一緒に摂った他の野菜のビタミンCまでも酸化させてしまうので、食べ合わせには注意しましょう。

ただし、きゅうりの主成分は水分なので、夏の火照った体を芯から冷やしてくれる効果は期待できます。また、鮮やかな緑色が食卓に華を添えたり、コリッとした満足感ある歯ごたえがダイエットに一役買ってくれる、という嬉しい面も持っています。栄養価が低いことは事実ですが、上手に取り入れて美味しく食べたいものですね。

ウナギを刺身で食べない理由はコレ

うねぎ

ウナギのお寿司を食べたことある方、多いですよね? 焼いてタレを塗ったウナギをシャリにのせて握ってくれたはずです。生のウナギの握りを出すお寿司屋さんはないし、刺身で食べることも絶対にありません。ウナギを生で食べると中毒症状を引き起こすからです。

生のウナギの血液には「イクチオヘモトキシン」という毒性の物質が含まれています。これを食べると嘔吐や呼吸困難などの症状を起こし、大量に摂取すると死に至ることさえあるのです。しかもこの毒素は血液中に含まれるので、フグのように毒のある部分だけを取り去れば良いというわけではありません。ただ、この毒は60度以上で加熱調理をするとなくなるので、蒲焼きや白焼きは安心して召し上がってくださいね。

海苔を消化できるのは世界で日本人だけ

のり

お寿司やおにぎりなど、日本食ではなじみ深い食材「海苔」。実は海外では消化に悪い食べ物だとされているそう! 海苔を消化できるのは世界中で日本人だけ、という驚きの調査結果をアメリカ国立バイオテクノロジー研究センターが発表しているのです。日本人の腸内のみにしか存在しないバクテリアがその理由です。

古くは8世紀頃から海苔を食してきたとされる、日本人の祖先から脈々と受け継がれてきた食文化の歴史が、消化を可能にさせる秘密だと言われています。研究者の説によると、腸内細菌が遺伝子レベルで酵素を作り出すよう指示を出して働きかけ、その結果、本来消化できないはずの海藻を日本人だけが消化できるようになったのではないかということです。

ちなみに生の海苔を消化できるのは日本人だけですが、火を通した海苔は外国人でも消化できます。また、栄養が豊富に含まれている海苔は、海のマルチビタミンとも言える存在。煮ても焼いても栄養素が壊れない上に、焼き海苔たった2枚分で一日に必要なビタミンA・B1・B2をクリアできる程の栄養価! 他にもビタミンCや鉄分、カロテンなど、身体に良いものが多く含まれているので、ぜひ進んで摂りたい食材です。

かき氷のシロップ、実は全て同じ味!

カキ氷

台湾の人気店が昨年日本に上陸したり、こだわりの天然氷を使った行列のできるお店が話題になったり、すっかりスイーツとしての地位を確立した「かき氷」。パンプキンクリームにキャラメルマキアート、ティラミスなど、かき氷とは思えないおしゃれなフレーバーが多いのも最近の特徴です。

もちろんお祭りの屋台や海の家で食べる、昔ながらのかき氷だって夏のイベントごとには欠かせない存在! イチゴやメロン、レモンなど、目にも鮮やかな色とりどりのシロップが懐かしさをかきたてます。しかしこのカラフルなシロップ、実はどれも同じ味付けだって知っていましたか? 確かに成分をよく見てみると、着色料と香料以外はどのフレーバーも全く同じ。人は味覚だけでなく、食べ物の色や香り、そして「これはイチゴだ」というような思い込みによって味の感じ方が変わるそうです。つまり私たちが感じている「◯◯味」とは、味覚、色、香りなど複数の情報が脳によって組み合わせられた、ある種の幻覚のようなもの。そのため、あまりなじみのないはずの「ブルーハワイ味」さえも、人は想像だけで味わうことができてしまうのです。

「チョコレート」の語源は、なんと「苦い水」!

チョコ

チョコレートの語源は、メキシコ後で「苦い水」という意味の「chocolatre(ショコラトール)」。カカオ豆の煮汁に唐辛子などで味付けしたもので、古代メキシコの原住民が薬用飲料として飲んでいたそう。現在のチョコレートのように固形ではなく、味も全く甘くなかったのです。

その後チョコレートは世界に広がって改良が重ねられ、現在のような甘いお菓子として知られるようになりました。日本では1877年に「貯古齢糖(もしくは猪口齢糖)」の名で発売されたものの、「牛の血が混ざっている」という噂が立って売れ行きは悪かったそう。それからしばらく経った1918年に森永製菓が本格的に製造を始め、ようやく人気のお菓子となったのです。

アイスクリームの賞味期限、知っていますか?

アイス

アイスクリームの賞味期限、実は「ない」んです! 食品衛生法の「乳等省令」によると、通常マイナス18度以下で保存されているものは品質の変化が極めて少ないので、「賞味期限の記載を省略して良い」ということになっているそう。つまり、賞味期限は無期限なのです。

工場で製造されたアイスクリームはマイナス18度以下で保管されて配送され、さらに店頭のショーケースはマイナス20度以下に設定されています。この厳密な温度管理のおかげでアイスクリームの美味しさは保たれているのです。ただ、家庭の冷凍庫は開け閉めが多く温度変化が起きやすいため、なるべく2〜3ヶ月以内に食べ切るのが望ましいそうです。

果汁が入っていても「ジュース」ではない!

ジュース

「◯◯ジュース」と名乗って良い飲み物は、実は果汁100パーセントのもののみなのです! これは食品表示基準で正式に定められているもので、果汁100パーセントに満たないものはジュースという名称で販売することはできません。それどころか、パッケージに使用するイラストにも細かい制約があるのです。

果汁100パーセントの場合は、リアルな果実をスライスした断面のイラストを使用できます。果汁5パーセント以上100パーセント未満だと、断面のイラストは使えませんが、果実表面のリアルなイラストは使えます。果汁5パーセント未満では果実のリアルなイラストも載せられません。このように、商品パッケージをひと目見ただけでも、どのような飲み物なのか判別できるようになっているのです。

身の回りにたくさんある「知らなかった」!

お皿

食にまつわる雑学、いかがでしたか? 身近なものだけど意外と知らなかったことも多いのではないでしょうか。自らの知的好奇心を刺激してくれるだけでなく、お客さまとの会話を盛り上げてくれる雑学は、話のネタとして積極的にストックしたいものですね!

この記事が気に入ったら
いいね!してね

アイキャッチ
この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事