ダメージ肌を回復!守っておきたい!【冬スキンケア4か条】

夏の間、肌にいくら日焼けどめを塗っていても、強烈な太陽の日差しや紫外線の影響を受けるものです。また、汗による塩害やエアコンによる乾燥も肌にダメージを与えます。そんなダメージ肌は、涼しくなった秋に回復ケアを行うことが大切です。そして、冬の乾いた空気や暖房による乾燥にも負けない肌作りも行いましょう。

秋冬はどのようなスキンケア方法が大切なの?と迷っている方に向けて「これだけは守りたい!スキンケア4か条」をご紹介します。

新陳代謝をUPして夏にため込んだ老廃物とサヨナラする

ph2-min-1

【秋編】
秋は、肌にも夏の疲れが残っています。そして、紫外線の影響を受けているのでシミやクスミも気になり始めるのです。まずは血行をアップして新陳代謝を促進しましょう。おすすめは半身浴です。気温は涼しくなったものの、熱いお風呂が恋しくなるにはまだ早い秋にはぴったりでしょう。

半身浴は、38℃〜40℃のお湯で20〜30分のんびり入ってください。じんわりと身体が温まるとともに新陳代謝が活性化するので汗とともに老廃物も流れます。また、できるだけ半身浴は毎日続けることが大切です。身体の新陳代謝が上がれば肌のターンオーバーもスムーズになり、夏のダメージから早く回復できます。

※ターンオーバー…肌の新陳代謝のことです。肌の奥にある新しい細胞がどんどん表面に押し上げられ、古い肌がはがれ落ちて一番上(表皮)になるサイクルです。ターンオーバーの周期は28日〜56日間で、年齢とともに遅くなります。

【冬編】
冬は身体を温めることが大切なので寒い日には湯船に入ってください。お化粧を落とさないまま入浴し、身体を湯船で温めて汗が出てきたらクレンジングを行うと毛穴に詰まった汚れやファンデーションもきれいに落ちます。

そして、秋も冬も肝心なのは入浴後です。入浴中は汗や蒸気で潤っていた肌が、入浴後は急速に乾燥します。お風呂からあがったら15分以内に保湿ケアを行ってください。そして、「高保湿」に重点を置いた化粧水をたっぷり使いましょう。肌が化粧水を吸い込んでモチモチする感触になるまで付けてください。美容液→乳液→保湿クリームなどでしっかりと肌に浸透した水分を閉じ込めましょう。

肌は、絶対にこすらない!

ph3-min-1

朝晩の洗顔後、洗顔料を付けてせわしなくこすったり、タオルでゴシゴシと拭いたりしていませんか?「こする」という動作は肌にかなりダメージを与えます。ただでさえ夏のダメージを受けている肌は優しく扱いましょう。

洗顔料はよく泡立てて「泡のクッション」で包むようにていねいに洗ってください。こすらなくても、日常の汚れなら泡で十分に落とせます。そして、すすぎはじっくりと!手の平にお湯を受けて流す場合は、「もういいかな?」と思ってから、さらに10回は流してください。そして、良質のタオルで軽くおさえるように水分をとりましょう。洗顔用のタオルは、繊維が柔らかく吸水性に優れた100%天然繊維の製品を選びましょう。

肌ダメージを補う栄養素を摂取すること

ph4-min-1

紫外線ダメージによるシミやくすみを防止するためにも、原因となるメラニン色素の増加を防ぎましょう。そのためには、ビタミンCをたっぷりと摂取するのがおすすめです。ビタミンCは体内で作ることができないので食べ物や飲み物で採る必要があります。

・ビタミンCを多く含む食材
野菜なら、パプリカ(特に赤)・パセリ・芽キャベツ・ゴーヤ・ピーマン・レッドキャベツ、果物なら、ゆず・レモン・柿・キウイフルーツ・イチゴです。生のまま食べるほうが効果的なので、サラダがおすすめです。

また、「煎茶(せんちゃ)」に含まれるビタミンCは、レモンの3〜5倍といわれています。外食やコンビニ弁当の食事が多い人は、飲み物は甘い飲料水や缶コーヒーなどから煎茶に切り替えてください。外食が多く、なかなか野菜や果物を食べることができない場合は、ビタミンCのサプリメントで補うのもいいでしょう。

紫外線対策は忘れないで!

ph5-min

紫外線は1年中降り注いでいることは、多くの女性がご存じだと思います。特に、春先から増え始め5〜8月の間は一番量が多くなるのです。けれども、9月〜11月も春先と同じくらいの紫外線が降り注ぐので要注意です。秋になったからと安心しないで、しっかりと紫外線対策を行ってください。特に紫外線が一番強くなる「朝10時〜午後2時の間」は気をつけましょう。ちょっと外に出るだけでも日焼け止めは忘れずに塗ってください。

ただし、日焼け止めの紫外線をブロックする数値は高くなると効果が強い代わりに肌への刺激も強くなります。秋冬の日常生活で紫外線を防ぐのであれば、SPF10〜20程度で十分でしょう。また、乾燥する冬は保湿効果のある日焼け止めを選んでください。そして、夜はきちんと落として十分に保湿をしてください。また、秋冬でも日差しの強いときには日傘をさす、サングラスや帽子を身につける、紫外線防止用手袋をするなどの注意は忘れないでください。

お風呂で新陳代謝をアップする・保湿ケアを十分に・ビタミンCをたっぷり採る・紫外線対策を忘れない…この4つは、秋冬のスキンケアでも最低限毎日気をつけるようにしてください。

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事